ポイント: 45pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 9月24日 金曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 23日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
「奴隷」になった犬、そして猫 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
無料配送: 9月27日 - 10月1日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 帯付き。カバー・中ともにほとんど傷みありません。きれいです。☆ 本・CD・DVD・ゲーム 買取/販売の有宝堂 ☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

「奴隷」になった犬、そして猫 単行本 – 2019/11/20

5つ星のうち4.1 28個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥870

よく一緒に購入されている商品

  • 「奴隷」になった犬、そして猫
  • +
  • 犬を殺すのは誰か ペット流通の闇 (朝日文庫)
  • +
  • 動物たちの悲鳴が聞こえる - 続・それでも命を買いますか? - (ワニブックスPLUS新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

出版社からのコメント

犬に続き、空前の猫ブームではじまった増産態勢。
「かわいい」「いいね」の裏側で消えてゆく命。人間の愚行と、理不尽な社会を執念の取材が暴きます。

■どこもかしこも子犬と子猫
SNSや動画で毎日のように見る、子犬や子猫。可愛ければ可愛いほど喜ばれる世界で、“可愛くなくなったもの”を襲う悲劇。ビジネスと“好み”に翻弄される命を追いました。

■空前の猫ブーム、「猫ノミクス」の陰で起こっている惨劇
シベリアンハスキー、チワワ、ミニチュアダックス……、かつて巻き起こったブームと同じことが猫でも? 太田氏の前著『犬を殺すのは誰か』から約10年、猫ブームを追い風に、犬に起こった悲劇が繰り返される……。

■「子猫は死んだら冷凍庫」「不要な犬は農薬で……」
本書では、かつてある繁殖業者のもとで働いていたというアルバイトの女性がこう証言しています。
「とにかく病気の子が多い。くしゃみや鼻水を出しながら繁殖に使われている子もいて、そういう猫たちは、絶対にお客さんの目には触れないように隠されています。働いている間は頻繁に猫の死体を目にしました。子猫は死ぬと冷凍庫に保管し、ある程度死体がたまると、業者を呼んで引き取ってもらっていました。成猫は1匹1080円で引き取ってもらっていたようです。」
また別の繁殖業者は、不要になった繁殖犬を「埋めているんだ」と話し、「どうやっているの?」と尋ねると、「農薬を使ってんだよ」と明かしたと書かれています。

2019年6月の改正動物愛護法は、20年以降順次施行されます。
「8週齢規制」をはじめ、大きな前進が見られます。
しかし一方で、いまだおそよ5万匹もの犬・猫が毎年殺処分され、繁殖から販売の過程でも年間2万5千匹もの命が消えてゆきます。
⽇本の現実を多くの⽅に知っていただき、関⼼を持っていただけたらと思います

内容(「BOOK」データベースより)

「カワイイ」と「いいね!」の残酷な裏側。ビジネスと日本人の“好み”に翻弄される命たち。「改正動物愛護法」成立の舞台裏も収録!

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 朝日新聞出版 (2019/11/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/11/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 448ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4022516569
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4022516565
  • 寸法 ‏ : ‎ 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 28個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
28 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月29日に日本でレビュー済み
61人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年7月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月25日に日本でレビュー済み
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月19日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年12月26日に日本でレビュー済み
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告