¥ 4,860
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「元典章」が語ること がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「元典章」が語ること 単行本 – 2017/4/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/4/24
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 4,457

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

元朝期の民間で出版された官吏のマニュアルを模した法令集『元典章』は、モンゴル時代史や文化史、中国法制史を構築する上で極めて重要な史料でありながら、専門家の間でも難解とされてきた。中国文学研究者と東洋史研究者が協力して当時の翻訳体漢語文を解析し、時代状況や文化背景も含めて解説することで、征服王朝「元」の知られざる姿を明らかにする。

出版社からのコメント

広大な中国の統治に苦戦した元の四苦八苦ぶりと、言葉の壁を越えて行きわたる際に伝言ゲームのように変化してしまう様子、そのなかで当惑しながら強くたくましく人・モノの流通を維持し、暮らしを営んでいた民たちの姿が垣間見えます。モンゴル史、東洋史などの横断的歴史書としての価値と、史料解析における言語学的な価値、「ニセ薬の販売を禁じる」、「職名をもたない官が役所を牛耳ること」、「ヒツジの売り方」など史料の内容から垣間見える民俗学的な面白さが詰まった本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 大阪大学出版会 (2017/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872595890
  • ISBN-13: 978-4872595895
  • 発売日: 2017/4/24
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 247,582位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう