通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「国家」の逆襲 グローバリズム終焉に向かう世界(祥... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯有り】使用感は少なく概ね良好な状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「国家」の逆襲 グローバリズム終焉に向かう世界(祥伝社新書) 新書 – 2016/8/1

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 310
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「国家」の逆襲 グローバリズム終焉に向かう世界(祥伝社新書)
  • +
  • あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学
  • +
  • 日米対等 トランプで変わる日本の国防・外交・経済(祥伝社新書)
総額: ¥3,326
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

イギリスのEU離脱、パナマ文書公開によるタックスヘイブンの崩壊、アメリカ大統領選挙における「トランプ」現象、中国の軍事侵略―一見、脈絡がないように見えるこれらの事象は、大きな水脈で、一つにつながっている。それはグローバリズムの崩壊と、「国家」の台頭である。ナショナリズムとは、国民国家を基盤とした国家主義、国民主義のことだ。かつて世界が目指した「国境なき世界」は壁に突き当たり、時代の流れは、明らかに変わってきている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤井/厳喜
1952年、東京都生まれ。国際政治学者。1977年、早稲田大学政経学部政治学科卒。同年から85年までアメリカ留学。クレアモント大学大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。82年から近未来予測の「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 251ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2016/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396114745
  • ISBN-13: 978-4396114749
  • 発売日: 2016/8/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 イギリスがEUを離脱したり、「なんでこの人が?」と首をかしげるしかないトランプが大人気だったり、中国が無理やりにでも進める南沙諸島の開発だったり、世界各国のよくわからない動きがたくさんあったのでこの本を買ってみたが、本当にわかりやすい。よくわかった。専門家然、研究者然とした大学のつまらない講義のような淡々とした説明が続くわけでもなく、理路整然と物事の原因から発生の流れを裏事情や著者の独自の視点をからめながら説明してくれているので飽きない。しかも何が良いとか何が悪いとか、一方的な見方や感情が入り込んでないので読みやすい。読み終えた頃には世界の動きがサクっと把握できている感じ。良書だと思う。
----------------------
序章  「国家」の逆襲
第一章 「トランプ現象とは何か」
第二章 「パナマ文書が暴いた世界」
第三章 「イギリスEU離脱の衝撃」
第四章 「EU共同幻想の崩壊」
第五章 「難民流入とEU崩壊」
第六章 「ドイツ発ヨーロッパ金融危機」
第七章 「チャイナ経済バブル崩壊」
第八章 「チャイナ軍事膨張主義」
----------------------

 そこでこの本を読み終えていろいろ思ったが一つ挙げると、どの章でも大体、触
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/8
形式: 新書 Amazonで購入
激動する昨今の世界情勢を、ナショナリズムによるグローバリ
ズムへの逆襲であると見做し、緻密な分析による、この著者独
自の見解を展開していきます。

取り上げられるのは、トランプ現象、タックスヘイブン問題、
イギリスのEU離脱、EU共同体幻想の崩壊、欧州の難民流入問題、
ドイツ銀行の抱えるリスク、チャイナのバブル崩壊と軍制改革と、
タイムリーなものばかりです。

何れも、豊富な情報量に基づいた、独特の切り口が魅力の、他
では読めない内容満載で、実に読ませるものになっています。
特に感心したのは、ドイツ銀行のリスクやチャイナバブル崩壊
といった、経済情勢の分析の鋭さでした。

読了後には、世界情勢を視る目が変わること必定の本です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
今の国際政治の流れの要点を把握できる、読みやすくて手軽な一冊。
先日のアメリカ大統領選挙で、日本のマスメディアはアメリカのそれの口真似に終始し恥をさらしたが、著者はトランプ当選を予測した。
彼については第一章を参照。
個人的には、ロシアと中東の今後に触れられていないのが惜しい。
ドイツについてはよく知らないが、エマニュエル・トッドの見方と比べてみる必要がありそうだ。

序章 「国家」の逆襲
ー英国EU離脱の衝撃
第一章 トランプ現象とは何か
ー大衆に支持される理由
第2章 パナマ文書が暴いた世界
ー税金逃れを許さないという国家の決意
第3章 イギリスEU離脱の意味するもの
ー日米は勝ち組、中独は負け組
第4章 EU共同体幻想の崩壊
ードイツの横暴が招いた自業自得
第5章 難民流入問題の行方
ー偽善と本音の狭間で
第6章 ドイツ発ヨーロッパ金融危機
ードイツ銀行という時限爆弾
第7章 チャイナ経済バブル崩壊
ーミンスキー・モーメントへまっしぐら
第8章 チャイナの軍事膨張主義
ー着々と進む南シナ海、東シナ海への侵略

(全251P)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本を読むのが遅い私が、一日で読めました。ちょうど、EUについて興味を持っていましたし、イギリスの脱退があり、実態を知りたかったこともあります。イギリスを橋頭保にEUに迫ろうとしていた中国の目論見についても書かれており、その失敗もなるほどと思いました。筆者の作品はほとんどそろえていますが、その中でもかなり気に入った作品です。お勧めします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
御用学者が皆「示しし合わせたような意見を吐く中」自身の観点から予想図に興味深いものがある
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
政治経済的側面を切り口に日本を取り巻く各国との外交問題を解説した本として読ませてもらった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー