Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648

¥ 130の割引 (17%)

ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小早川 明子]の「ストーカー」は何を考えているか(新潮新書)
Kindle App Ad

「ストーカー」は何を考えているか(新潮新書) Kindle版

5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 778 ¥ 266

商品の説明

内容紹介

五百人ものストーキング加害者と向き合い、カウンセリングなどを行ってきた著者が、彼らの思考パターンと危険度、実践的対応を多くの事例とともに解き明かす。今や「ストーカー」をめぐるトラブルは年間二万件。なぜ彼らは常識を踏み外すのか、警察は後手に回るのか、その時どう対処すればいいのか――老若男女を問わず、誰もが当事者となりうる時代の必読書。

内容(「BOOK」データベースより)

五百人ものストーキング加害者と向き合い、カウンセリングなどを行ってきた著者が、彼らの思考パターンと危険度、実践的対応を多くの事例とともに解き明かす。今や「ストーカー」をめぐるトラブルは年間二万件。なぜ彼らは常識を踏み外すのか、警察は後手に回るのか、その時どう対処すればいいのか―老若男女を問わず、誰もが当事者となりうる時代の必読書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1191 KB
  • 紙の本の長さ: 117 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/4/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O0FIDHI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,487位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
長年ストーカー被害者と加害者の間で問題解決に携わってきた著者の経験をまとめたものです。
仮に加害者が刑務所に入るようなことになったとしても、出所した後に確実に行動を制限できるわけではないので、根本的な解決策がないことは絶望感にとらわれます。
ここに書かれていることは、あくまで著者の経験談にすぎません。この通りすれば解決する訳ではありません。著者もおっしゃっている通り、自分一人で解決しようしないことです。
この本を読んでもストーカーのスイッチがどこで入るのかはよくわかりませんでした。ただ、分かったつもりになるより、自分には理解できない(=解決できない)問題があることをきちんと把握しておくことが大事だと思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/4/23
形式: 単行本
「ストーキングの最中、加害者は相手に怒っていながら、本当は自分のことも怒っています。怒りは何かの結果ですから、その根を絶つことが肝要です」「この問題の危機管理の難しさは、経験がない、適任者がいない、時間がないの3つに集約されます」。

ストーカー問題を扱った本。予想以上に重く、深く考えさせられる内容だった。著者はストーカーやDVなどのハラスメント問題の相談を行うNPO法人の理事長。自身もかつてストーカーに遭っているという。被害者だけでなく500人以上の加害者にも直接会って解決に努めてきた経験をしており、そのような中で得た事例と知見がたくさん盛り込まれている。実際、ストーカーの多くは、相手に対する強烈な思いと被害者意識と自分の正当性や言い分を持っており、話をするときに誤解されることをひどく嫌うのできちんと対処する必要はあるが、その8割はカウンセラーが申し出れば会ってくれるという。

著者によると、ストーカー行為には3段階(リスク、デンジャー、ポイズン)ある。一人で対処できるのはこのうちのリスク段階までだと考えた方がいい。ストーカー行為は何年もの長期間に及ぶことがあるし、次第にエスカレートする。何も対策を講じなければ危険度は上がるだけで逆にはならないし、いくらほっておいても、相手がほっておいてくれないのだから深刻化する。威嚇は一時的な抑制にはつな
...続きを読む ›
1 コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は、DV被害者で、ストーカーにも悩みました。
本当に怖かった。相手が何を考えているか、わからないから。
明日、何をされるのか、今何を考えているのか。
過去にされたことを、思い出しながら、次なる見えない一手に怯えていました。

いきなり襲われるのか、携帯を止められるのか、固定電話も止められたかも、
闇に潜んで、窓から入るかも、待ち伏せされているかも。
恐怖は常に襲います
不眠になったし、パニックになることも、過呼吸もしばしばです。未来が見えない。
まるで、闇夜のジャングルを、無灯で歩くようなものです。
本当につらかった。

だけど、偶然、本屋で手に入ったこの本で、霧が少しづつ、晴れました。
相手が危険な段階なのか、それとも違うのか。
自分が何をすべきか良く解ります。

悩んでいる方は是非読んで、明日にでも、身近な専門家に、相談してください。
だけど、専門家は、ほとんど、いないんです。
警察も警視庁も勉強不足だし、交番の警察官は時間になったら、帰る。
カウンセラーがわかっているはずがない。
ましてや、民生委員なんで、ずれまくっているし、精神科医師だって、ほとんどの人が知らない。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
良書。

筆者の小早川氏が加害者も(というかそっちメイン)
交渉・カウンセリング対象にしていることは
氏の身がやや心配ではあるが、

現代の表面化したストーキング問題には
この解しかないのではという位に
分析がしっかりなされ対応策が挙げられている。

法整備や、組織で支える体制が
もっと進むといいですね。

そのためには、問題に対する理解が進むべきであって
だからこそこの本はひろく読まれて欲しい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 riefy 投稿日 2014/8/4
形式: 単行本 Amazonで購入
毎日の様に事件がニュースになって身近な問題であるのに、「ストーカー」というのは何だか良く分らないので自分の判断基準のために知りたいと思い読みました。凄く分かり易くて、自分も著者の目線で理解する事が出来とても良かったです。著者が言う様に人間誰しもが「ストーカー」にも「被害者」にも成りうる事を実感しました。
特に良かったのは、ストーカーになる様な方々に対して精神科医やカウンセラーであろうと弁護士であろうと普通は避ける傾向があるのに、著者は反ってその方々に会い、カウンセリングし彼らが癒される事で問題の根本から解決しようと、いわば命懸けで尽力しておられる事に非常な感銘を受け、勇気を戴いた気がしました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover