通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「原発」国民投票 (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 状態良好。全体的にキレイな状態です。◇通常2営業日以内の発送となります。クリックポスト・ヤマト運輸等で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「原発」国民投票 (集英社新書) 新書 – 2011/8/17

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「原発」国民投票 (集英社新書)
  • +
  • 原発をどうするか、みんなで決める――国民投票へ向けて (岩波ブックレット)
総額: ¥1,339
ポイントの合計: 24pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

政治家任せではなく、国の未来は自分で決める!
原発は日本国民のみならず人類の行方をも左右する重大な事案。その選択を問うには国民投票が最良である。欧州での国民投票、日本の住民投票の例も報告しながら、その仕組みと意義を解説する。

内容(「BOOK」データベースより)

原子力発電所をどうするのかは、日本国民のみならず人類の行方をも左右する重大な事案。その選択は、議員や官僚に委ねることなく主権者である私たち国民が行なうべきだ。そのためには、国民投票を実施するのが最良である。徹底した情報公開を進めて議論を重ね、主権者自身が賢明な選択・決定をするように求めるのである。欧州で実施された原発に関する国民投票、そして日本の住民投標の例も報告しながら、その仕組みと意義を分かりやすく提示。原発に対する賛否両者の代表的な考え方も紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087206033
  • ISBN-13: 978-4087206036
  • 発売日: 2011/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 488,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
3.11以後、「原発」という とてつもなく大きな問題に直面した日本だが、現実は
5か月経った今でも、復旧・復興政策よりもポスト菅をめぐり駆け引き・予想してばかりの
永田町やメディア。

いったいこのままでは、私たちの未来はどうなるのか?−いや、「どうしたいのか!!」だ。

そんな“当事者”としての意識を反映させるべく、これまで各国で行われた、原発に関する
国民投票・日本の住民投票について 紹介している。中でも、今年イタリアで行われた
「原発」国民投票の解説、ものすごくわかりやすいし写真もおしゃれ。

第五章が面白かった!原発に関するいろいろな著名人の主張が盛りだくさん。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は国民投票、住民投票に関する著書を多数発表し、数年前の憲法改正国民投票法の審議の際には衆参合わせて5度意見を述べているほど、この分野では日本でトップクラスの知識を持っている。
そんな著者が、日本初の国民投票を「原発」問題をテーマに実施しよう!と主張する。

本書ではまず国民投票とは何か、日本で国民投票を実施することは可能か(可能です)といった基本的な問題を解説する。そして次にこれまで世界で行われた「原発」国民投票、国内で行われた「原発」住民投票の実例を紹介する。ここはジャーナリストらしく現場視点で描かれており、ここまででメタ視点、具体的出来事の視点の両方が押さえられている。
さらに日本で「原発」国民投票が実現する場合のスケジュールを示し、その際に繰り広げられるはずのキャンペーン合戦で出てくると思われる「反対派」「推進派」の主張が紹介される。
この「反対派」「推進派」の主張がなかなか面白い。前著『「憲法九条」国民投票』と同じく、さまざまな媒体で実際に発表された、多くの有名人による「原発」関連の発言が収録されているのだ。前著でも感じたが、実名で展開される主張は、それぞれの人たちなりの熟慮の末の主張であり、それらが要点を掴んだ形で次から次へと提示される展開は迫力がある(その意見への賛否はどうあれ)。

こういった問
...続きを読む ›
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
反原発の立場から、国民投票によって、
今後の日本の原子力政策を決めませんか?
ということを訴えられている著作です。

まず諸外国でなされている国民投票が
なぜ日本でなされていないか?
国民投票を行うことのメリットの解説からはじまります。
これは原発に限らず、他の重要政策に関しても応用が利くので
是非、国民投票のシステムができれば良いと思いました。

海外ではスウェーデン、スイス、イタリアにおける国民投票、
国内では新潟県巻町、新潟県刈羽村、三重県海山町
の住民投票に関して、具体的なレポートが書かれています。

原発に対する賛否両派の主張の抜粋を多数載せています。
両派とも、なるほどという意見からくだらないものまで
幅広くあり、視点を広げられると思います。

事故前:
ビートたけし、野坂昭如、石原慎太郎、西尾漠、高木仁三郎
事故後:
田原総一朗、小出裕章、山下俊一、柳澤桂子、澤田哲生
佐高信、寺島実朗、石橋克彦、諸葛宗男、与謝野馨
与謝野馨、河野太郎、加納時男、石破茂、田中優
赤石昇二郎、勝間和代、山本太郎、池田信夫、池澤夏樹
佐藤優、曾
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告