通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック (BEST OF BUSINESS) 単行本 – 2012/1/13

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/1/13
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 780 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック (BEST OF BUSINESS)
  • +
  • 「先延ばし」にしない技術
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラー!】

■あなたの「ダラダラ癖」を一掃!
仕事のできない人は、なぜ「ハイ」と答えて「何もしない」のか? 「早く仕事をする」「長く仕事をする」は、どちらも大間違い! 人並み以上に成果を出す人たちの考え方を学んで、「習慣的な時間のムダ使い」=「ダラダラ癖」から抜けだそう!

■あなたは「習慣の奴隷」になっていないか?
 ふと周りを見渡してみてください。
 コーヒーブレイク、タバコ休憩、単なるおしゃべり好き、仕事を装ったネットサーフィン……会社の「ナマケモノ」たちは、「時間をムダにする」ことが「習慣」になってしまって、自分が人生を浪費していることすら気付かないのです。
 本書では、「仕事のできる人」がどのように優先順位をつけて、日々刻々と減っていく大切な「資源=時間」を有効活用しているのかを明らかにします。

【本書で紹介するテクニック!】
「仕事のできる人」は、なぜ「時間上手」なのか?
・自分の「作業・行動」を残らず書きだす
・仕事を10分以内にできる「ミニ仕事」に分割する
・「最も大事なこと」から手をつける
・「人間」は「習慣」を支配し、「習慣」は「運命」を支配する
・上司に「ノー」と言うことを覚えよ!
・不必要な「会議」をなくし、出席者を絞る
・「小さなこと」が毎日の調子を決める
・1日30分の「静かな時間」を必ず予定に組み込む
・2つのことを同時にする習慣
・大量の仕事を短時間にこなす
・「コマ切れ」になった時間を一つに集める
・大きな仕事を確実に攻略する「五段階法」
・「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」
・月曜日の過ごし方で人生が決まる
・「引き延ばし癖」は人生の成功を妨げる

……など、毎日の生活で活用したい「コツ」がてんこ盛りすぎて、ココでは紹介しきれません! 続きは本書で!

内容(「BOOK」データベースより)

「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2012/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532317614
  • ISBN-13: 978-4532317614
  • 発売日: 2012/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.7 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

内容は、革新的なものではなく、ごく「当たり前」のことが書いてあります。
しかし、その当たり前のことを、ほとんどの人が実行できません。

たとえば「嫌いな仕事から手をつける」など、つい言われなくてもわかってるよ、と言いたくなりますが、
実際のところ、たいていの人はついつい後回しにしがちです。

わかってるけどできてないことを、一つ一つ指摘してくれますので、
実行できれば、本当にダラダラ癖から抜け出せそうです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
要所要所で印象的なフレーズに胸を打たれたりはする。

例)もし自分で自分の時間を「買わなければならない」となったら、我々は今とはだいぶ違うやり方でこれをを使おうとするだろう‥

しかし、読み終えた時に、具体的にどうすればいいのかわからずじまいだったりする。
全体的にダラダラしていて“残念”な感じ。
その理由として考えられることを以下に挙げてみた。

1)和訳文ならではの堅苦しさ

退屈な英語の授業を彷彿させる“ダラダラ和訳”とでも言おうか‥
「ブログ」や「メール」といった、安易なデジタル文に目が慣らされている世代には、もう少しくだけた文章にしないと、言いたいことが頭に入りにくい。

2)法則の数が多すぎる。

単純な話「10」も覚えられない。片手でも余るくらいでないと、読み終えた時に何も残っていなかったりする。

3)オフィスワークが主体

この本は、時間を管理するための具体案というよりはむしろ、精神論を説いたものだと思われる。
しかし、文中に出てくる具体例の殆どは、勤務中における、突発的な電話や会議や訪問客に対する対処法といった、オフィス内でありがちな出来事を主体にしている。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
時間を得るためにこの本を買ったが、結果的に時間を失うだけの皮肉な結果になってしまった。

内容として、ごく当たり前のことのみで情報価値が非常に低く、価値のない情報をひたすら冗長な文章で述べている。

まとめれば10ページ程度でも述べれることを200ページ以上に渡って述べたことは否定できない。

私がこの本を買ってしまったよにタイトルと見た目だけで買おうとしている人は要注意。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイムハック的な本と一味違うのは、行動科学的な観点から考え方をきちんと整理しているところ。単なるTips集とは一線を画しています。

長きにわたり読み継がれているだけのことはあります。すべての仕事に活用できるタイムマネジメント術。

これはぜひ読んでみてください!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック