通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「マヤの叡智」の常識 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに微スレヨレ等がありますが、書き込み折れなく、全体的におおむね良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「マヤの叡智」の常識 ハードカバー – 2011/9/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー, 2011/9/11
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 890

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 「マヤの叡智」の常識
  • +
  • 初詣の願いを祈りに
総額: ¥5,297
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

この本の出版の目的は、それは、日本で、「2012年」が、「マヤ」が、「マヤの真の時間の叡智」が伝わっていないからです。
マヤの叡智について、伝える必要があるからです。

2012年は、
あなたの進化のための日付です。

ということを、強く、具体的に伝えるために、どうするのが最適なのかを考えました。
1987年の『マヤン・ファクター』を書いたホゼの意思と
2011年の『コズミック・ダイアリー2012』を書いた著者、
メッセンジャーと一人の日本人とのダイアログ。対話の形をとりました。

『マヤン・ファクター新版』の序文で、ホゼ・アグエイアス博士が、語った目的。
それは、「考え方のシステム(思想体系)としてのカレンダー。
そして、そのマヤのカレンダーの考え方のシステムを適用して導き出された、マヤの預言。
銀河文明と宇宙意識をともなった「新しい太陽の時代」の始まり」。・・・2012年という境界を越えて2013年に入ったあとの、私たちの意識の変化と、変化した私たちの状況について、ヴィジョンに満ちた展望」を伝えたいというホゼの意思。
1998年から「コズミック・ダイアリー」という形で、日本人にマヤの叡智への通路をつくってきた意識。
その共振の世界の中で、「マヤの叡智」が伝わっていくという想定が、ひとつのコミュニケーションの方法だと考えたからです。

「ホゼ・アグエイアス2008年ヌースフィアレクチャー」より
まず、200年から2004年という期間において人類は決定的なダメージ、自分たちの社会の崩壊というものを体験し、そして、2004年から2008年にかけてこの大きなダメージから回復して立ち直ろうと人類が動いていく事が起こります。
2011年から2012年になっていくその時に、私たちは本当に、今自分たちのシステムと思っているものは、もう古い捨て去るべきものであり、そこから変わっていかなければならないということを身に染みて体験するようになります。
そして、銀河のマヤの時間の科学からもたらされた、時間の法則というものがあるわけですが、この中で、2012年12月21日が生物圏から精神権へ移行するという本当の折り返し地点になるだろうと言われています。
そして、2000年から2013年までの、次の13年間において人類というものが急速にある種の衰退の道をたどっていくということが運命づけられていました。
この最後の13年間のある種の衰退というものは、実は12:60で表わされる人工的な時間の周波数の影響の中から、ゆっくりと私たちが脱出していくためにおこってくる現象なのです。
この12:60の周波数から少しずつ離れていくということと同時に、13:20の永遠の時間の周波数と同調するということが再び行われるということが同時進行で発生するわけです。

著者について

柳瀬 宏秀(やなせひろひで)
環境意識コミュニケーション研究所代表。、
1997年に「13の月の暦」の普及についてホゼ・アグエイアス博士より相談を受け、「コズミック・ダイアリー」を企画、、
14年間執筆している。
7年前から、「コズミック・ダイアリー・セミナー」を全国で始め、コズミック・ダイアリー公式講師も150人以上養成したが、その活動を「無」にした直後に、東日本大震災。ホゼが旅立つ。、

2005年の3月2日、特別な日に、ホゼ・アグエイアス博士とパレンケの碑銘の神殿の中に入り、パカル・ヴォタンの墓の石室に降りる。
2007年11月には、「カレンダーと環境」について故河合隼雄文化庁長官と対談を行う。

日本でのホゼ・アグエイアス博士の唯一の代理人。

新たに「マヤの叡智」を叡智として伝えるために講座「マヤの叡智」をはじめ、20の講座を用意する。

1995年(震災49日目)、歌舞伎とクラシックによる震災チャリティーコンサート。
1999年「時間をはずした日の祭り」を呼びかけ、その呼びかけに共感した多くのアーチスト達が、毎年、7月25日(時間をはずした日)に、地球の様々な場所で祭りを生み出している。
2002年から、満月ごとに17回連続、「京都、満月祭り」「満月の十三祭り」を企画プロデュースする。
その間、「日本文化の心に触れる会(旧新月の会)」を主宰。日本文化の担い手の方々とセルリアンタワーの能楽堂で連続して対談する。

「環境意識」「月」「コミュニケーション」「マヤの叡智」をテーマに、コンサルタントやセミナー、研修、講演なども行っている。

昨年より「初詣の 願いを 祈りに」をテーマに連続して講演を行い、進化をテーマに、祈りのくにづくりを提唱する。


登録情報

  • ハードカバー: 372ページ
  • 出版社: 環境意識コミュニケーション研究所; 初版 (2011/9/11)
  • ISBN-10: 4904564170
  • ISBN-13: 978-4904564172
  • 発売日: 2011/9/11
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう