ポイント: 33pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送 5月19日 木曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 4 時間 43 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り1点(入荷予定あり)
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
「反日」包囲網がアベノミクスを壊す トクアノミクス... がカートに入りました
配送料 ¥256 5月 20-21日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 明日, 5月18日 5 時間 58 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

「反日」包囲網がアベノミクスを壊す トクアノミクスの正体 新書 – 2013/7/11

5つ星のうち4.6 11個の評価

価格
新品 中古品
新書
¥1,100
¥1,100 ¥1

購入を強化する

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文芸社 (2013/7/11)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2013/7/11
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 214ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4286142035
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4286142036
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
11 件のグローバル評価
星5つ
89%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
11%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年7月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 トクアノミクスの本質を描いた新作は、やはり期待を裏切らなかった!
2013年7月28日に日本でレビュー済み
1年ぶりの西村幸祐氏の新作はやはり期待を裏切らなかった。
アベノミクスという言葉が独り歩きして半年以上が経過した。いま、日本人が一番注意しなければならないのは、安倍政権が誕生したことによって、3年以上の民主党政権の数々の悪政を忘れてしまうことだ。
本書で最初に驚かされたのは、台湾の若手女性ジャーナリストの安倍政権の評価が紹介されていたことだ。
アベノミクスをたんなる経済政策でなく、「安倍維新」という言葉を用いて日本の歴史上の大きな変革と彼女は位置付けている。

西村氏はこの台湾人、王美'e氏の評論を紹介すると同時に、「ロケットスタートで経済面ばかりが脚光を浴びているが、アベノミクスの持つ多義性と内包力に、もっと多くの人は目を向けなければならない」と指摘する。
西村氏はそんなアベノミクスの敵をトクアノミクスという造語で明らかにする。それは、日本と文化圏も違う特定アジア、中国、韓国、北朝鮮であり、トクアこそアジアから孤立していることを説得力をもって訴える。
そして、安倍外交がその仮説通りの外交を展開していることが、本書の価値を一層高めているのではないか。
とどのつまり、「日本を取り戻す」という安倍政権誕生のスローガンは、アベノミクスの本当の意味、日本の独立と戦後体制からの脱却を目指していることを、分かりやすく西村氏は第3章で描いてくれた。

もっとも、冒頭49ページの「アベノミクスは、実は、プラザ合意以降、初めて明確な円安基調をもたらしたのであり、ある意味、これは80年代に日本が失ってきたものを取り返す復讐戦という感じさえする」という記述は、非常にスリリングで本書を貫く隠されたテーマが示されていた。敏感な読者はこの時点で西村氏の並みはずれた構想力に気がつくであろう。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
殿堂入りベスト500レビュアー
2013年7月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
66人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年2月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年11月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年12月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年12月7日に日本でレビュー済み
2014年11月5日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2013年7月16日に日本でレビュー済み
123人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する