通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「好きなこと」だけして生きていく。 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 musetto4号店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■【併売商品につき、在庫切れの場合がございます】原則ゆうメールでの配送となりますので配送状況等のお問合せにお答えできない場合がございます。簡易クリーニング済。中古のため多少の使用感を感じる傷みや破れ、焼け、シミ、書き込み等がある場合がございます。また、帯、付属品や特典が欠品している場合がございます。状態不明な点に関しましては、お気軽にお問い合わせくださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「好きなこと」だけして生きていく。 単行本(ソフトカバー) – 2014/11/15

5つ星のうち 3.8 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 183

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「好きなこと」だけして生きていく。
  • +
  • 一生お金に困らない生き方
  • +
  • 心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話: 「あの人」「あのこと」――考えすぎないでいこう (王様文庫)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

好きなことだけをして生きていく。「そんなことができたら幸せだなあ。でも、それができるのは、才能や能力がある人だけ。自分には無理」と思っていませんか? でも、本当は誰でもその人にあった好きなことをして、もっと自由に生きることが可能なのです。もちろん、お金に困ることもありません。
本書では、19年間会社員をやってきて、今はカウンセラーとして、自由と豊かさを得た著者が、誰もがその人なりに「好きなことだけをして生きていく」方法を紹介します。
「“努力=報われる"ではない」「人生は、本当は上りのエスカレーター」「好きなように生きることに罪悪感を感じる必要はない」「やりたくないことをやめる」「人に迷惑をかけたり、嫌われることを恐れない」「好きなことをして生きるためには、〝一番嫌なあること"をする」など、実践できる具体的な方法がつまっています。
あなたも、ガマンがいっぱいの人生から解放されませんか?

内容(「BOOK」データベースより)

やりたくないことをやめることから、始めよう!テレビで話題沸騰中の人気カウンセラーが教えるサラリーマン、主婦でも自由きままに生きるコツ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 219ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569821251
  • ISBN-13: 978-4569821252
  • 発売日: 2014/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,874位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
35歳子育て中の主婦です。

今まで「真面目にコツコツ頑張る」ことを目標にして周りにいい人と思われるように努力してきました。

この本を読んで、事務のパートからエステティシャンに転職しました。

ママ友にも無理に頑張って付き合わず、自然体のままで興味のない勧誘はハッキリ断るようにしました。

30代でエステティシャンに転職なんて将来が心配…

ママ友に嫌われたら子供がいじめらるかも…

勝手に楽しくない人生を自分で選んできたことに気がつきました。

結果仕事が楽しくてエステの知識のおかげで以前より若くみられるようになったり、本当に仲の良いママ友に会えたりなど良いことがたくさんありました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「好きなことをして生きるためには、「一番嫌なこと」をする必要がある。「好きなこと」と「楽なこと」は違う。」そうです。
「豊かさを受け取るには、批判や非難や嫉妬を受け入れる覚悟が必要。」
「いいことも悪いことも受け取って人生を味わう」
「妬んでくるような人には好かれなくていい。」
「自分は好きに生きても嫌われないと信じるとそうなる。」
「大嫌いなもの、許せないもの、腹が立つものの中に、大好きなものが隠れている。」
「あきらめてしまったことの中に「本当に好きなこと」がある。」
「今が幸せなら全部ひっくり返せる。」など、簡潔でわかりやすいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
41歳、いわゆる中間管理職です。
毎日タクシー帰り、でも報われず成果がでない、そんな案件がおわり、がんばる方向を考えなおさないといけないなと思っていたとき、転勤してきて久しぶりに再会した大切な人に本書をすすめられました。
その方は、残業をさほどしないのに、人の倍ほどの成果をあげていて、「がんばる方向や集中力、働くスタンス」など、見習うことが多くありました。
組織の歯車として超特急として長い時間を過ごしてしまうと、本書のように「好きなことがわからなくなりがち」になると思います。「今コーヒーをのみたいならその気持ちを見過ごさない」など、自分なりの「好きなことを好き」と感じる感性を取り戻す方法を模索することが、まずできることで大切なことでないかと思いました。
本書、そしてその方との再会には、大いに影響をうけ、日々の行動をかんがえなおすきっけけになり、とても感謝していました。
ただ、感謝の気持ちを充分伝えるまもなく去ってしまい、どこか空の下にいるであろうその方の元気をいのりながら、「好きなこと」をして、恥ずかしくないように生きることがその方への恩返しだと思っています。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この人の本は今まで読んだことがありませんでしたが、前から気になっていたので、
読んでみました。一気に読めてしまって、読み終わったときは「?」という感じでしたが、
もう一回読んでみたら、とつぜんグサリときました。私が好きなことができないのは
かわいそうな私でいるのが好きだったんだとか、迷惑をかけないと言っている人が一番
迷惑だったんだとか、無理ということが一番自分がやりたいことだったとか、
気づいていなかったことにいろいろ気づかされて、目からウロコが落ちました。
自分で隠していた心に気づける本です。
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とも 投稿日 2015/2/14
形式: Kindle版 Amazonで購入
好きなことだけをして生きていく・・と言うことは、一見耳なじみがいいけれど、実は覚悟もいるんだ、ということを、この本を通じて、わかりやすく、優しく教えてくれています。

多くの人は、周りから非難されたりするのを恐れて、「いい人」を演じ、自分を抑え込んで、我慢して(病気になったりして)一生を終えるけれど、本当に自分がやりたいことをするには、いやだと思うことを手放したり、人から嫌われたり、批判されたりすることもある。

そういうリスクもあるんだということを、そしてそのリスクを乗り越えて、大洋に漕ぎ出す勇気ある人に、元気とパワーを与えてくれ、後押ししてくれる本だと思います。

誰でも、古い価値観、ぬるま湯につかっていたほうが楽で、安定を手放すのは怖い。

だけど、本当に自分を愛するなら、新しい自分に会いたいなら、勇気を出して、踏み出していくこと・・著者自身が経験してきたことだから、伝えられるのだと感じました。

(バンジージャンプが怖いなら、飛ばずに、歩いておりてきてもいいよ・・と、優しく一言添えてあります)
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック