中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「命令違反」が組織を伸ばす (光文社新書) 新書 – 2007/8

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「不条理に満ちた現代の組織には、ファイナル・ソリューションとして命令違反する勇気と、命令違反を許容する新たなマネージメントが必要である」組織論を専門とする気鋭の著者が、無謀な戦争を戦ったとされる日本軍の行動に、行動経済学をはじめとする最新の経済理論を用いて分析し、組織における「良い命令違反」のススメを唱える!

内容(「BOOK」データベースより)

人間の「無知」や「不注意」による失敗は、「条理な失敗」だ。しかし、人間の関わる重大な失敗の多くは、予期できたにもかかわらず突き進んでしまう「不条理な失敗」だ。今日多発している組織の不祥事は、ほとんどが「不条理」に起因している。この組織の「不条理」は、いかにして回避できるのか。答えは、「命令違反」である。本書では、「不条理」の極端な事例として太平洋戦争時の日本軍の行動を分析し、「命令違反」が組織を存続させるだけでなく、進化させることを明らかにしたい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 270ページ
  • 出版社: 光文社 (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334034136
  • ISBN-13: 978-4334034139
  • 発売日: 2007/08
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 810,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 picander トップ1000レビュアー 投稿日 2007/10/3
形式: 新書
まず著者は『失敗の本質』を補うように、インパール、ガダルカナル、ノモンハンという日本軍の代表的負け戦の、理不尽と言われる意思決定の合理性を明らかにしようとする。そこで行動ファイナンスのいくつかの理論を使うが、その効果は疑問だ。
まず、理論や計算式が難しいのではなく、理論を用いなくとも実感レベルで理解できる話なので、理論の説明でそこまで紙幅を割く必要を感じない。
また、例えば「インパールでの牟田口はプロスペクト理論で言えばこういう状況なので、そこでの彼の意思決定は合理的に説明可能」という、理論に意思決定を当てはめる論述方法では、なぜそれらの理論で説明されうるような心理状況に陥っていたのかという、もっと本質的な意思決定の心理学が理解できない。
「人間は限定合理的である」という前提で、「非合理」とされる意思決定を分析しようとする取り組みは共感できるが、本書の主目的である、不条理に陥らないための「良い命令違反」の分析は、少し物足りない。
例えば、なぜペリリュー島の中川大佐は良い命令違反ができたのかという問いに、「死を覚悟していたから、冷静な判断ができた」と説明する。だが、他の多くの軍人であっても同じように死を覚悟しており、その上で不条理な白兵突撃作戦を決行していた以上、「死の覚悟」だけでは中川の冷静な戦術眼の分析にはならない。そして、それをさらに栗林
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「組織の不条理」と類似したテーマだが、インパール&ガダルカナルだけでなく、ペリリュー、ノモハン、ミッドウェー、レイテへとケースが増えている。

また、プロスペクト理論を用いている点が新しく、インパールでプロスペクト理論を適用している点が新しかった。

今回のケースを自分なりに分類すると、以下のとおり。
 良いペリリュー中川→現場が本部より「現実を理解」していたことが勝因
 悪いノモハン辻→既存の「組織文化を追求」したことが敗因
 良いミッドウェー山口→現場が上司より「専門性」を有していたことが勝因
 悪いレイテ栗田→「判断ミス・勘違い」が敗因

したがって、命令違反が許容されるケースというのは、「状況や環境が変化し、既存の戦略、既存のケイパビリティ、既存の組織風土に基づく判断基準が通用しなくなった」だと言えのではないか。

逆に環境が変化しているのに、旧来の価値観で命令違反を強行した辻のノモハンは状況が悪化したし、判断ミスにより命令違反をしてしまったレイテ栗田も、レイテの戦況を悪化させた。
(本書を読んだ結果そう感じただけで、史実ではどうなのかは分からない)

プロスペクト理論の「リファレンスポイントを移動させる」という点も勉強になった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
知的エリートは合理性に基づいて行動する筈なのに、しばしば非合理的な不条理が起きるという分析は明快に理解できた。
かつて防衛大学校の教官だった人が表わしたので戦史を参照し最近の経済学足場をおいて解説している。旧来の失敗分析とは一線を画し、インパール作戦(「正当性」と「効率性」の不一致)やガダルカナル戦(「私的個別性」と「社会性」の利益の不一致)も合理的判断に基づいているという論には非常に共感を覚える。確かに、インパールやガダルカナルのような事態は現在のどの組織でも「限定合理的」判断のもとで十分起きる可能性があるのだ。
ただ、命令違反が組織を伸ばすというタイトルはやや行きすぎか。不条理を解決する命令違反という論旨は理解できるのだが、現実組織への適用はほとんどできないだろう。むしろこの「合理的かつ不条理な判断の存在」を理解し、それに陥らないような判断基準とするのがいいかと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/8
形式: 新書 Amazonで購入
 前作「組織の不条理」で旧日本軍が合理的判断に基づいて不条理に陥ることになったことを経済学理論に基づいて説明した著者が、本書では不条理を避ける回答を示す。
 それは、良い命令違反なのだ。

 人間は誰もが過ちを犯し、組織が機能不全になる。人間は限定合理的でしかないのに自分は完璧だと思うが故に、結果として組織を不条理に巻き込むのだ。
 人間が完全合理的なら、非効率的なQWERTYキーボードやVHSが普及するはずがない。人間は限定合理的なのだ。本書では、限定合理性による不条理と、不条理を回避した良い命令違反を旧日本軍を例に説明している。

 指揮官の無能さの引き合いに出されるインパール作戦とノモンハン事件でさえ、著者によれば、牟田口や辻は彼らなりに合理的に判断しているとのこと。しかし、組織としては最悪の不条理に陥った。これを避ける方法が良い命令違反なのだ。例として、ペリリュー島での中川大佐による持久作戦と、ミッドウェイ海戦における山口多聞による指揮権奪取と反抗攻撃を経済理論で説明している。
 戦争の話だからと敬遠しないで、人間心理と経済性の観点で読んでいただきたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー