通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらな... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。vv5306_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち 単行本 – 2009/11/13

5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「嫌消費」世代の研究――経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち
  • +
  • 欲しがらない若者たち(日経プレミアシリーズ)
  • +
  • なぜ、日本人はモノを買わないのか?: 1万人の時系列データでわかる日本の消費者
総額: ¥4,266
ポイントの合計: 96pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「クルマ買うなんてバカじゃないの?」

若者の消費が変化している。若者はなぜ、物を買わなくなっているのか。
そこには巷間ささやかれている「低収入」「格差」「非正規雇用の増加」以上に深刻な、
彼ら独特の心理=「劣等感」が強く影響している。

本書では「収入が十分あっても消費しない」傾向を「嫌消費」と名付け、
大規模な統計調査と聞き取り調査をもとに、「嫌消費」を担う世代=20代後半の
「買わない心理」の原因と深層に鋭く迫る。ビジネスパーソン必読の一冊。

著者からのコメント

「ワンセグで十分、薄型テレビなんていらないよ、地下鉄があるのに車を持つなんてバカじゃないの、ローンを組んでまで買い物するなんて考えられない」。バブル崩壊を感受性豊かな小学生で体験した八〇年代生まれの若者たちの発言です。消費そのものが嫌いで、節約疲れとは無縁の若者たち、つまり、「嫌消費」世代の登場です。
 不況下で売れないのは当たり前ですが、こうした「嫌消費」世代が家族形成期を迎え、消費市場の主役になることこそ、売り手にとっての真の脅威と言えます。彼らは、自動車、家電や家具、海外旅行や住宅などの選択的耐久消費財やサービスの需要が期待されるライフステージを迎えながらもこうした商品サービスへの関心は依然として低いままです。
 こうなると、景気が回復しても「嫌消費」世代の需要が増えることはあまり期待できません。彼らに売りの説得をするためには、時代体験から生まれる共通の世代心理やものの見方に切り込むことが鍵となります。例えば、彼らは他のどの世代よりも、仲間から「スマート」だと思われたいと思っています。逆に、彼らが一番嫌がるのは、友達からバカにされることです。彼らにとって他人にバカにされることは、子供時代に苦い経験を持つ「イジメ」と同じだからです。従って、他人から「割高」だと揶揄されるようなブランドや商品サービスは、いくら欲しくても選択から外されてしまいます。まずは「スマートな選択」だと感じて貰えることが重要です。
メリーゴーランドに乗ったような眼の回る「乱世」です。目先を見ていては変化に振り回されてしまいます。こんな時は遠くを見るのがいいようです。世代論は時代の少し先を見るツールです。皆さんの「売る」悩みに少しでもお役に立てればとまとめました。是非、ご一読下さい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2009/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492395210
  • ISBN-13: 978-4492395219
  • 発売日: 2009/11/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 406,430位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ファイヤーマン VINE メンバー 投稿日 2010/1/29
形式: 単行本
すでに何人かのレビュアーが書いているが、消費しないバブル後世代の
最大の特徴を「強い劣等感」とし、ネガティブな言い回しで「嫌消費世代」
としている点が私も気にくわない。
いつの時代も、古い世代は「最近の若いやつは」と嘆く。
しかし、いつの時代も、若い世代が次の時代を切り開くのだ。

・・・ただし。
この本は良い本である。
少なくとも私にとってはとても良い本だった。
調査の専門家が書いた本だけあって、データの取り扱い方や分析の仕方に
誠実さやまじめさを感じる。
調査に対するこだわりや気概が伺え、若い世代の特徴はきちんと捉えている。

問題はその特徴をどう解釈するか。
著者はこれまでの古い世代を「是」、若い世代を「非」と無意識に捉えている
ように思えるがそれさえなければ、この本は実に有用であると思う。
掲載されている調査結果をもとに、著者の解釈も参考にした上で、
読んだ人それぞれが解釈すればいいのではないだろうか。

自らの解釈のみ、あるいはそれに都合の良いバイアスありありの
データのみを出している本も多い中、この本は各種データや各世代の特徴を、
公正な立場で一度きちんと表してか
...続きを読む ›
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実務マーケターらしい「嫌消費」というコンセプトはよいと思います。

ただそもそも消費者を「世代」でくくってみるという方法自体が、すでに古いのでは? 買わない理由はそんなに単純ではありませんし、一方で爆発的なヒット商品も出ています。嫌消費世代が本当なら、このようなマス消費時代のような購買行動は起きにくいと思うのですがね。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
若者に相手にされない中年以降のオッサンが、じぶんの思い込みだけで若者世代についてあれこれ書こうとすると、非常に実態とずれた空論に終始するという好例である。 そもそも性格傾向を世代でひとくくりに単純化して捉えようとする乱暴な手法は、いい加減無理があるのではないだろうか。 近頃の若いモンは、って愚にもつかない話題を人類は有史以来いつまで引っ張り続けるのだろう。 しかしこのトンデモ本、嫌消費世代(笑)でなくても買わないだろうと思ったら、けっこう売れてるそうな。 日本の景気は、まだまだ大丈夫そうである。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
単に自分にとっての収拾選択を重視した合理的な消費観念を持っているだけじゃない?
バブル期に若者だった連中が必要のないものまで買って、使わないで捨てたり、リサイクルショップに二束三文で売ったしていたよりは遥かに社会人として人間として高級だけどな。
反対に、バブル期の消費状態は単にアホで馬鹿だった。
今の若者の嫌消費が経済に影響を及ぼすというなら、バブル期の若者は、そのあとの消費に対してのモラルの低下や、安易にお金を借りて自滅する流れを作ったともいえる。
今の若者像を分析して批評する本を書くなら、いずれ、バブル期を批評する本も書いてくれ。

ちなみに自分はバブル期に20代の若者で印刷工場づとめだったが、そんなにバブルの恩恵を感じることはなかったんだよね。
だから、地道に生活する癖がついている。今の若者とは感覚は近いかもね。

多くの都市部やその付近で一人で移動できる手段がいくらでもあるのに、車なんて必要ですか。
でもね、車を買う人たちは減っていてそういうニュースも聞くけど、本とか携帯音楽プレーヤーとかテレビ・ビデオとかそういうパーソナルな娯楽に関するものとかの消費は減っていないし、衣食住に関しては当然、減っていない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
無理にローンを組んで身の丈に合わないものを買う。
これが正しいハズはない。
誰に洗脳されたのかは知らないけれども、
前時代の方々の消費欲が異常なだけだったと思う。
そもそも、飯を食う為に必要なお金を娯楽に消費する事は命を削るに等しい行為。
快楽消費者は死ぬだけだと理解できれば自然と倹約に走るようになるのでは。

メーカ勤めの私としては、これからも多くの方にローンを組んでもらって
大量消費してほしいですけどね(笑)
1 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー