中古品
¥ 5
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「人工冬眠」への挑戦―「命の一時停止」の医学応用 (ブルーバックス) 新書 – 2009/4/21

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 4
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人類の夢「不老不死」は実現できるか? 脳出血や心筋梗塞に倒れても、即座に冬眠状態にすればダメージを最小限に止められる。人工冬眠によって不老不死も可能になる。夢の医療技術の最先端を見る。


登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062576341
  • ISBN-13: 978-4062576345
  • 発売日: 2009/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 583,207位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
偶然冬眠状態になったことで、
生存した遭難者の話題から、
哺乳類の冬眠の話へと展開し、
人工冬眠の可能性を述べています。

最後に、硫化水素を利用した
人工冬眠技術が紹介されています。

必ずできると信じて研究している
著者のような人がいる限り、
きっといつかできると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2009/6/19
形式: 新書
人工冬眠。ワープ航法と並んでSFではメジャーな技術です。この人工冬眠を語る本書は、愉快な実例がたくさん。

本書では、冬眠する哺乳類の代表例として、リスと熊が挙げられています。

私は、リスは冬の間、ずーっと冬眠しているものだと思っていました。ところが、冬眠中のリスは、2週間おきに20時間だけ体温を戻して活性化するとのこと。一見すると、この行為は無駄のように思えます。体温を上げる・下げるという行為自体がエネルギーを使うのですから。「なぜ、そんな無駄なことをするのか」本書によれば、「寝不足にならないため」なのです。冬眠と睡眠は全く異なる行為ですので、冬眠したままだと寝不足になってしまう。それを回避するために、2週間おきに20時間体温を戻すのだと。そして、冬眠をするために蓄えられたエネルギーの9割が、この作業に費やされているのです。

もうひとつは、熊の事例。熊は蓄えた用いて冬眠するのですが、冬眠中で1日に使うエネルギー量は4000kcal。これだけのエネルギーをひたすら放出していたのでは無駄が多いので、エネルギーやタンパク質・カルシウムをリサイクルしながら冬眠を続けるそうです。睡眠・冬眠・代謝。いずれも実に不思議なものだと実感させられます。

人工冬眠研究の専門家である著者は、本書の末尾で「人工冬眠は必ず
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人工冬眠、という大目標に向かっていろいろな生物科学的・医学的な現象を分析してる
遠い夢とかSFとかいうのではなく(作中ではSFも一例として引用されるが)
個々の現象を分析してどう医学の発展に寄与できるか、という論点なんだよな
だから麻酔とかそういうところの関連とかも興味深い
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
もともとは日経サイエンスの書評に載っていた物です。
リスは冬眠中に起き出して、普通に寝た後、また冬眠するとか、
なぜ熊が冬眠中に出産するのかは不明とか、
まだまだわかっていないことが多い、しかもそれぞれ別々ということで非常に勉強になります。
わかってないことが多いので、少し生煮え感がありますが、おすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す