通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
「セクハラ」と「パワハラ」野党と「モラハラ」メディ... がカートに入りました
+ ¥256 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のためカバーにスレ等あります。書き込みはありません。全体的に状態は並上です。2018年初版発行。エアーキャップ(プチプチ)梱包し発送します。商品到着は関東・北海道・東北で3~4日、関西以西は4日~6日ほどかかります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「セクハラ」と「パワハラ」野党と「モラハラ」メディア (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/9/27

5つ星のうち4.4 10個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/9/27
¥1,426
¥1,426 ¥166
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 「セクハラ」と「パワハラ」野党と「モラハラ」メディア
  • +
  • 売国議員とマスコミ
  • +
  • 『反安倍』という病 - 拝啓、アベノセイダーズの皆様 -
総額: ¥4,494
ポイントの合計: 30pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎新進気鋭の女性ブロガーがねつ造と印象操作で国民を欺く野党とマスコミの茶番劇を論理学的に徹底断罪!!

・生産性のない本末転倒な国会の在り方に終止符を!
野党の政治利用とメディアの正当化を許すな!

・財務省セクハラ事件、♯MeToo騒動、本当の“女性の敵"は誰だったのか!?

・財務省の【セクシュアル・ハラスメント】
・野党議員の【パワー・ハラスメント】
・マスメディアの【モラル・ハラスメント】女性の敵をあぶりだす!

■セカンド・ハラスメントとは何?
■LGBT騒動のからくり! !
■財務省セクハラ騒動を振り返る
■#MeToo運動?Time`s Up運動とは?
■テレ朝の対応と野党によるセクハラ騒動の政治利用
■野党とマスメディアがハラスメント加害者というダブルスタンダード

本書においては、財務省セクハラ事案をケーススタディとして、女性の社会進出において重要なポイントとなる「セクハラの抑止」という本来のアジェンダが、事案の関係者および第三者によって次第に歪められていき、その結果、何の結論も得られないままに関心が薄れてしまった状況について深堀して考えてみたいと思います。
最近の日本社会においては、社会システムに何かしらの欠点や不祥事があると、野党とマスメディアがそれを政治利用し、政権のスケープゴートとなりうる人物をヒステリックに人格攻撃した上で、最終的に政権の責任を追及するというパターンが定着しています。不祥事という一定期間有効な「無敵の追及カード」を手にした野党とマスメディアは、追及に不都合なすべての反論をタブー化し、反論者を徹底的に悪者扱いします。
しかしながら、その追及が無理筋であることを国民が次第に理解してくると、すべてを放ったらかしにして次の問題に移っていきます。今回のセクハラ騒動は、このような最近の日本社会を取り巻く無責任な問題の矮小化の典型例といえるでしょう。
本書では、このセクハラ騒動を時系列に沿って論理的に分析していきます。(本文より)

内容(「BOOK」データベースより)

本書においては、財務省セクハラ事案をケーススタディとして、女性の社会進出において重要なポイントとなる「セクハラの抑止」という本来のアジェンダが、事案の関係者および第三者によって次第に歪められていき、その結果、何の結論も得られないままに関心が薄れてしまった状況について深掘りして考えてみたいと思います。最近の日本社会においては、社会システムに何かしらの欠点や不祥事があると、野党とマスメディアがそれを政治利用し、政権のスケープゴートとなりうる人物をヒステリックに人格攻撃した上で、最終的に政権の責任を追及するというパターンが定着しています。不祥事という一定期間有効な「無敵の追及カード」を手にした野党とマスメディアは、追及に不都合なすべての反論をタブー化し、反論者を徹底的に悪者扱いします。しかしながら、その追及が無理筋であることを国民が次第に理解してくると、すべてを放ったらかしにして次の問題に移っていきます。今回のセクハラ騒動は、このような最近の日本社会を取り巻く無責任な問題の矮小化の典型例といえるでしょう。本書では、このセクハラ騒動を時系列に沿って論理的に分析していきます。

著者について

藤原かずえ(ふじわら かずえ)
ブロガー。インターネットの言論プラットフォーム『アゴラ』や『月刊Hanada』でマスメディア・政治家の問題点を論理的に指摘、SNSで新聞・テレビ報道を論評する一方で、フェイクニュース(TBS『ひるおび』小池都知事に対する握手拒否報道やTBS『NEWS23』『サンデーモーニング』の220万回リツイート報道等)を発見して紹介するなど、ファクトに基づく自由な言論活動を展開している。ブーメランを指摘して話題になった「もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら」等の風刺動画の作者でもある。2017年衆院選前にテレビ生出演した安倍首相の加計問題への反論を紹介した一つのツイートは1000万インプレッションにのぼった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤原/かずえ
ブロガー。インターネットの言論プラットフォーム『アゴラ』や『月刊Hanada』でマスメディア・政治家の問題点を論理的に指摘、SNSで新聞・テレビ報道を論評する一方で、フェイクニュース(TBS『ひるおび』の小池都知事に対する握手拒否報道やTBS『NEWS23』『サンデーモーニング』の220万回リツイート報道等)を発見して紹介するなど、ファクトに基づく自由な言論活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 287ページ
  • 出版社: ワニブックス (2018/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847097262
  • ISBN-13: 978-4847097263
  • 発売日: 2018/9/27
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 328,208位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
評価の数 10
星5つ
86%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
14%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

10件のカスタマーレビュー

殿堂入りベスト50レビュアー
2018年9月28日
Amazonで購入
49人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月14日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月4日
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月19日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月9日
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りベスト100レビュアー
2018年10月1日
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年11月5日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告