この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「上海東亜同文書院」風雲録―日中共存を追い続けた5000人のエリートたち (文芸シリーズ) 単行本 – 2001/6

5つ星のうち 4.6 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 301
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

上海に置き忘れた日本人の足跡。100年前の「東亜同文書院」の軌跡。

戦前、中国・上海に一高などナンバースクールとほぼ同じレベルの学校があった。「日中の共存共栄を図るべき、中国ビジネスのエキスパート育成が狙いだった。しかし戦争それらをすべて飲み込んでしまった。

内容(「BOOK」データベースより)

1901年、中国・上海に中国ビジネスのエキスパートを養成する学校が設立された。「日中共存共栄」を教育理念とするも、時代は日清戦争勝利からまったく逆の方向へと進み始めていた…。文化創設の先輩国として尊敬の対象だった中国人のことを日本人は「ウドの大木」と見下した言い方をするようになる。以降敗戦まで、理想と現実と闘いながら東亜同文書院の歴史は半世紀で幕を閉じた。だが―、卒業生たちは世間からスパイ学校、帝国主義・日本の手先との理不尽な偏見を受けながらも、けっして声高に反論せず、行動によって、その「証」を残そうとした。本書は百年の歳月を経て現代でも生き続ける日中共存の英知を発掘した彼らの足跡を追った渾身のノンフィクションである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 323ページ
  • 出版社: 角川書店 (2001/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048836684
  • ISBN-13: 978-4048836685
  • 発売日: 2001/06
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 460,483位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2018年3月6日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年6月11日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年1月27日
形式: 単行本|Amazonで購入
2014年1月25日
形式: 単行本|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー
2016年4月11日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年8月9日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告