通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 永成花書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯付(微キズ有)です。表紙カバーに微キズ、使用感、背にヤケがあります。ページ部分は使用感がありますが、書き込み等なく、ご使用頂く上では問題ございません。■絶版・希少品の為、プレミアム価格となる場合がございます。予め御了承下さい。■付属品・特典等について明記がない場合は、付属しておりません。■カバーデザインがAmazon画像と異なる場合があります。■クリスタルパック又はプチプチ梱包にて丁寧にお届けします。■ご注文後48時間以内にクロネコDM便又はゆうメールにて埼玉県から発送致します。■領収書が必要な場合はご注文時にお知らせ下さい。■弊店からお客様へのご連絡は商品発送メールのみになります。注文確認メールはお送りしておりませんので、アマゾンからの配信メールをご利用下さい。■公安委員会より古物商許可証を取得しております。■部屋番号不明による返品が多発しております。ご注文時にはお届け先情報をご確認頂きます様お願い申し上げます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱 単行本 – 2011/6/7

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 599
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱
  • +
  • 戦略思考トレーニング (日経文庫)
総額: ¥2,408
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

コミック『ワンピース』は現代の20代に大きな影響を与えた。彼ら「ワンピース世代」とは、自由と仲間を最重視する”ヨコ社会”に生きる。一方、彼らの上司世代で、青年期に『ガンダム』に強く感化された現代の40代は、会社に滅私奉公することを余儀なくされ”タテ社会”から逃れられない。全く異なる二つの世代が共存する社会、企業にはどんな問題があるのか? その解決策とは? 気鋭の著者が説く。

内容(「BOOK」データベースより)

自由と仲間が最重要な、『ONE PIECE』世代の20代。理不尽な組織から逃れられない、『機動戦士ガンダム』世代の40代。二つの世代の対立と解決策を説く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2011/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 402330946X
  • ISBN-13: 978-4023309463
  • 発売日: 2011/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
紋切り調というかステレオタイプで書かれていて違和感をちょっと感じる。HI/LOWみたいな劇的なギャップはないはずで環境によりもっとアナログ変化だと思うが、でも視点は面白かった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 naichi 投稿日 2011/6/8
形式: 単行本
子供時代に戻って、何か一つ自分にアドバイス出来るとしたら、かなりの確率で「ガンダムを見とけよ」とアドバイスすると思う。なぜ見なかったのか記憶が定かではないが、ガンダムを見ていなかったせいで、話題についていけなかったという経験を、これまでに何度となく経験している。それがプライベートな場だけならまだしも、時折り、打ち合わせの場などでも出てくる。子供のころに、公文式などやっている場合ではなかったのだ。

一方で会社に入ってしばらく経ってから、『ONE PIECE』なるものの存在を知る。こちらは二巻か三巻くらいまでは読んだ記憶があるのだが、ゴムゴムの実を食べたところあたりで挫折。この漫画を読むには、あまりにも心が汚れてしまったらしい。

そんな自分にとって、本書の登場は福音であった。双方の漫画のことのみならず、その読者層の世代としての特徴も書かれている。ガンダム世代にも、ワンピース世代にも、はたまた狭間の世代にとっても、膝を打つような記述が多いのではないだろうか。

◆本書の目次
第一章 ワンピース世代論、ガンダム世代論
第二章 『ONE PIECE』とワンピース世代
第三章 ガンダム世代にとってなぜワンピース世代の若者は理解しにくいのか
第四章 『機動戦士ガンダム』とガンダム世代
...続きを読む ›
2 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書のベースは「あ、そう、あるある」と実感できる、優れた洞察に基づく「世代論」である。「組織は理不尽なものと理解しつつも、そこに所属することをよしとしている世代(1960〜69年生まれの「ガンダム世代」)と、「組織への所属よりも仲間への所属をよしとしている世代(1978〜88年生まれの「ワンピース世代」)との間の、前提とする価値観が異なるゆえコミュニケーション・ギャップが描かれている。そういう意味では、私も「ガンダム世代」なんだなぁ。私自身は、実はあまり「ガンダム」好きじゃなかったんだけど。
 特に「ガンダム世代」の中で、自らが無自覚に身につけてきた「組織の矛盾を受け容れる」「表面的に正しいことに一旦従う」「口に出せない心を感じ取ってもらうことを相手に期待する」といった価値観のいずれかに思い当たる方は、これを機に、 自ら「ガンダム世代」である著者の易しくて優しい案内に委ねながら、このコミュニケーション・ギャップが生まれるメカニズムを理解されるとよいだろう。

 ところで、本書は「『ガンダム世代』のための易しくて優しい案内」で終わらない。この二つの世代がコミュニケーションをこのまま成立できないことによって陥るかもしれない日本のリスク、すなわち「貧困の再分配」がもたらす「世代間闘争」のシナリオプランニングこそが、本書の質が高く、面白く、それゆえとても怖い
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ワンピースとガンダムという象徴的なアニメを対立軸とし、両作品と世代を比較していく観点は面白かった。が、思ったより両作品とその世代の結びつきがどう影響を受けたかが曖昧だった気がする。両作品とも好きな人間としては作品と世代を深く掘っていって欲しかったが最初の2,3割だけで残りの7、8割は両アニメと関係ない経済批評などで占められていたのが残念。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本が出版された(正確を記すとWeb媒体向けに元の論考を執筆した)時点での40歳代をガンダム世代
20歳代をワンピース世代と(分かりやすくするために)括って、両者の間にあるいろいろな差に迫った一冊。

 ざっくり書くと…ガンダム世代は組織優先、ワンピース世代は個人優先…と。まあ、ここら辺は硬軟含め
既に類書があるので…ただ、分かりやすいキャッチーなタイトルを付けた点でこの本は一歩前に出ました。

 前半は世代差による考え方の違いと、コミュニケーションギャップについて。後半は既得権側=中間層に
いる(方が多い)ガンダム世代と、非既得権益=どちらかと言えば下層(皆が皆ではないが、事実、低収入
層が多いのは各種統計で明らかだ)にいる若者=ワンピース世代の経済差について、仮想シナリオを含め
述べています。

 個人的には40代も既に本書が述べるワンピース世代と或る意味同じだと感じています。少なくとも公の
ルールより、自分ルールを優先させるところや、ここで述べている程、組織人でもないです。
(あくまでも自分の経験上の話)

 世代間の差について、とっつきやすい一冊だとは思いますが、類書を読んだことのある人が手を出す
必要はない、そ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック