通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯付き。表紙などの外観は、中古のため、使用感や擦れ、ヨレ、キズがありますが全体的には良好です。ページは、良好な状態です。目立つ書き込みはありません。 ★付属品(帯・付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。また、特典コード類が付いている場合は中古の為、ご利用の保証はできません。 ■amazon専売品です。商品の保管、発送、カスタマーサービスはamazonが行います。amazon配送センターより迅速に発送されます。管理ラベルは剥がしやすいタイプを使用しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/18

5つ星のうち 3.9 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 949

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史
  • +
  • 「全世界史」講義 II近世・近現代編:教養に効く! 人類5000年史
  • +
  • 世界史の10人
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「教養の達人」のライフワーク、ついに登場!
文明の誕生から現代まで、人類5000年の歴史を一気読み。
複雑な歴史の流れが手に取るようにわかる、「教養の達人」渾身の名講義!

<本書の目次より>
まえがき
前史 人類が文字を発明するまで

<第1部 第一千年紀―第二千年紀>
1章 文字の誕生と最初の文明 (BC3000―BC2001)
2章 チャリオットによる軍事革命 (BC2000―BC1501)
3章 黄河文明の登場とBC1200年のカタストロフ (BC1500―1001)

<第2部 第三千年紀>
1章 世界帝国の時代 (BC1000―BC1)
2章 知の爆発の時代 (BC1000―BC1)

<第3部 第四千年紀>
1章 漢とローマ帝国から拓跋帝国とフランク王国へ (AD元年―500)
2章 一神教革命の成就 (501―700)
3章 ムハンマドなくしてシャルルマーニュなし (701―800)
4章 イスラムの大翻訳運動とヴァイキングの活躍 (801―900)
5章 唐宋革命とイスラム帝国の分裂 (901―1000)

<第4部 第五千年紀前半>
1章 ユーラシアの温暖化と商業の隆盛 (1001―1100)
2章 中世の春 (1101―1200)
3章 パクス・モンゴリア (1201―1300)
4章 寒冷化とペストの時代 (1301―1400)

(以下は「II近世・近現代編」の目次)
<第4部 第五千年紀前半>
5章 クアトロチェント(1401―1500)

<第5部 第五千年紀後半>
1章 アジアの四大帝国と宗教改革、そして新大陸の時代(1501―1600)
2章 アジアの四大帝国が極大化、ヨーロッパにはルイ14世が君臨(1601―1700)
3章 産業革命とフランス革命の世紀(1701―1800)
4章 ヨーロッパが初めて世界の覇権を握る(1801―1900)
5章 二つの世界大戦(1901―1945)
6章 冷戦の時代(1945―2000)

終章 どしゃ降りの雨で始まった第六千年紀

内容(「BOOK」データベースより)

「教養の達人」のライフワーク、ついに登場!文明が誕生してから現在までの歴史を一気読み。読めば世界がひとつに繋がる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103364726
  • ISBN-13: 978-4103364726
  • 発売日: 2016/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,941位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 古舘 健 トップ100レビュアー 投稿日 2016/8/10
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こんにちは、古舘健です。

小学生の頃「学習漫画 世界の伝記(集英社)」を読むのが好きでした。
世界を変えた人たちが、どんな子ども時代を過ごしたのか、どんな価値観と、どのように戦ったかを知るのが面白かったからです。しかし、学年が上がるにつれて、歴史の授業が退屈だと感じるようになりました。テストに向けた年号や人物の暗記に飽き飽きしてしまったからです。それからずっと歴史を敬遠していました。

社会人になると、海外のニュースや仕事を通して歴史に触れる機会が増えました。歴史をもう一度勉強したいと思い、本書を手に取りました。

本書は、20万年の人類史から5000年の歴史がまとめられた作品です(全世界史Ⅰ・Ⅱ)。
BC (before Christ) 3000年からAD (ラテン語Anno Domini、英語in the year our Lord) 1400年までが本書のⅠ古代・中世編です。

「あぁ、自分って何も知らなかったんだ」と愕然としました。同時に知らないことばかりでワクワクしました。以下の部分で新しい視点を得ることが出来ました。

「あれほど広い国で実際に政治を行う際に必要なのは法律ですから。しかし、法律で人民を支配するといわれても、ありがたみも何もない。そこで
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ライフネット生命CEOである出口治明氏による世界史。

人類に文明が発祥した約5000年前から、14世紀ころまでの歴史がコンパクトだけど詳細にまとめられている。おそらく出口氏の頭の中にあった知識の断片を集め、書籍化したらこういう作品になったのだろう。

自分はあまり歴史が得意ではないので、めまぐるしく変遷するヨーロッパやイスラムの王朝を理解するのがチョット大変だった。しかし11世紀の中国ですでに累進課税や独占禁止法など、現在に通じるような政策が行われていた事や、中世の頃は洗練されたイスラム諸国に比べ、キリスト教国の方が粗暴だったことなどなど、大変興味深い記述も多かった。

一度読んだだけでは理解できない部分も多かったが、歴史というタテ糸、世界というヨコ糸を的確に理解することが出来れば、いま世界中起こっている様々な問題についても、より深く知ることが可能なのだろうと思った、また近いうちに再読したい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
【脳内革命によってドメスティケーションが始まった】(1巻)
【白村江の戦勝によって日本を占領することになった唐の進駐軍が日本に律令制を布いた】(1巻)
【産業革命が起こったのはイギリスがインドを模倣したことが原因】(2巻)
というのが著者の教養が導き出した見解です。

≪五〇〇〇年史を書きたいと考えた理由のひとつは、二〇万年に及ぶ人類の歴史のなかで、
およそ五五〇〇-五〇〇〇年前からは文字資料が残っているからです。
絵や考古学的遺品をもとに考えるのは類推に陥りやすいですし、文字が伝える情報量はそれらと比べても圧倒的に多い。
そこには当時の人間が生きて考えた証拠があるわけで、
文字を基本にして歴史を考えるということは、それだけ意味が深いと思うのです≫(1頁)
と本書のコンセプトが「まえがき」の冒頭で宣言されています。

確かに文字は重要な要素で著者の言い分にも一理あるのですが、
むしろ文字資料で語られていることばかりに気をとられると事実を見誤ることになります。

人類史(世界史)を考察する際も同様です。
文字資料(文献資料)だけでなく考古学的資料からの検証も欠かすことはできません。

≪そもそも歴史に現れる
...続きを読む ›
6 コメント 235人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
自分は、本書を読んで初めて、世界史というものの大きなうねりを感じることができた。
まず何より、このことが一番だ。

疑問点もないではない。
孔子の評価はともかく、高度成長礼賛だというのは、よく分からない(『論語』にはそんなことは書いていない)。
全体に、即物的、功利的な世界観が強い(自然や死への畏怖が、宗教の動機にはあるはずだ)。

全体を五千年史とする構成をはじめ、優れた着想が随所にみられる。
ライターの小野田隆雄氏も、きわめて優秀だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す