この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「出会い系」時代の恋愛社会学―ケータイ&ネットの性と「もてたい男」 (ベスト新書) (日本語) 新書 – 2001/7/1

5つ星のうち3.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

ネット恋愛をお嘆きのあなたに  出会いは、つねに自分の想像を超えた「他者」によって自分の心身を動かされる経験だ。  昨今、ネット&ケータイの「出会い系サイト」が問題視され、法的拘束まで論議されているが、問題なのは出会いの危険の意味を取り違えることだ。

 出会いは、それがどんなメディアによってもたらされようとも、つねに「他者」と関わることでリスクを負うものだ。それは、まったくの自己責任であり、誰からも守られるわけではない(法がすべてを守ってくれるわけではない)。

 この本では、テレクラ、伝言ダイヤル、雑誌、クラブなどによる出会いの積み重ねからネットの出会いの内実を探る試みであり、同時に恋愛が変質してきていることを性をからめて描くことで浮かび上がらせる。  「出会い弱者」に必要なのは、警察の取り締まりなんかじゃない。むしろ、失敗から学ぶ試行錯誤の経験そのものだ。

 この本が、失敗から学ぶタフネスを読者にもたらすことができれば、著者としてはとてもうれしい。

内容(「BOOK」データベースより)

出会い系メディアの人気が沸騰し、雑誌からインターネット、そして携帯電話i‐modeに至るまで、さまざまに乱立している今日の状況は、“性”が快楽のために次から次へと多様な「他者」を必要とし、呼び寄せては消費するゲームのようだ。著者が体験・見聞・取材したさまざまな“性”の担い手たちは、いったい何と出会っていたのか?出会い系全盛時代の“性”に振り回されずに「もてたい」人、必読の真摯な恋愛論。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年5月8日に日本でレビュー済み