通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「奇跡」のトレーニング がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「奇跡」のトレーニング 単行本 – 2004/1/11

5つ星のうち 3.1 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 145

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「奇跡」のトレーニング
  • +
  • 小山裕史のウォーキング革命~初動負荷理論で考える歩き方と靴
  • +
  • 希望のトレーニング 彼らは初動負荷トレーニングで何を見つけたのか
総額: ¥4,266
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

超一流アスリートたちが実践し、証明した初動負荷理論
「走る」「投げる」「打つ」「蹴る」の常識革命!!!

スポーツの本なのに、どうしてこんなに涙がでるんだろう?

事実1 ヨーイドンから変えて、100メートル13秒台の中学生が、半年で10秒台に!
事実2 足を高く上げて走ると遅くなる。ケガの元になる。
事実3 腹筋、背筋は絶対やっちゃダメ!筋肉の痛みは硬化のサインだった!

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、初動負荷理論とその実践の知見に基づき、さらに新しい事実なども加えて、一般書として書き下ろしたものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/1/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062122170
  • ISBN-13: 978-4062122177
  • 発売日: 2004/1/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,487位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
私はこの本を読んで、私がそれまで持っていた
トレーニングの常識を根本から覆されました。

「今までやってきたことは何だったんだろうか」と
がく然とする気持ちと同時に、希望を持つこともできました。

この本と出会ったときは大学生のときでした。

当時足のケガで悩んでおり、走ったり、
ジャンプしたりはもちろん、歩くことも辛い状態でした。

周囲の人のアドバイスで、筋トレや補強運動、
ストレッチ、アイシングなどを行なっていましたが、
一向に良くならず、ガマンできずに無理やり走って、
さらに痛みをこじらせてしまうという悪循環が
2年間ほど続いていました。

もうスポーツができないのだろうか、
一体どうすればいいのだろう、と毎日悩んでいました。

何をしてもダメという状態で、偶然この本と出会い、
初動負荷トレーニングの存在を知りました。

そこには、これまで自分が良いと信じて行なってきたことの
ほとんどが、実は間違っていたという事実が書かれていました。

読めば読むほど、納得することばかりで、
現在のような状況に追い込まれてい
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本のわかりの分かりにくい理由は表現の仕方などでは無くて、小山さん自身が書きたい事をかけない事にあります。 
彼の初期のトレーニング本「トレーニング革命」ベースボールマガジン社は大変分かりやすかったです。 しかし初動負荷を語り始めた時から急に書いてある事が分かりにくくなりました。 その理由は簡単で、この本のP95にあるように「初動負荷マシーンがない場合どうすれば良いのかと質問されると私も胸を痛めます」で明らかなようにマシーンが無いとトレーニング出来ないのです。
今回のこの本に書かれてあるのは投げ方、打ち方(野球、ゴルフ)、走り方であり純粋にトレーニングの仕方に付いては書かれていません。 なぜかと言うと、出来ないからです、マシーンが無いと。 
過去の本にも共通している事ですが、要するに鳥取に来いと言いたい分けです。  巻末にストレッチ体操のようなモノが載ってますが、このぐらいはちゃんとした整体の先生ならだれでも教えてくれそうな事だと思います。
それにしても初期の本には彼の上腕二等筋が一定の間にどれだけ太くなったかをメジャーを使ってアピールして有ったんですが、その過去は否定するんでしょうか、彼は? その辺もはっきりしないので余計に読みづらい。
まぁ、7月に新大阪にとうとうワールドウィング新大阪ができますよ。 その前に浪速区のClub Oneに初動負荷マシーンが一揃い導入されてます。 体験してからこの本を読めばかなり違うと思いますよ。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
腹筋、背筋、腕立てを毎日100回以上を日課にしていた私にとって「腹筋、背筋やっちゃだめ」というのは衝撃的でした。しかもに巻末にある正しい腹筋のトレーニング、ウィングストレッチ、股関節伸展を毎日するようになって、劇的に柔軟性が増しました。前屈で両手がべったりつくのです。たぶんその影響だと思うのですが、歩き方も変わったように思います。歩くときに感じる肩の柔軟性が増して、きちんと胸を張れ、ひざがきれいに伸びるのです。読めば読むほど深い理論です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初動負荷理論に関する基本的な紹介書です。「走る」「投げる」「打つ」「蹴る」各々の動作について、初動負荷理論の角度から考察がなされています。超一流選手の実績に裏打ちされた説得力があります。今注目を集めている「●ン●走り」との比較も面白いかも。ただし、あくまでも入門書的位置付けのものだと思います。初動負荷理論について既に一定の知識があり、更に深く研究したい方には向かないかもしれません。特に私のように、具体的なトレーニングプログラム等をを期待して購入すると肩透かしを食います(この値段&ボリュームで期待する方が甘い?)。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は初動負荷理論に関する本ではない。
初動負荷理論の効果についての本である。

初動負荷理論そのものついての解説もあるが、それはあくまでその効果、すごさを指摘するために解説してあるだけであって、初動負荷理論とは何かを伝えようという意図はどうやらなさそうだ。

本体価格1500円の本としてではなく、パンフレットとして無料で配布する程度の内容。
「鳥取に来てトレーニングを始めよう!」というのが著者のメッセージのようだが、
このメッセージを受け取るために1500円払いました。

その宣伝メッセージがわかりやすく書いているのなら、面白い宣伝の本ということにもなるかもしれないが、
あまりにも日本語が読みづらくて、宣伝メッセージがやっと分かる程度。

「初動負荷理論はすごいんだよ!!!」って言いたいっていうのだけは伝わってくる。

平均的な中学生でももう少しまともな作文をするはず。
別にこの本を読まなくても初動負荷理論では文章力を鍛えることはできないらしいと言うことくらいは明白なのに。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック