数量:1
「マザーウォーター」 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 Seven Music
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ブックレット付です。■盤面は中古品として良好の状態です。■Amazon倉庫より迅速に発送いたします。代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。返品・交換の際はAmazonカスタマーサービスまでご連絡ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,800
通常配送無料 詳細
発売元: Good!!セレクト本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

「マザーウォーター」 [DVD]

5つ星のうち 3.6 52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,010 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,174 (23%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 4,010より 中古品の出品:11¥ 2,400より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 「マザーウォーター」 [DVD]
  • +
  • かもめ食堂 [DVD]
  • +
  • めがね(3枚組) [DVD]
総額: ¥11,445
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小林 聡美, 小泉 今日子, 加瀬 亮, 市川 実日子, 永山 絢斗
  • 監督: 松本佳奈
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2011/05/11
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 52件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004JKNRES
  • EAN: 4988021135740
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 12,162位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。
「マザーウォーター」DVD & Blu-ray  2011年4月6日発売

◆仕様◆
  2枚組(本編ディスク+特典ディスク)
本編105分+特典映像約94分
片面1層/カラー/16:9/LB/ビスタサイズ/ドルビーデジタル2.0ch/日本語字幕付(本編のみ)
★ジャケット:さかざきちはるによる描き下ろしイラスト
★特典映像:
・直太郎くん撮影シーン&料理レシピ
・ミツケンの部屋
・イチカワの京都散歩
・きき水
初回封入特典:「マザーウォーター」シナリオ

◆キャスト◆
小林聡美
小泉 今日子
加瀬 亮
市川 実日子
永山絢斗
光石 研
もたい まさこ

田熊直太郎
伽奈

◆スタッフ◆
監督:松本佳奈
脚本:白木朋子 たかのいちこ
音楽:金子隆博
マコトの子守歌「眠れない子守唄(おなじ話)」(ハンバートハンバート)
オリジナルサウンドトラック:バップ
製作:パセリ商会
(日本テレビ バップ シャシャ・コーポレイション パラダイス・カフェスールキートス 博報堂DYメディアパートナーズ 読売テレビ D.N.ドリームパートナーズ)
制作プロダクション:パラダイス・カフェ
配給・宣伝:スールキートス

◆STORY◆
健気に自分の素を見つめながら暮らして行く、そんな日々の描写以外、物語のない物語。
誰もが生きている、現実の世界、その隣り合わせにあるかもしれない、そんな物語。
心で心を感じながら不器用に生きている、だからこそストレートに、何かを感じさせてくれる登場人物たち。
ドコにいて、ダレといて、ナニをするのか、そして私たちは、ドコに行くのか・・・
今一番だいじなことはナンなのか。
の思いが静かに強く、今、京都の川から流れ始めます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

京都で暮らす3人の女性の姿を綴ったハートフルドラマ。ウイスキーしか置かないバーを営むセツコ、コーヒー店を営むタカコ、水から湧き出たような豆腐を作るハツミの姿を通して、不器用ながらも健気に暮らす人々を綴る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

「かもめ食堂」「めがね」のようなストーリー性が薄く、
セリフの少ない映画は好きだけれど、この映画はちょっと
度が超えているかも。

それぞれの人物背景がまったく見えないせいか、もたいさんや
聡美さんが演じる役柄がやけに居丈高に思え、逆に男性キャラは
従順すぎるか、普通すぎるように思えます。
対照的に小泉今日子さんの、優しく可愛らしすぎる声の
「いらっしゃいませ〜」が浮いて聞こえる・・・。
セリフもどこかで聞いたような言葉が多くて、登場人物の存在意味も
あまり感じられず。

聡美さんのお店は、引越し直後のガランとした古い家を想像させ、
シンプルを通り越して寒々とした印象、対してもたいさんの住まいは、
なんだか今風で明るく「おばあちゃん」っぽい彼女とのイメージが・・・。

これならいっそ、自然の音と作品内で使われたBGMと映像だけの
イメージ映画にした方が、まだ心に響いた気がします。

それぞれの人が「自分にとって大切なこと、物」に気づいて選んで
実行し、守ってゆく。そんな生活を楽しむ。それに飽きたら前に進む。

と、言いたいのかも知れませんが、メニューのないカフェ、ウ
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「かもめ食堂」から、一連の作品は拝見してます。いつものごとくキャスティングは素晴らしく、雰囲気も悪く無いんですが…何と言うか、“あまり響いて来なかった”感じです。一連の作品では初めての感覚で、しっくり来ませんでした。大好きな役者さんばかりなので、劇場に足を運んだことを後悔してはいないのですが。本作が初めてという方は、「かもめ食堂」や「めがね」等もご覧になってみて下さい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
薄々気づいてはいましたが
『プール』に引き続き
荻上監督ではない監督に『荻上風』を求めるのは酷なことかと。
私個人の意見なので、本当のところはわかりませんが
パラダイスカフェの方々は、『かもめ食堂』的、映画を求めすぎて
もう客観的に視聴者目線で観れていないのでは?と疑ってしまいます。

正直、『マザーウォーター』からは何ひとつ伝わってこないです。
むしろ演者の言葉ひとつひとつに何か意味があるのでは?と勘ぐり過ぎて疲れてしまう。
とゆうおかしな現象を私は引き起こしてしまいました。
きっと意味などもうないのでしょう。
キレイな京都の風景。でもさほど京都らしさは感じれず。
それだけ観て現代社会から癒されよう!!トリップしよう!!それがこの映画のテーマなんでは?
相変わらず出てくる食べ物は美味しそうなのに本当に残念。
演者もみなさん好きですよ。
でも本当にムリ。
このまま付き進めば、小林聡美さんすきだったのにだんだん上から目線でわけのわからんことを言うただの変なおばさんに見えてきちゃう。
パラダイスカフェの方々、次回作は(東京オアシス)もう無理だと思いますが
今後は改善を〜心より願ってます。
サントラはすき
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「かもめ食堂」「めがね」「トイレット」好きです。小林聡美さん、とても好きです。もたいさんも、市川実日子さんも。でもこの映画はいただけない。理由を考えたのですがまず脚本がどうも。「〜がいい」という台詞が変に多い。ある種のスタイル(雰囲気)を押し出そうとしているのだろうけれども、直接言葉で連発されても押し付けがましくて共感できません。それは言葉にしてはいけないのでは。すかした台詞(日常絶対にこんな会話しないと思うような)も上滑りなだけ。2つめ。荻上監督の持つ、話は奇想天外でも一番底のところで地面に足がついているような感じがこの映画には全然ない。確かに働いている姿は出ているのですが、実際に「生活している」感じがなくて、コーヒー飲んだりお酒を飲む場面がばかりが目立つ。ある種のライフスタイルマガジンの特集を映画にしてしまった感じ。それなのにディテールも残念。もたいさんの住む部屋の変な雲形テーブルは一体何?「一人暮らし始めました」みたいな若い人が好きそう(ごめんなさい)なチープなテーブルというのもなあ。せめてディテールをもう少し丁寧にすればいいのになんだか安っぽい。
 もたいさんの揚げた空豆入りのかき揚げはおいしそうでしたが、途中で嫌になってしまいました。とても残念でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック