通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「天皇機関説」事件 (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon倉庫より発送いたします。※帯や付属品(特典)の欠品、ライン引き・色あせ・キズ・ヨレ・スレ・文字、記号等の書き込み・サイン等がある場合がございます。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品の個別の状態についての問い合わせは回答できません。注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「天皇機関説」事件 (集英社新書) 新書 – 2017/4/14

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 821
¥ 821 ¥ 374

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「天皇機関説」事件 (集英社新書)
  • +
  • スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
  • +
  • 共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
総額: ¥2,225
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

メディア掲載レビューほか

立憲主義が崩れた

昔から「歴史に学べ」とよく耳にしてきたが、その「歴史」に無知であれば当然、先人たちが遺した教訓は学べない。たとえば、戦前の治安維持法の実態をまったく知らない人は、国会で審議中の共謀罪法案が孕む危険性に気づきにくいかもしれない。

では、改憲論議についてはどうだろう。山崎雅弘の『「天皇機関説」事件』は、私たちが学ぶべき憲法にまつわる重要な歴史を詳しく、時系列に紹介している。

1935年2月、当時の憲法学の第一人者で天皇機関説を主張する美濃部達吉が、国会で右派政治家に糾弾されたことに端を発するこの事件。彼らは現人神である天皇を「機関」とする説を排撃し続け、在郷軍人も連動し、美濃部の代表的な著作を不敬罪にあたると告発までして発禁に追いこんだ。そして同年9月、美濃部は貴族院議員を辞職する。

天皇も認めていた憲法学の定説の提唱者を、たかだか半年余りで窮地に陥れた天皇機関説事件。国際連盟からの脱退によって孤立化を深め、国粋主義者が勢力を増していた時代とはいえ、こんな短期間に、国民は言論や学問の自由を奪われたのだ。立憲主義も事実上停止した。一方、機関説排撃派は国体明徴運動を展開し、たとえ天皇の意に沿わないことでも「国体」を前面に出して押し切るようになり、無謀を重ねて国を破滅へと導いた。

憲法で規定された枠から外れるような行動は、それが選挙で選ばれた政治家であっても許されないとする立憲主義。これが崩れたら社会はどうなるか、天皇機関説事件とその後の歴史が教えてくれる。今こそ歴史に学ぶ時である。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

【推薦! 】
作家・半藤一利氏(『日本のいちばん長い日』『昭和史1926-1945』著者)
「これは昭和史の重要な分岐点だ。現在と酷似する状況に慄然とする」

【内容】
天皇を神格化する政治家と右翼組織が結びついたとき、事件は起こった

「天皇機関説」事件は、この学説を主張する憲法学者の美濃部達吉に対する、天皇を崇拝する退役軍人や右派政治家による攻撃が発端となっている。一九三五年二月に始まり、約半年に渡る「機関説」排撃運動の中で、美濃部に対する政治的な弾圧が行われただけでなく、言論や学問の自由も奪われ、立憲主義が事実上停止した。その結果、「権力の暴走」を止める安全装置が失われ、日本は破局的な戦争へと突き進む。
この事件は、社会がどのように「壊れて」いくのかを物語る昭和史の重要な分岐点である。現在の政治・社会状況との類似点に戦慄が走る……!

【目次】
第一章 政治的攻撃の標的となった美濃部達吉
1 貴族院の菊池武夫が口火を切った美濃部攻撃
2 美濃部攻撃の陰の仕掛け人・蓑田胸喜
3 美濃部達吉が述べた「一身上の弁明」
4 当代随一の憲法学者・美濃部達吉
5 国会の内外でエスカレートする「美濃部叩き」
第二章 「天皇機関説」とは何か
1 天皇機関説と天皇主権説(天皇神権説)
2 上杉慎吉と美濃部達吉の「機関説」論争
3 文部省も加わった天皇機関説の排撃運動
4 美濃部擁護の論陣を張った「帝国大学新聞」
5 昭和天皇も認めていた天皇機関説の解釈
第三章 美濃部を憎んだ軍人と右派の政治活動家
1 「陸軍パンフレット」に対する美濃部の批判
2 軍人勢力各派は「機関説問題」にどう反応したか
3 右翼団体による「機関説排撃運動」のエスカレート
4 騒動を岡田内閣打倒に利用しようとした立憲政友会
5 美濃部が『憲法撮要』に記した「統帥権」の意義
第四章 「国体明徴運動」と日本礼賛思想の隆盛
1 次第に追い詰められた岡田啓介首相
2 急激に力を持ち始めた「国体」というマジックワード
3 岡田首相の第一次国体明徴声明の発表
4 さらに激しさを増した美濃部と機関説への糾弾
5 消えかけた火を大きくした美濃部の「第二の弁明」
第五章 「天皇機関説」の排撃で失われたもの
1 窮地に立った岡田内閣と第二次国体明徴声明
2 天皇機関説事件から二・二六事件へと通じた道
3 美濃部の学説と共に排斥された、自由主義と個人主義
4 際限なく称揚される「天皇」「国体」という錦の御旗
5 実質的に機能を停止した日本の「立憲主義」

【プロフィール】
山崎 雅弘 (やまざき まさひろ)
一九六七年、大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。二〇一六年七月に刊行した『日本会議―戦前回帰への情念』(集英社新書)で、大手メディアが報じてこなかった同組織と政権の関わりや、改憲に向けた活動の詳細を明らかにし、注目を浴びる。このほか、『戦前回帰 「大日本病」の再発』(学研プラス)『5つの戦争から読みとく日本近現代史――日本人として知っておきたい100年の歩み』(ダイヤモンド社)など、著書多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087208788
  • ISBN-13: 978-4087208788
  • 発売日: 2017/4/14
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,826位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーベスト100レビュアー2017年8月14日
形式: 新書
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月4日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月17日
形式: 新書
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月27日
形式: 新書
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月2日
形式: 新書
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年11月5日
形式: 新書
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

最近のカスタマーレビュー