通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの... がカートに入りました
+ ¥ 300 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※アマゾンガイドライン基準にて販売させていただいております。帯は原則としてはございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)ゆうパケット、やまと運輸DM便など、数量が多い場合はゆうパックなどでので発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールややまと運輸DM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。原則として営業日2日から3日以内に発送をとらせていただいております。評価前に何かございましたらご連絡くださいませ。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書) 新書 – 2012/9/14

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書)
  • +
  • 著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)
  • +
  • 著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

◎ 著者のことば(「あとがき」より)
著作権を描いた過去の2冊の新書(『著作権とは何か』『著作権の世紀』)では、
著作権の基本的な仕組みと「保護と利用のバランス」、
あるいは、著作権という「情報の独占制度」が直面する課題と変わりゆく姿を筆者なりに描き、
幸いに多くの読者から幸福な指示を頂くことができました。
本書では、視点は世界に移っています。
欧米では過去数年間、日本と同様、いやむしろ日本以上に激烈な、
ネットの自由と著作権(つまり従来型のコンテンツの収益モデル)との対立が続いており、
それはもはや現在の著作権秩序の屋台骨を揺るがすレベルとさえいえます。

◎ 本書概要
日本国内の議論を二分する、TPP=環太平洋経済連携協定への参加協議。
現在、先行する参加国間で深刻な対立を招いている分野の代表格が、
著作権・特許などの知的財産だということはあまり知られていない。
流出した米国政府のTPP知財文書には何が書かれているのか? その「真の狙い」とは?
アメリカやEU各国で大きなうねりを見せた「ネットの自由」への希求、躍進する「海賊党」の存在、
グーグルやアップルなど、「新たな立法者=国際プラットフォーム」などの動向も踏まえながら、
情報社会における最適なルールメイクのあり方を第一人者が考える。
<巻末にTPP知財リーク文書抄訳を公開>

◎ 目 次
第1章 「SOPAの息子たち」
第2章 TPPの米国知財条項を検証する
第3章 最適の知財バランスを求めて
第4章 情報と知財のルールを作るのは誰なのか
あとがき
(巻末資料)TPP米国知財要求抄訳
主要参考文献
索引

◎ プロフィール
福井健策(ふくいけんさく)
弁護士・ニューヨーク州弁護士。1991年、東京大学法学部卒業。
現在、骨董通り法律事務所For the Arts代表パートナー、日本大学芸術学部客員教授。
専門分野は芸術文化法、著作権法。
thinkC世話人、国会図書館審議会ほかの委員・理事をつとめる。
著書に『著作権とは何か』『著作権の世紀』(以上、集英社新書)、
『ビジネスパーソンのための契約の教科書』(文春新書)、
『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(岡田斗司夫氏との共著、阪急コミュニケーションズ)などがある。
ツイッターアカウントは@fukuikensaku

内容(「BOOK」データベースより)

日本国内の議論を二分する、TPP=環太平洋経済連携協定への参加協議。現在、先行する参加国間で深刻な対立を招いている分野の代表格が、著作権・特許などの知的財産だということはあまり知られていない。流出した米国政府のTPP知財文書には何が書かれているのか?その「真の狙い」とは?アメリカやEU各国で大きなうねりを見せた「ネットの自由」への希求、躍進する「海賊党」の存在、グーグルやアップルなど、「新たな立法者=国際プラットフォーム」などの動向も踏まえながら、情報社会における最適なルールメイクのあり方を第一人者が考える。巻末にTPP知財リーク文書抄訳を公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 光文社 (2012/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037070
  • ISBN-13: 978-4334037079
  • 発売日: 2012/9/14
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,108位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(6)

トップカスタマーレビュー

2014年4月10日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2012年10月13日
形式: 新書
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年7月5日
形式: 新書|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー
2016年2月10日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年2月7日
形式: 新書|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年4月12日
形式: 新書
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告