中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために 単行本 – 2005/8/9

5つ星のうち 3.8 53件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 800 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ロングセラー『やっぱり変だよ日本の営業』著者・宋文洲氏(ソフトブレーン株式会社会長)も、(株)武蔵野のノウハウを絶賛!
              
質の高い人材教育をするにはどうしたらいいか。社内のコミュニケーションを円滑にし、情報共有を実現するには、何から取り組むべきか。IT導入で効果を上げるためにはどういう準備をしておくべきか。社員に経営者意識を持たせ、自発的に業務に取り組ませるには何をすべきか。経営者であればだれでも一度は悩むであろうこうした課題に対して、著者はシンプルにこう答えます。
「仕組みをつくって解決しなさい」と。

質の高い人材教育ができる仕組み。コミュニケーションを円滑にする仕組み。ITが効果を上げる仕組み。社員の自発性を促す仕組み……。そういう「仕組み」をつくり、その「仕組み」に人材を張り付けること。それによって特定の社員の資質に依存しない経営が実現し、組織が強くなる。そうした仕組みが増えることによってシナジー効果が生まれ、「儲かる仕組み」ができあがる、と著者は説きます。自身が率いる(株)武蔵野が、この10年にわたって増収・増益を達成している事実が、仕組みによる経営の有効性を証明しています。

「田舎の中小企業でもここまでできた。仕組みをつくるのは決して難しいことではない」という著者。本書では、そんな仕組みづくりの具体的なノウハウを実例を交えて詳細に解説しています。この一冊で、あなたの会社は大きく変わります。

内容(「BOOK」データベースより)

10年にわたって増収・増益を達成し続けている(株)武蔵野。快進撃の秘訣は「仕組み」にあった!同社代表取締役・小山昇が仕組みづくりのノウハウをあますところなく公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2005/8/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309243525
  • ISBN-13: 978-4309243528
  • 発売日: 2005/8/9
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,545位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
よくあるビジネスモデル本かと思って購入。
いい意味で裏切られた。

中小企業の組織運営をどのようにするか、というのがテーマです。
儲かる仕組みとは、儲かるビジネスモデルではなく、儲かる組織を作ると言う意味なのです。

そして、儲かる組織とは、組織そのものが自己学習し、
・日々の業務の効率化、
・従業員の錬度向上、
・顧客満足の向上、
・トップや管理職の負担を軽減
・不正行為の早期発見
が実現する事により、長期的な収益性が改善し儲かるようになります、という事です。

ITの活用も述べられていますが、その適用例の一つに過ぎません。ITの活用は、ITインフラ整備だけではなく、IT導入による有効性を実利的に評価している事がとても印象的でした(ITに積極的な社長には無頓着な人が少なくない)。

一言で、素晴らしい本です。
筆者は自分や社員は落ちこぼれだと言っているが、ここまで読者を引き付けられる文を書ける人は社長でもそうそうはいないです。やはり只者ではない。
社長に求められるのは、「儲かる仕組み」を作るだけではなく、それを「伝える能力」もキーになりますよ、問う事を改めて実感させられる。

ただ、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
誰一人としてエリートのいない、平均以下の社長と社員でも誰でも出来る易しい事を時間を掛けると増収増益の凄い会社になる証明書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2006/1/4
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の自慢臭が鼻につかないといえば、

嘘になりますが、

これだけ工夫をしている中小企業も

少ないと思います。

自社の手の内をオープンに出来る

凄みを感じました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
儲けるには「社長のコピーを何人つくれるか」が大事!
本書では、「社員のだれがやっても同じ成果が出せる」仕組みを
作り上げるための方向性を紹介しています。

仕組み構築には、標準化・マニュアル化が必須です。このため、
「強制」と「失敗体験」が必要とのこと。

「強制」の例は、量をこなすことと人事異動です。量をこなすこ
とで作業を繰り返し行うので改善のネタに気づくでしょうし、人
事異動でマニュアル化などの形式知化が促されるでしょう。

「失敗体験」は、モチベーションが自ら気づいたときに上がるこ
とから必要とされています。そして、失敗体験や「面倒だと思う
こと」から、仕事の仕組みそのものを改善できます。

この仕組み構築においては、人材育成のミッションは、ずばり
「社長のコピーを何人つくれるか」となります。社員のだれが
やっても社長と同じように成果を出せる仕組みを作れれば良い、
と。

一連の業務改善は、「強制」や「失敗体験」、価値観の共有など
熱く強い気持ちがいるプロセスばかり。実践を思うとうんざり?
ただ、著者が経営指導した結果を実録した本でちらほらあります
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 2度読みました。なかなか良い本です。

 経営者、幹部は日夜勉強し、つまり他社から学ばなければ
―アイデアを盗んでいかなければ―世の中の変化に対応できないことがわかります。

 会社をよくしていくアイデアを、全て著者が考えたわけでなく、
すべて他の企業から頂いたかもしれないが、それを自分の会社に採用し改良して、
自社のシステムにしていく。大切なことです。正しいことだと思います。

 優れた経営者、実績を上げている幹部はみんなやっていることです。

 もうかる仕組み、永続する仕組み
 それをやるかやらないかです。

 中小企業経営者、幹部お薦めの本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/12
形式: 単行本 Amazonで購入
まだまだ小さな会社でしたが、この本を読んで経営のノウハウがいっぱいでびっくりです。
人まねでなく独自のことをしようと考えたり、こうでないといけないという固定概念に固まっていたような気がします。
小山社長の真似は最高の創造であるという言葉が印象的です。
でもこの本は中小企業の社長、幹部社員は絶対読んだほうがいい。
やはり中小企業は、大企業の方の本もいいかもしれませんが、現実に苦労して経営している人の本ですね。
久々に実践できるいい本に出会いました。感謝です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー