この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「メイド・イン・ジャパン」で勝つ経営 (日本語) 単行本 – 2002/6/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   独自の技術力で世界レベルの成功を収めている製造業5社のレポートをまとめた書。安価で品質の良い海外製品の流入で、日本の製造業の今後に対する悲観的な見方も広がっているが、著者はそうした議論を一蹴して、「メイド・イン・ジャパン」が勝ち残る道はいくらでも残されていると力説している。

   その企業は、模型のトップブランドのタミヤ、「さびないネジ」で世界随一の技術力を誇る竹中製作所、ニットの編み機で業界に革新を巻き起こした島精機製作所、伝統の藍染め技術でデニム市場を席巻するカイハラ、金型・プレス技術でハイテク産業を支える岡野工業の5社。各社のモノづくりに徹する姿勢が感じられる内容となっており、プラスチックモデルのわずかなイメージを修整するために発売日を延期して大金をつぎ込むタミヤや、ハイテク製品の開発を「金型職人の研ぎ澄まされた勘や経験」で可能にする岡野工業の例など、圧倒されるエピソードが多い。また、竹中製作所の高付加価値戦略や経営革新、島精機製作所の「知的集約型産業」への転換、カイハラの生産設備の内製化による差別化など、各社の戦略も描かれており、世界のマーケットで勝ち残れる理由を知ることができる。

   著者は「競争条件が変わってしまったのなら、新しい経営環境にいかに適応していくか、それを考え抜いていくことが企業経営というものだ」「過去のビジネスモデルが通用しなくなったら、ビジネスモデルを変えるよりほかない。ビジネスモデルの大転換をはかるか、それとも廃業するか。それだけのことだ」と指摘する。製造業に限らず、あらゆるビジネスに通じる要諦を本書は教えてくれる。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)

業績の伸び悩みを経営環境のせいにせず、マスコミの論調にも惑わされることなく、果敢な挑戦で“逆風”をはねかえす―。大企業と互角以上に渡り合うモノづくり中小企業奮戦記。

登録情報

  • 出版社 : PHP研究所 (2002/6/1)
  • 発売日 : 2002/6/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 177ページ
  • ISBN-10 : 4569621619
  • ISBN-13 : 978-4569621616
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入り
2003年3月24日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告