この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「万博」発明発見50の物語 単行本 – 2004/12

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 977
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

荒俣宏氏が「へぇへぇへぇ!!万博トリビアの決定版!フランスワインも高級ブランドもウクレレもサックスも、みんな万博を通じて大流行したって、知ってた?」
万博はすでに150年以上の歴史がありながら、その実態はあまり知られていない。実は、私たちの現在の生活には、万博がきっかけとなって広まったものや有名になった人、万博がきっかけとなって始まったイベントなど、さまざまな「万博に由来するもの」が満ちあふれている。意外なものが実は万博から世に出たものであったりするのである。小難しい歴史論やイベント論はこの際ちょっと横において、あの人も万博に関係していたのか、これも万博から生まれたのか、と少しでも万博に関する新たな発見をしていただき、万博がこの150年余りにわたって私たち人類に与えた影響力の大きさを感じていただければ幸いである。——<「はじめに」より抜粋>
●最初の万博会場誕生「クリスタル・パレス」
●オリンピックも金メダルも万博が産みの親?
●万博を仕切る謎の組織「BIE」とは
●夜を昼に変えた男、エディソン
●「自由の女神」も万博で資金集め
●エッフェルの「世界一高い」野望
●ポルシェ、バッキーの「エコ・カー」とは?
●万博の花形「自動車」3大メーカーの競演
●近代建築の巨匠ル・コルビュジエと「アトミウム」
●米ソ宇宙戦争と万博

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久島/伸昭
1959年、宮崎県に生まれる。1982年、東京大学文学部を卒業。同年、電通に入社。1988年、米国スタンフォード大学経営学部大学院スローン・プログラムを修了。1998年に電通2005年日本国際博覧会室研究開発部専任部長となる。その後、同室企画開発部長等を経て、2005年日本国際博覧会営業室営業部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062126982
  • ISBN-13: 978-4062126984
  • 発売日: 2004/12
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,091,238位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2004年12月31日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。複合機 fax