通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「天才」の育て方 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「天才」の育て方 (講談社現代新書) 新書 – 2007/5/18

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。10/31まで


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「天才」の育て方 (講談社現代新書)
  • +
  • 母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫)
  • +
  • 千住家の教育白書 (新潮文庫)
総額: ¥2,079
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

過保護のどこが悪いのか!?自分の子だけを思いきり愛して!

ともに世界的ヴァイオリニストで、姉は南カリフォルニア大で教鞭をとり、弟はハーヴァード大で学ぶ――厳しく、しかし敬意をもって「神童」「天才」を育てた母の、「子育てのミッション」とは?音楽教育から「いじめ」問題まで、親なら誰でも抱える迷いや悩みに全力で答える、五嶋流「体当たり教育論」!

内容(「BOOK」データベースより)

アホンダラ神童!くそったれ天才!五嶋流「体当たり教育論」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061498908
  • ISBN-13: 978-4061498907
  • 発売日: 2007/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,051位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
子育て論ではないです。編集者の題名のつけ方が悪い。これまでどういう風に子供を育てたのかとか、子育てのポリシーがよく分かるエッセイですね。この本を読むきかっけは、五嶋みどりさんのドキュメンタリーをみてから。世界的なヴァイオリニストというと華やかな世界で生きる人というイメージだが、みどりさんはコンサート会場へも公共交通機関で行き、宿泊はビジネスホテル、洗濯も自分で行うという質素な生活を送っている。そういう生活が自分の演奏に一番良いことだからだそうだ。こうした素晴らしい音楽家を育てた親御さんの教育方針はどうだったのかを知りたくて本書を手に取った。この著者の節さんはあっけらかんとしているようだが、やはり重要なポイントをついている。親と子のコミュニケーションの大切さ、忍耐力の大切さ、とにかく子供を愛することなどだ。

ただ、環境的な要因も大きいように思う。節さん自身がバイオリン演奏に長けていたことで実際にバイオリンを習得する大変さを実感として知っていたのも大きいだろう。また、節さんは薬剤師、祖父は9期つとめたという市長という家に育ったので教養という環境でも恵まれていたのだろう。そうした社会的要因が、節さん自身が気が付いている分からないが、背景としてあると思う。子供たちと生活は決して豊かではなかったのかもしれないが、ニューヨークは経済・文化の発信地で、優れた教育機関も多い恵
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「天才」ヴァイオリニスト五嶋みどり、五嶋龍の母親である五嶋節さんによる子育て論。

異様にフォントが大きくマージンも広く取ってあるので、あっという間に読み終わりました。

五嶋ママは子供に負けず劣らずテレビへの露出が多いので(マスコミがおもしろおかしく取り上げているだけか?)、「ああ、あの人の本ね」と思った人も多いことでしょう。

関西弁でしゃべくりまくる姿が印象的な、あの強烈ママです(笑

本書は(著者曰く)編集者の意向でこのようなタイトルになったものの、本人は

「天才なんか育てた覚えはありません」

と言い切っており、実際「天才の育て方」についての記述は一切ありません。

そういう意味では誇大広告な本ですね(笑

基本的には自分の子育て遍歴と、みどり・龍とのエピソード、そして子育て(というか人生全体)における信念やポリシーを、おもしろくしゃべくりまわっているだけです。

彼女がぺちゃくちゃしゃべってる姿を想像しながら読むとなかなか面白いかもしれません。

だいたい予想はつくかと思いますが、そんなに内容のある本ではありません。

ただ、特殊な環境の中でも常に自分
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
かなり為になりました。
子育ての参考になると思える部分がたくさんありました。
子供に敬意を持っていると言う話とか、
子供をヴァイオリニストにしようとか優勝させようとか思っていたわけではないとか、
子育ては自分が育てられたとか、
自分の得意なことで接するとか、
子供と遊ぶこと、勉強することとか。
節さんの得意なことや昔好きだったことを与えた話とか。
日本だとTVや雑誌の悪影響もあったかもしれないし、公立の小中高と、神と言う言葉はご法度なので
アメリカで育てて良かったのではないでしょうか。
少なくともアメリカの公立学校で神様がご法度と言うことは無いと思うので。
日本でみんなが困っているのは、社会の悪影響ではないかと思うのです。
とくにTVの悪影響です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
とくにすごい育て方が書いてあるわけでなく、内容が薄いと思った。
子供たちが努力したのかと思うが、母親として方向性を決めて育てたのは
正解だったと思う。
みどりと龍の意見とかがコラムのような形でついていたら、
良かったと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
五嶋節さん、ヴァイオリニストの、みどりさんと龍さんの母上である。
子育ての考え方を素直に表現されているものと思う。

楽器も、能狂言や歌舞伎でも、自然に演じこなせる基礎は5歳から14歳くらいまでに
身につけるものかもしれない。
そうなると、子供に何を面白いと思わせるか、どんな興味を引き出すようにするのか、
親の立場と考え方が大きく影響する。
意図して動けば、孟母三遷の通り。だが子供達が期待の通りに興味を持つか、
育ってくれるかどうかは、神のみぞ知る結果でしかない。

天才というのも、天才の技を発揮して見せて、残すからこその天才。
湯川秀樹氏の言を引いて、よく御承知されている。
子供に何を見せるか、目にふれる機会をつくるか、望んだ環境を準備する事ができるか、が親としての全てかもしれない。
きわめてアクテイブなお母さんが、本物と触れる機会をつくり続けたことが、
みどりさん、龍さんという天才的な演奏者を育てた。
運もある、お金や技能の制約もある。そのなかでどう考えて動くかが、親として子供から問われているのかもしれない。

芯の通った、筋のよい教育ママなのだと思う。
子供の教育について考えるには、十分価値のある、
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック