通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あな... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 天国堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★2011年初版第3刷★天に薄いやけ、中は若干極微小のおれがありますが、書き込みはなく概ね良好です。★Amazon専用在庫です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか 大型本 – 2010/4/10

5つ星のうち 4.4 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,462
¥ 2,462 ¥ 1,393

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか
  • +
  • Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
総額: ¥7,830
ポイントの合計: 237pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『なぜ,あなたはJavaでオブジェクト指向開発できないのか』の著者である小森
裕介氏の新刊です。Webアプリケーションの開発方法を,インターネットの仕組み
の根本原理から,じっくり解説します。Webアプリケーションとは何か?――という
根本的な問いかけから始まり,基礎の基礎をかためつつ,本物の実力を養成する
ことを目標に内容を構成しています。これにより一貫した流れでWebアプリケー
ション開発の真髄を学ぶことができます。図解をたくさん用意しましたので,こ
れで直感的に楽しく理解も進むようになっています。

内容(「BOOK」データベースより)

Webアプリケーション開発の「基礎の基礎」をしっかり学べる入門書。通信技術とソフトウェア開発技術の両面から、Webシステムのしくみをひとつひとつ確実に解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 288ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2010/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774142352
  • ISBN-13: 978-4774142357
  • 発売日: 2010/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 23.6 x 18.7 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
最近のプログラマ、システムエンジニアは社会に出る前から携帯やPCに慣れ親しんでおり空気のようにWebを駆使しているかと思います。
しかし、その Web 技術の根底にある基礎的な知識や仕組みがよく分からないまま「これはそういうもの」「これはおまじない」といった形で詳細には目をつぶって Web システム開発に当たっている方も多いのではないでしょうか。
そういった基礎知識がなくてもサーブレットやWebアプリケーションフレームワーク、データベースやSQLなどの知識があれば Web システム開発は行えますが、この本で詳しく説明されている「Webとは何か」を理解出来ていないといざというとき大きな壁にぶつかって開発やトラブルシューティングが困難になってしまいます。
この本を通して読むことでなぜ Web アプリケーションフレームワークを使うのか、どういうときにセキュリティ上の欠陥が発生するのか「勘どころ」がつくようになりそうです。
言語としては主に PHP と Java が出てきますが、全体の構成としては言語に依存しない内容となっています。
特に 7章の「セキュリティを確保するための仕組み」は全ての Web 開発者が把握しておくべき大事なことが書かれています!
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
一般物流会社にてシステム開発のまねごとをしています。

普段はレビューをしないのですが、いい書籍なので紹介したくペンをとりました。

この本の特徴は、WEBアプリケーションを構築する上で知っておくと便利な項目
(HTTPやHTMLに始まり、クッキー、セッション、フレームワークなどなど)について、
その技術が登場するにいたった技術的な課題を述べた上で、それをどのように
解決したのかを述べていることです。

この本を通読すると、WEBアプリの世界が、どのような課題を抱え、どのように
解決してきたのかが明快になります。

以前、パソコンスクールにて、WEBアプリの参加研修に参加したことがありますが、
その時は、セッションやクッキーなどの言葉を知らずに参加したため
参加前にこの本をがあればと悔やまれます。

これからWEBアプリの世界に入られる方におすすめです。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ちょっと大層な枕詞と副題がついているが、Webアプリ開発のための入門書。
基本的な知識を広く浅く、ちょっとJavaの方面に深入りする部分もあったが自分の扱う環境に置き換えながら、必要な概念を学ぶには良書ではないかと。

Webアプリケーションの裏側で何が行われているのか、フリーソフトと簡単なサイトを使って、実際に動かして目で見ながら学べる点は◯。
Webアプリの挙動を理解した上で、それに見合った設計の仕方、一般的な脆弱性とセキュリティについて、それなりに分かりやすく書かれている。

Web開発素人の自分としては、基本的な部分を体系的に触れられた点かなり良かったかと。全てを完璧に理解したわけではないが、概念の教科書、入門書として、これからWeb開発に携わる人にオススメ。
1 コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
初心者がWEB系開発の一般的な技術的な内容を理解するには大変よい書籍だと思います。

WEB開発の歴史的な経緯から、実際の開発で一般に採用されている技術の内容、フレーム
ワークやセキュリティなど、実際に開発を行う場合に必ず遭遇するであろう技術について、
大まかにではありますが、大変わかりやすく解説されています。

WEB開発の現場経験がある程度ある方には自明の事柄が多いのでしょうが、そうでない
初心者の方には大変有用だと思いますし、この本の知識で、WEB開発の一般的な内容に
ついてであれば、ある程度の会話も可能になるのではないでしょうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
 Webアプリケーションに関連する技術の「見取り図」を読者に提供しようという一般向けの読み物。主な対象は、Webデザイナーやソフトウェア開発のプロを目指している学生さんか。クライアントサイドの技術については全く取り上げられていないことに注意。

 内容としては、WWWの歴史、サーバー・クライアント間のHTTP通信、CookieによるSessionの実現、Web・AP・DBサーバーの連携・構成、フレームワーク、セキュリティ対策、といったところ。こういったトピックについて学んでいくために必要となる概念や用語を順を追って説明してくれる。「ちょっと易し過ぎるかな?」といったところから話を始め、一通りを解説していく。全体を俯瞰するための本なので、「広く浅く」といった印象。

 本書の良いところは、ある技術が必要となった「背景」から説明を始める点。本書で取り上げられている技術のほとんどは「枯れた」技術だが、それらを歴史的な流れの中に位置づけ直しているため、様々な技術の相互関係が頭に入ってきやすい。文章も平易でスイスイ読み進んでいける。

 内容のレベルとしては、本当に必要最小限。確かにこのような基礎知識も知らずにプロとしてやっていくのはキツいだろうと思う。ただ、Webアプリケーションは素性の異なる様々な技術を組み合わせて実現されるもの
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す