中古品
¥ 44
+ ¥ 257 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙に目だつキズなく、中身は折れ・書き込み・線引き等なく非常にキレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「主権者」は誰か――原発事故から考える (岩波ブックレット) 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/13

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/4/13
¥ 2,993 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

福島原発事故後、市民に伝えられるべき情報の多くが隠され、誤った説明が繰り返され、国民不在の場で様々な基準が決められていった。なぜ、これほどまでに「主権者」である国民がないがしろにされたのか。政治家、官僚、メディア、専門家、そして東電などによる事故後の対応を振り返りながら、その構造的問題点を指摘する。

内容(「BOOK」データベースより)

原発事故後、多くの情報が隠され、国民不在の場で、さまざまな対応策・基準が決められた。なぜ「主権者」である国民が、これほどないがしろにされたのか。政府や東電などの対応を振り返り、その構造的問題を明らかにし、改善策を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 54ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2012/4/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4002708306
  • ISBN-13: 978-4002708300
  • 発売日: 2012/4/13
  • 梱包サイズ: 20.6 x 14.4 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 583,656位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2012年7月22日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年6月3日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年2月16日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月18日
ベスト500レビュアー
2012年4月29日
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年4月22日
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年10月8日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年7月25日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告