中古品:
¥100
+ ¥250 配送料
お届け日 (配送料: ¥250 ): 5月15日 - 17日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

「和の国」のかたち: 日本人への遺言PARTII (日本語) 単行本 – 2017/1/31

5つ星のうち4.8 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/31
¥100
¥1,430 ¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「WGIP」の呪縛を解き道徳を回復し、皇統を尊び覚悟を決めれば、トランプも習近平もプーチンも、必ず頭を下げに来る!

著者について

上智大学名誉教授。1,930年生まれ。1955年上智大学院修士課程修了。ドイツのミュンスター大学、イギリスのオックスフォード大学留学。ミュンスター大学哲学博士(1958年)、同大学名誉哲学博士(1994年)。歴史、文明、社会など幅広い分野において、深い学識に裏打ちされた鋭い評論を展開し続けている。第24回エッセイストクラブ賞、第1回正論大賞受賞。『知的生活の方法』『封印の金現代史』『裸の総理たち32人の正体』『渡部昇一 青春の読書』『英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし』など専門の英語学以外の歴史・古典・政治・人生論等の著作多数あり。

1930年、兵庫県生まれ。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。東京大学経済学部卒。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く予見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍。未来予測の正確なことには定評がある。『いよいよ、日本の時代がやってきた!』他多数。

登録情報

  • 出版社 : 李白社 (2017/1/31)
  • 発売日 : 2017/1/31
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 224ページ
  • ISBN-10 : 4198643431
  • ISBN-13 : 978-4198643430
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 9個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
9 件のグローバル評価
星5つ
77%
星4つ
23%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2017年2月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年8月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 WGIPの悪影響は21世紀も色濃く残っています
ユーザー名: 黒猫、日付: 2018年8月27日
2017年1月発行の本です。
この年の4月に渡部昇一先生は逝去されました。
死を前にして最後の思うところを論壇の戦友というべき日下公人先生と語り合っています。

内容は、トランプ大統領の登場の意味と世界の政治的な潮流、日本の国家戦略、皇統、占領軍アメリカのウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)、道徳の力についてですえ。
二人の賢哲の憂国の書であり、日本の将来への提言であり、まさしく遺言です。

トランプ大統領当選を予言した日本のマスコミはありませんでした。
反トランプ旋風が巻き起こり、ヒラリー大統領登場が主流意見でした。
そのネタ元は、アメリカの有力新聞、テレビからの情報です。
日本のマスコミは、自社ではアメリカ大統領選挙を取材する人材、ネットワーク、金がありません。
すべてアメリカのマスコミから情報を買っているだけの垂れ流しです。
アメリカのマスコミは枝葉末節デトランプを攻撃しましたが、選挙民はアメリカの閉塞状況をチェンジするのはトランプだと期待したのです。
1対99と言われるようにアメリカの富の99%は1%の金持ちが保有しています。
大変な格差社会です。
これは、クリントン、オバマの金持ち優遇政策の結果です。

皇統について、渡部先生は皇室典範に基づいて摂政を置くべきで臨時措置法で生前上位を認めてはならないとの意見です。
その根拠がスゴイです。
今上天皇が摂政を置くことを望まず、生前退位を望まれるのは大正天皇の摂政を努めた昭和天皇の苦衷を慮ってのことでしょうが、今後、数百年に渡る皇統を考えればリスクが大きいと懸念されます。
壬申の乱、南北朝時代、保元の乱は日本が分裂して混乱期にありましたが、いずれも皇位継承のトラブルから日本が不安定になりました。
その原因を防ぐには皇室典範に基づいて摂政を置くべきで、ヘンな法律を作って例外を作るのは将来の禍根のタネになりかねないとの意見です。
200年、少なくとも1500年以上続いてきた男系による皇統を歪めるべきではないと、私も考えます。

昭和20年10月1日にアメリカ占領軍が「一般命令第四号」がいわゆるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)と言われるものです。
大東亜戦争という呼称を使いうことを禁止し太平洋戦争にせよなど言論統制、検閲を始めとして現代にまで悪影響のある内容がテンコ盛りでした。

30あります。
1. アメリカ占領軍の批判
2. 東京裁判の批判
3. アメリカが日本国憲法を作ったことの批判
4. 検閲制度の批判
5. アメリカ合衆国の批判
6. ソ連の批判
7. イギリスの批判
8. 朝鮮人の批判
9. 中国の批判
10. その他の連合国の批判
11. 連合国一般の批判
12. 満州の日本人の扱いに対する批判
13. 連合国の戦前政策の批判
14. 第三次世界大戦への言及
15. 冷戦の言及
16. 戦争擁護の宣伝
17. 神国日本の宣伝
18. 軍国主義の宣伝
19. ナショナリズムの宣伝
20. 大東亜共栄圏の宣伝
21. その他の宣伝
22. 戦争犯罪人の正当化と擁護
23. アメリカ占領軍と日本女性との交渉
24. 闇市の状況
25. アメリカ占領軍の批判
26. 飢餓の誇張
27. 暴力と不穏の行動の扇動
28. 虚偽の報道
29. アメリカ占領軍に対する不適切な言及
30. 解禁されていない報道の公表

もう、ガンジガラメです。
新聞、出版社はこれを守らなければ紙の配給が無くなり商売上がったりです。
朝日新聞、赤旗新聞も、この言論統制を厳重に守り、ウソのニュースを垂れ流し続けました。
アメリカ占領軍の言論統制・検閲の悪影響の大きさに愕然とします。

キリスト教的道徳は、ベトナム戦争で権威を失い、それに代わって人道主義が巾をきかしています。
「人道主義に反する」との言い草は神の声のように扱われ、その大義名分のもと難民や移民の受け入れが容易になりました。
その結果、EUの難民受け入れも一時は盛んになりましたが、財政負担やテロリストのイスラム教徒を自分たちの税金で養わなければならないのかという声が大きくなっています。
右派勢力の人気、台頭がEU民衆の支持を拡大しています。
トランプ大統領のアメリカ・ファースト政策も、反グローバル、反人道主義です。
インテリやインテリが作る新聞・マスコミには人気がなくてもアメリカの選挙民である民衆には、本音を主張するトランプは人気です。

自然崇拝、先祖崇拝で戒律の縛られる小乗仏教を追放し、程よい距離をおいて神仏を崇拝する日本人の、素朴な道徳を見直す必要があります。
教育勅語は心や魂を磨く意味で優れていると評価しています。

知らなかった史実が多くありました。
歴史を学ぶ必要性を痛感しました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年2月19日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告