¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「写真で食べていく」ための全力授業 (玄光社MOO... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

「写真で食べていく」ための全力授業 (玄光社MOOK) ムック – 2016/9/29

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,643

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「写真で食べていく」ための全力授業 (玄光社MOOK)
  • +
  • 写真の新しい自由
  • +
  • 「いい写真」はどうすれば撮れるのか? ~プロが機材やテクニック以前に考えること
総額: ¥6,242
ポイントの合計: 189pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「写真で食べていく」道を志す、君たちに。

私は、ありったけの事を伝えたいと思います。
写真を売って暮らしていきたいと考える作品志向の強い人でも、
とにかく広告やタレントなどをたくさん撮っていきたいと考える
商業志向の強い人でも、歓迎です。

私は、夢だけを声高に語るつもりはありません。
厳しい現実をしっかりと提示したうえで、
それでも「写真で食べていく」ためにできること、可能性、戦略について、
全力で授業しようと思います。


【Contents】

はじめに

1時間目 「写真家」と「カメラマン」、どっちを目指す?
LESSON 1 何の写真で、食べていきたい?
LESSON 2 誰のために、写真を撮る?
LESSON 3 「写真家」で食べていくという現実
LESSON 4 「何でも撮ります! カメラマン」から、はじめよう
LESSON 5 セルフ・ブランディング│誰でも撮れる写真から、私なら撮れる写真へ
LESSON 6 「みんなが、クライアント」という発想

★INTERVIEW 1 市橋織江
★INTERVIEW 2 橋本 塁

2時間目 写真の仕事の現在
LESSON 1 フィルムからデジタルへ
LESSON 2 対「会社」の仕事
LESSON 3 対「個人」の仕事
COLUMN 対「個人」の仕事│カメラマンのリアル
LESSON 4 自分で写真の仕事を作り出そう

★INTERVIEW 3 菅付雅信
★INTERVIEW 4 内田浩太郎

3時間目「カメラマン」の仕事の流れ
LESSON 1 「カメラマン」の仕事とは?
LESSON 2 仕事の流れを知っておこう
LESSON 3 仕事に必要な機材の考え方
LESSON 4 データのバックアップについて
LESSON 5 プロフェッショナルの仕事とは?

★INTERVIEW 5 クロダミサト
★INTERVIEW 6 田島知華

4時間目 仕事を得るための営業の方法
LESSON 1 仕事は営業が、命!
LESSON 2 営業ツールを作ろう
LESSON 3 ポートフォリオの作り方
LESSON 4 名刺の作り方
LESSON 5 パンフレットの作り方
LESSON 6 ZINE・写真集・写真展のススメ
LESSON 7 ウェブサイトの作り方
COLUMN 「写真で食べていく」ための青山日記│営業ノート

★INTERVIEW 7 笠原徹

5時間目 「お金」について、真剣に考えよう
LESSON 1 ギャランティー(報酬)の考え方 LESSON 2 見積書を作成しよう LESSON 3 請求書を作成しよう LESSON 4 経理と確定申告について COLUMN 「写真で食べていく」ための青山日記—経理ノート
LESSON 5 二次使用料・収入のまとめ
LESSON 6 「著作権」と「肖像権」Q&A

★INTERVIEW 8 渡辺達生

6時間目 それでも「写真家」を目指したい君へ
LESSON 1 「写真家」で食べていくことが、どれだけ険しい道のりか
LESSON 2 アーティスト・ステートメント—生き様への共感
LESSON 3 あなたの写真を買ってもらうためには
LESSON 4 写真の値段は、どうやって付ける?
LESSON 5 小商いで稼ぐ
LESSON 6 …で、「写真家」と「カメラマン」、どっちを目指す?

★フリーなりたて座談会

著者について

青山裕企(あおやま・ゆうき)

1978年愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞受賞。
20歳、自転車日本縦断の旅の道中で写真を撮りはじめる。
24歳、世界二周の旅の道中で、写真家になる決意をする。
26歳、上京して、写真家としての活動をはじめる。
以降、『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』などの作品を発表する一方で、吉高由里子・指原莉乃・生駒里奈・オリエンタルラジオといった時代のアイコンとなる女優・アイドル・タレントの写真集の撮影を担当。数多くの著書を刊行している。


登録情報

  • ムック: 189ページ
  • 出版社: 玄光社 (2016/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476830771X
  • ISBN-13: 978-4768307717
  • 発売日: 2016/9/29
  • 梱包サイズ: 22.8 x 18 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 78,264位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック Amazonで購入
個人的に、この本を買ってよかったと思える点は特にカメラマンの仕事をしていく上で実務的なことを細かすぎる点までに及ばずに全体的に俯瞰的にまとめてある点。もっと撮影技術のことを知りたければ技術書とか必要になるとは思いますが。
例えば、撮影の際にカメラとか照明とかの機材を持ってくるのは必要、と素人でも想像がつくが、現場で汚れた場所を拭くための雑巾が必要になるとか、場所を決めるためのビニールテープを持ってくる、なんてやっぱり現場を経験しないと言えないんじゃないだろうか?そういう配慮も必要なのだな、という現場に即した話なんかは良かったです。他にも営業のかけ方、ギャラの交渉とか見積書の経理、著作権の話、大雑把ではあるけど全体の仕事の流れがわかるのは良かった。カメラマンに漠然とした憧れを持ってる若い人たちにも読んでいただきたい本だと思います。

ただ、違和感があったのは本文中に何度も出てくる「人の為に写真を撮るのが仕事で自分の為に写真を撮るのが作品作り」という主張であった。もっと細かいことを言うならP176にも「『作品』とは自分の為に撮るものでアートとか高尚なものではないのです。」という件もあったが、その辺にも違和感があった。(ただ、著者の青山氏が無謀な夢を持つ若者に夢を諦めさせる為に、こうした分類を行って、こういう主張をしている、という意図が元々あるなら、それはそ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
写真で食べていくためのノウハウがたっぷり詰まっています。
今までに何冊か写真+仕事をテーマにした本がありますが、この本は写真のスキル的な話ではなく、
写真家やカメラマンを目指す上での厳しい現状が触れられています。

特に”商品”を撮るカメラマンではなく、”作品”を撮る写真家を目指すなら読んでおきたい一冊でしょう。
なぜなら本書で定義する写真家として生計を立てられている人は日本国内にいるかいないか。それほど厳しい世界で
あることを思い知らされます。写真家はお金が出ていくばかりで、下手すると破産しかねません。

この本を読むことで”「本業(またはカメラマン)を持ちながら作品を撮る写真家として活動する」
もしくは「プロカメラマンとして仕事に取り組む」のどちらも良い生き方であることを実感できます。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
実務的なこと(実際的なこと)と思いというか信条として胸に秘めていくことの両方についてヒントがたくさんある本です。同じくらいいいのが市橋織江、橋本塁、菅付雅信、内田浩太郎、クロダミサト、田島知華、笠原徹、渡辺達生の各氏へのインタビューです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す