通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「反日韓国」の自壊が始まった がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「反日韓国」の自壊が始まった 新書 – 2014/11/11

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 19

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「反日韓国」の自壊が始まった
  • +
  • 韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)
  • +
  • 韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

セウォル号沈没事件で危機管理能力の欠如と無責任体質を露呈し、世界を唖然とさせた韓国。さらに「産経新聞ソウル支局長を名誉棄損で在宅起訴する」という民主主義国家にあるまじき暴挙に出て世界から呆れられた朴槿恵「反日」大統領。「明らかに韓国の自壊が進んでいる」とする著者が、その真因を、「謝れば和解」の日本と「謝ったら負け」の韓国という文化の違いから鋭く指摘する。 【本書の目次】 はじめに 最大の難関にさしかかった日韓関係/第一章 韓国の自壊が始まった/第二章 韓国人が謝罪しない理由/第三章 「人があるべき姿」がこんなに違う/第四章 事大主義から抜け出ない韓国/第五章 韓国人自身が嘆く漢民族の精神病理/おわりに なぜ韓国は科学分野でノーベル賞をとれないのか?

出版社からのコメント

止まるところを知らない韓国の「反日感情」と日本の「嫌韓感情」。なぜ、これほどのコミュニケーションギャップが生じているのか? 一貫してそのテーマを追い続けてきた著者による、目からウロコの「韓国文化論」。なるほど、韓国人とはそうだったのか! と思わず膝を打つ一冊だ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 悟空出版 (2014/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908117012
  • ISBN-13: 978-4908117015
  • 発売日: 2014/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 11.4 x 17.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,904位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
この十年以上、日本の周辺諸国への心情は悪化するばかりであり
98%の人が北朝鮮を信用できないと答える。これをトップに親しみを感じるかどうか程度なら
中国やロシアに親しみを感じな、やや感じないと答える人の比率はいまだに七割に達し
それと比較すれば、韓国に親しみを感じないと答える人の割合は六割程度と低いが
しかし韓国に対しては嫌韓デモが起こり、いわゆる嫌韓本にベストセラーが出るなど、他の国には見られない
極端な拒絶反応が起こっている。
ことにこの傾向は韓国に興味がある人に大きく。韓流タレントに夢中になった人たちが、一転して嫌韓になった
そういうこともよく聞きます。

この理由として私が感じるのは、韓国の反日が中国やそして北朝鮮のそれと違うこと
中国の反日は、まだ打算であるが。
韓国の反日はストーカーじみた病的な民族心理から成り立っていることがあげられる。
本書を読んでいる人なら理解できるでしょうが、はっきり言っておぞましいの一言に尽きる。

さらにそうした現実を報道しなかった。
日本のメディアや、ことさら問題とすることを避けていた日本政府への反発が
韓国への反発の背景としてあると思います。
現実に嫌韓、特にネット上の嫌
...続きを読む ›
2 コメント 429人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mana 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/11/9
形式: 新書 Amazonで購入
私のものを含め、複数の方のレビューが消えてしまったようなのですが、
再アップさせて頂きます。

まず帯に突っ込みたいのですが、
「朝日が従軍慰安婦を誤報と認めても、韓国人は日本に謝罪を求め続ける」と書いてあります。
未来のことを言っているのか現状のことなのかは判りませんが、
現状のことを言っているのであれば、やや語弊があります。
朝日新聞は吉田清治氏などに関する16本の記事の撤回をすると言っただけで、
依然として韓国同様「従軍慰安婦」の捏造堅持の姿勢です。

本書では、セウォル号事件の犠牲者追悼メッセージが悲痛でした。
「姉さん、そして兄さん、もう二度とこんな国に生まれないでください」
「さようなら。兄さんが必ず悪い大人たちと最後まで戦って、二度とこんな悲しみがないようにするから」
「冷たい海中に恐ろしさで真っ青になって泣いた私たちの後輩を考えなさい。こんな権力に耳をふさいで目をとじる人々ならば本当にきらいだ」
「互いに利益だけ考える社会だ。大人たちの欲望のために姉さん兄さんの命が一日で消えた」
「国は嘘ばかり言っている。救助すると口で言うだけで何もしていないようだ」
などなど。
国民も、セウォル号事件が露呈した国
...続きを読む ›
コメント 350人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
歴史の捏造や反日活動を国策として繰り広げていく韓国。
過去の悪い事は全て日本の仕業。
漢江の奇跡の例からしても、日本から得た恩恵は全て韓国政府や国民の力として偽り続けた韓国。

しかしこんな国の大統領でも全ての人がそういった反日発言や行動をするわけではありません。
例を出しますと、この書籍では朴正熈(パク・チョンヒ)等、軍人出身大統領の日本統治時代や日本への親日発言を解説する項目があります。
李承晩政権以降もこのような人はいたのです。

近年は、彼らのような発言をする大統領が絶え、反日政策をどんどん推し進めるような大統領ばかりです。
歴史における真実を語った人は、韓国では親日活動家とみなされ財産没収や逮捕される例も出ています。
反日路線を突き進む現在の韓国は、「自壊」していく国と言えます。
コメント 258人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
セウォル号事件の前と後では、日本人が持つ韓国人の評価は大きく変化していると思う。サムスンも現在低迷しており、世界最高の製品を作る日本の製造業をも脅かす韓国人とのイメージは、もはや過去のものとなった。個人的には、韓国はいつ日本に追いつくのか、韓国人にはそれが可能なのか、興味を持って韓国を見て来た。セウォル号事件をみて、いかに韓国人を過剰評価していたかを悟った。恐らく韓国は、未来永劫日本に追いつけない。そして日本は、先進国になるべくして成った稀な資質をもつ民族であると再認識している。

呉善花氏は本書で、それは何故かを明確に示している。著者は日本文明に造詣が深く、日本文明、日本人とは何者かを、日本人にも教えてくれる。日本人には頼もしい味方だ。同様の深い分析は著者のバックグランドでもある韓国人にも向けられいる。日韓の比較を語るには最高の適任者だろう。

本書で著者は、韓国人の精神病理まで分析している。まず火病(ファッピョン)は、米国で発見された韓国人にだけ現れる珍しい現象で、不安・うつ病・身体異常などが複合的に現れる怒り症候群であるが、この原因は恨にあり、韓国人には物質、虚飾、教育、集団、不信、怒り、暴力、孤独、家族、弱い自我などの12のコンプレックスの塊だという。このため韓国人には我慢の伝統が消え、我慢しない国民ばかりとなった。この韓国人の特長が
...続きを読む ›
1 コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック