通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「失楽園」のその後 (OR books) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「失楽園」のその後 (OR books) 単行本 – 2014/5/28

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 248

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「失楽園」のその後 (OR books)
  • +
  • スピリチュアル・メッセージ 曽野綾子という生き方 (OR books)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ファン必読!
死後11日目に実現した
衝撃のインタビュー!

『失楽園』『愛の流刑地』『別れぬ理由』
多くの性愛小説を描いた有名作家が
死後、自ら「公開霊言」の収録を熱望。

彼が考える「愛」とは? 「自由」とは?
そして、死後の行き先とは―――?




目次
まえがき
1. 霊言を依頼してきた渡辺淳一の霊
2. 死後十一日経っての様子
3. 『失楽園』を書いたのは啓蒙のため?
4. 今いる世界は「赤いワインのプール」
5. 「自由」を履き違えている渡辺氏の霊
6. 抜きがたい「異性へのこだわり」
7. 生前、悪魔から指導を受けていた!?
8. 過去世と今後の“抱負"を語る
9. 渡辺淳一の霊言を終えて
あとがき

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大川/隆法
幸福の科学グループ創始者兼総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。86年、「幸福の科学」を設立。現在、全国および海外に数多くの精舎を建立し、精力的に活動を展開している。幸福実現党、幸福の科学学園中学校・高等学校の創立者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 201ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2014/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863954735
  • ISBN-13: 978-4863954731
  • 発売日: 2014/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 792,271位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私は、渡辺氏の「化身」を
高校生の頃に読んだのですが、正直
「ダサい」という印象を受けたんです。
当時は「援助交際」という言葉は無かった
と思うんですけど、主人公がやっていることは、
平たく言えばそれにあたりますよね。ところが
それを美化して、読者が主人公を応援したく
なるように、心理的に誘導するんです。
で、主人公が自分で自分を励ますような
シーンがあったりするんですが、私は
「なんだこいつ?」
って思いましたよ。

あと「失楽園」は映画をTVで観ましたけど、
ラスト、ことに及ぶ前に精をつけようとしてか、
バクバク旅館の晩御飯を食べるシーンがありましたが、
見ていてすごく気分が悪くなりました。
こんなに気分の悪い食事シーンはなかなかお目にかかれない。
「最後のマナー」といったら変だけど、自殺する前は
腹の中を空にしておくべきではないだろうか?。
私なら、何らかの理由で自決せねばならなくなった時、
時間にしばしの猶予があるなら、その間断食しますわ。

霊言で渡辺氏がいろいろと悟ったようなことを言っていますが
まあ、ダサいです。気取って、かっこつけ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告