この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「レジ袋」の環境経済政策―ヨーロッパや韓国、日本のレジ袋削減の試み 単行本 – 2006/7/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 38,251 ¥ 1,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

本書では、日本人ひとり当たりのレジ袋使用量は一年間に約三五〇枚と試算していま
す。この大量のレジ袋が使用後はゴミとして排出されるわけですが、焼却処分すると
ダイオキシンが発生し、埋め立て処分してもいつまでも腐らず残り続けるばかりか、
軽いために飛散しやすく、海や河川を汚染するなどの問題を引き起こしています。
 そこでいま、このレジ袋の使用を規制するための取りくみが検討されています。
この本はレジ袋を規制するための法制度、レジ袋有料化についての内外の取りくみと
その成果を実態調査にもとづいて紹介・分析し、そのあり方を提言したものです。

内容(「BOOK」データベースより)

レジ袋の有料化が2007年春から実施されます。あなたはレジ袋がいくらだったら買い物袋を持参しますか?また、いくらだったらレジ袋は減るでしょうか。レジ袋研究を始めて17年の著者が、ヨーロッパや韓国、日本国内の事例を調査・分析し、レジ袋を中心とした使い捨て容器包装の問題点とその規制策を論述する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: リサイクル文化社 (2006/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434079093
  • ISBN-13: 978-4434079092
  • 発売日: 2006/7/1
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.7 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 503,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2006年11月10日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年10月9日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告