中古品:
¥933
お届け日 (配送料: ¥350 ): 7月30日 - 8月1日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 状態は概ねキレイで良好です。気持ち良く読んで頂けると思います。細かな劣化はご了承ください。中が見えない封筒で、主にゆうメールにて出荷予定です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「和」の都市デザインはありうるか―文化としてのヒューマンスケール 単行本 – 2010/5/1


価格
新品 中古品
単行本
¥933
¥6,699 ¥933

商品の説明

著者からのコメント

 ヨーロッパには古代あるいは中世以来の都市が多い。近現代期に城壁が取り壊されたあとも、それらの旧市街地は歴史的都心として、都市の中心地として生き続けている。まるで変わることを拒否しているようにみえるところもあれば、都市活動をうまく取り込んで新旧バランスよく現代化を遂げている都市もある。そういう場合でも、歴史的都心のたたずまいが都市空間の魅力をつくり上げる主要素として働いていることに変わりはない。

 歴史的都心はきわめて頑丈にできあがっており、現代の暮らしを支える包容力をも持ち合わせているのである。そしてその外形は、まるで岩石群のように頑丈な塊のようにみえる。人々が生活する場所は、その塊の中から必要なスペースを掘り出してつくったといった表情をしている。こういった建築空間やまちの心地よさそうな表情をみていると、これからも都市の外形はさほど変わらないままに生き続けていくのではないかと思える。

 日本都市の外形は、これとは対照的に、短時間のうちにあまりにも急速に変化・変容を遂げてきており、「変わりすぎ」であるといってもよい。いままでは、その積み重ねが繰り返されていけば、そのうちになんとか、まとまりのある町並みや都市景観ができあがっていくのかもしれないと呑気に構えていた。世の中の趨勢というか、見通しはそんなところであったのだと思う。しかし、総人口の減少やこのまま続きそうな経済的停滞を想像すると、現在のありようを放置したままでは、整った都市空間を獲得することは、何時まで待っても無理なのではないか。歴史をかけて築いていた町並みや日本的風景を壊し続けるのみで、できあがってくる都市の景観はみるも無残なひどい状態のままといった、立ち止まったかたちで終わってしまうのではないか。わたしは、そんな怖れを抱き始めている。

 なぜ日本都市はこれほど変わり続けるのか。このことを考えていくと、われわれは建築と敷地、上ものと土地をはっきり区分するという方法をとり続けているという枠組みにたどり着く。それは、木造建築の建て替えを繰り返しながら都市市街地をつくってきた方法を、非木造化が成熟しつつあるなかでも継承していることに起因している。そこでは敷地は変わらないが、建物はどんどん変わってよいのである、それで長らくやってきたのである。これはひとつの建築的文化のあらわれであるとみなせる状態である、と考えてしまうこともできる。しかし、わたしは「建て替えは文化」という見方をもう少し掘り下げて、「個別敷地性が文化」である、と考えるようになった。本書では、このような視点にもとづいて、その妥当性とそこに発し、また熟成されてきた都市・建築的なデザインを確かめる作業を行った。そのなかから、今まさに考えなければならない、今ただちに考えないと手遅れになると思える、都市デザインや建築づくりについての手がかり・方向性を導き出してみたい。

 わたしは本稿で、都市の外形がまとまりのある町並みや都市景観に到達できていない状況について考察するとともに、もう一点、建築における<洋風>と<和風>の相克がつくり出している建築および都市デザインの問題について考えてみたいと考えている。身のまわりに広がる都市空間のチグハグ感は、異なる建物ボリウムの建物が接し合うなかに生じる違和感と、和と洋という異なるデザイン方式が秩序感なく隣接し合っているという二大要因に由来すると考えるからである。

著者について

1939年京都市生まれ。大阪芸術大学非常勤講師。京都工芸繊維大学工芸学部卒業、京都大学大学院博士課程中退。藤川デザイン学院(現、京都造形芸術大学)勤務のあと、1977年より大阪芸術大学に在職。講師・助教授を経て1993年から教授、同年から同大学大学院担当。2010年3月に退職。工学博士。技術士(都市および地方計画)。一級建築士。都市設計・都市デザイン評論などが専門。1979年から2003年まで都市計画アトリエを開設し、関西一円の都市景観、居住環境や都市施設デザインなどに関する調査・計画策定に携わる。この間、兵庫県生活文化を創る1%システム委員会、大阪市都市景観委員会、各地の景観委員会、都市計画審議会などの委員をつとめる。

主な著書:
『わが国土の設計』(学藝書林、共著、1969)、『京町家・コミュニティ研究』(鹿島出版会、共著、1976)、『町なかルネサンス-職住遊の都心再生論』(学芸出版社、1985)、『都市デザインの手法-魅力あるまちづくりへの展開』(学芸出版社、共編著、1990)、『マスシティ-大衆文化都市としての日本』(学芸出版社、共著、1991)、『町家型集合住宅-成熟時代の都心居住へ』(学芸出版社、共著、1999)

執筆協力
・澄田智子 2009年大阪芸術大学大学院(芸術研究科芸術文化学領域)前期課程修了<第4章>
・寺尾英訓 2004年大阪芸術大学大学院(同上)前期課程修了<第5章>
・斎藤吾郎 2004年大阪芸術大学大学院(同上)前期課程修了、2009年同後期課程中退、現在徳島県上勝町役場勤務<第6章>

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 学芸出版社 (2010/5/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/5/1
  • 単行本 ‏ : ‎ 175ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4761524863
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4761524869

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません