通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「好き嫌い」と才能 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】帯付きです。表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「好き嫌い」と才能 単行本 – 2016/4/22

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 980

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「好き嫌い」と才能
  • +
  • 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則
  • +
  • 「好き嫌い」と経営
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

仕事の最強論理は「努力の娯楽化」!
20万部突破のロングセラー経営書『ストーリーとしての競争戦略』の著者が19人の経営者・プロフェッショナルに迫る「好きこそものの上手なれ」の内実。登場する経営者・プロフェッショナル:宮内義彦、玉塚元一、為末大、磯﨑憲一郎、高岡浩三、鎌田和彦、高島宏平、中竹竜二、野口 実、篠田真貴子、仲暁子、広木隆、大山健太郎、常見陽平、中川淳一郎、杉本哲哉、丸山茂雄、木川眞、米倉誠一郎。巻末には、著者自身へのロングインタビューを収録。


才能の源泉に は、その人に固有の「好き嫌い」がある。とにかく好きなので、誰からも強制されなくても努力をする。それは傍目には「努力」でも、本人にしたら「娯楽」に等しい。努力をしているのではなく、没頭しているのである。そのうちにやたらに上手くなる。人に必要とされ、人の役に立つことが実感できる。すると、ますますそれが好きになる。「自分」が消えて、「仕事」が主語になる。ますますうまくなる。さらに成果が出る。この好循環を繰り返すうちに、好きなことが仕事として世の中と折り合いがつき、才能が開花する。才能は特定分野のスキルを超えたところにある。(「まえがき」より)

内容(「BOOK」データベースより)

仕事の最強論理は「努力の娯楽化」!20万部突破のロングセラー経営書『ストーリーとしての競争戦略』の著者が19人の経営者・プロフェッショナルに迫る「好きこそものの上手なれ」の内実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 512ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2016/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492533826
  • ISBN-13: 978-4492533826
  • 発売日: 2016/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13.5 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,856位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本人(ついては会社)のイメージに配慮して内容にバイアスをかけて対談、編集しているように私には読めました。有名な経営者等の熱い話に鼓舞される、素直に読める方に向けた本なのだと思います。
そもそも「才能の源泉に は、その人に固有の「好き嫌い」がある」と著者はおっしゃっているし、その固有を発見することが目的ならばキャリア・アンカー―自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)のほうがより直接的です。(ちなみに、このワークブックは余白が多く割高な価格設定に思えるのが不満だが内容は良かった)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『「好き嫌い」と才能』(楠木建編著、東洋経済新報社)は、何をやるにしても「好きこそものの上手なれ」が最強の原理原則だと信じている楠木建が、さまざまな分野で余人を以て代え難い仕事をしている19人との対談を通じて、それぞれの才能の起点にある「好き嫌い」を探ろうというユニークな対談集です。

これだけ目的がはっきりしている対談集というのも珍しいのですが、それだけに各人各様の「好き嫌い」がくっきりと浮かび上がってきて、いい仕事と「好き嫌い」の関係を考える恰好の機会になりました。

「客観的に見れば大変な努力投入を続けている。しかし、当の本人はそれが理屈抜きに好きなので、主観的にはまったく努力だとは思っていない。むしろ楽しんでいる。すなわち『努力の娯楽化』、これが仕事における最強の論理だというのが筆者の考えだ」。

「自分のほうを向いた趣味と違って、自分以外の誰かの役に立っての仕事。人に価値を提供しなければ話にならない。人の役に立てるということは、そのことについてよっぽど上手だということ。じゃあ、なぜそれほど上手なのか。有り体に言って努力投入してきたから。しかも、長い間やり続けているということですね。結局のところ、努力量の積分値が大切に決まっている。ここから先がポイントなのですが、『努力の長期継続』といっても、実際のところフツーの人
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
それぞれの好き嫌いはあるけれどもやはり、みんな好きなことをやっているんだなと言う印象。
あとは根本的な考え方も人とは違う考え方をするということを徹底していると思う。

陸上の為末さんは「夢を諦めない」という言葉が嫌いだという。それは目標といえばいい。
夢なんていっているからいつまでたっても達成できない。
確かにこれを読んで納得した。夢だと言っているうちは叶わなかった時の言い訳に保険をかけている状態。
気をつけようと思った。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著名な経営者等に楠木氏がインタビューする内容。
本の中の一節で、楠木氏が大方の人には嫌われてもいい、たくさんの人の中には自分の事を好きになってくれる人もきっといる。そういう考えかたの方が、楽に生きていけるとおっしゃってました。
この文章を読んで、私はすごく気が楽になりました。いままで人に嫌われてはだめだと思いすぎてたように思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1.内容
著者によると、「仕事においてこそ、好き嫌いがものをいう」(まえがき3ページ)という。だから好きだと思う職業を浪人覚悟で選べ!と主張しているわけではない。仕事で成果を上げるのは、やっていることが好きでないと無理だろう、ということである。このような問題意識から、19人のゲスト(常見、中川という教え子の場合は1章で2人になっている)から、仕事や人生に関して、主に好き嫌いをテーマにしてインタビューしたものである。

2.読み方
レビュアー推奨としては(推奨しなくてもたいてい以下の順番のはず)、「まえがき」→Profile#19(著者へのインタビュー)→Profile#1~#18の順番で読むのがいいと思う。著者の問題意識が面白く、また、19人のゲストへのインタビューの根本だからである。

3.評価
素直に面白いインタビュー集だと思う。オリックスが宮内の時に消費者金融をやらなかった話(p22)、丸山の音楽の話(レビュアーがにわか音楽ファン状態ゆえだが)、著者と米倉のゆるいやりとり、その他、面白いところ満載。もちろん、ゲストの仕事ぶりが本人の好き嫌いといかに関わっているかも書かれている。以上のとおりであるから、星5つ。

*文中敬称略。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告