中古品
¥ 455
中古品: 良い | 詳細
発売元 Used&Rare Books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーにキズ・折れ跡があります。帯の状態や有無につきましては、コンディションに含んでいません。amazon本のコンディションガイドラインに従い出品していますが、見落としのあることがあります。その場合は、評価前にご連絡をお願いします。誠意をもって対応させて頂きます。<本のコンディションガイドライン>良い・・・使用されていても、きれいな状態の商品。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「フィリピン経済」がよく解る本 単行本 – 2011/4

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 196
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アジアではBRICSの一角として中国やインドが注目されているが、隠れた成長株がフィリピン。年齢構成が若いこと、米国統治による高い英語力とBPO産業の発達、華僑顔負けの外資獲得力など、発展が期待される。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

理論と実際で説く、豊富な人材をかかえるこの国の未来図。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 173ページ
  • 出版社: 日新報道 (2011/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4817407182
  • ISBN-13: 978-4817407184
  • 発売日: 2011/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 731,194位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ASEANの中でフィリピンはあまり注目を浴びない存在です。特に経済について書かれた書物はほとんど見かけません。
フィリピンの経済状況を知るためには、JETROや経済関連の民間シンクタンクのレポートなどをあたるしかありませんでした。
この本は、現在のフィリピン経済についてコンパクトにまとめているだけでなく、抱えている問題(汚職、経済格差)、可能性などについても適確に書かれています。
ASEANの中でも、タイは工業化を進めることで発展していて、これは戦後日本が発展してきた道と非常に似ています。一方、フィリピンは政治家や財閥による収奪構造があり工業化に躓き、その結果中間層が育っていないとい現状があります。このところ経済が好調といわれており、たしかにメトロ・マニラには高層ビルが立ち並び、大型のショッピングモールがいくつも出来ていますが、基幹産業が育っていないのも事実です。国内消費の源泉は、海外に働きに出ている人からの仕送りに支えられて国内経済がまわっています。
とはいえ、この本に書かれているように、フィリピン人の持つ「英語力」「知識」「感性」は、ポスト工業化時代には大きな力となると考えます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告