Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 775
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Facebook Twitter LINE
Kindle App Ad
[CP・リー]の「ジューダス!」ロック史上最も有名な野次: マンチェスター・フリー・トレード・ホールに至る道 (ロックンロール叢書)

「ジューダス!」ロック史上最も有名な野次: マンチェスター・フリー・トレード・ホールに至る道 (ロックンロール叢書) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/3/28
¥ 775

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ボブ・ディランが観客に「ジューダス!(裏切り者、ユダ)」と野次られたことで有名な1966年5月17日マンチェスター・フリー・トレード・ホール公演を実際に見た著者が、当事者にしか語れないこのコンサートの思い出、歴史的意義、イギリスの音楽シーン、野次の主探し、ホールのその後を語る。当時15歳のグラマー・スクール生だった人が客席から撮影した写真も収録(以前のフィジカル・エディションより枚数が増え、画質がアップ)。

内容:
著者紹介/電子書籍版を出版したわけは/はじめに
第1章 初めてのマンチェスター訪問
 テレビ番組『ハレルヤ』の収録現場
第2章 神話の前提
 フォーク・シーン誕生に至るまで/反メインストリーム気質/スキッフル・ブーム/ローマックス親子の影響/AL(バート)・ロイドとユーワン・マコール/アメリカ批判/1951年、グレート・ブリテン共産党/第2次世界大戦後のイギリス/ボブ・ディランの登場/ビート族の出現----寝袋と詩/ディラン糾弾/アメリカのフォーク・シーン
第3章 ごちゃまぜの混乱
 1965年のボブ・ディラン/ツアー生活/このモーテルはオレたち20人にはちょっと小さいな/1966年ワールド・ツアー開始/ジャングルを駆け抜けろ/後半はちょっとうるさかったと思う/くだらないフォーク論争/ニューポート・フォーク・フェスティヴァル/マーキュリーが少し多過ぎか/任務を背負った男/1965年のニューポート
第4章 アウトロー・ブルース
 フォーレスト・ヒルズ公演/勝利は目前のようだ/レディース・アンド・ジェントルメン、マレー・ザ・Kです/クソ野郎!/船は沈みかけてますよ/元気よく歌う女たちの宗教/オン・ザ・ロード・アゲイン/ハワイにて/オーストラリアにて/ヒップであるべきか否か…それこそ心配だ/スイングするイギリス/アイルランドにて/そして、イングランドの緑の園にやって来た/ブリストル、カーディフ、レスター、リヴァプール、シェフィールドの怒り/いたるところで戦争状態
第5章 マンチェスターの歴史
 ローマ軍がやって来た/ヴァイキングもやって来た/ジョン・ディー博士/産業革命以後/第2次世界大戦後/フリー・トレード・ホール/モダン・タイムズ/ハード・タイムズ/脱出/テレビ事情/運命の夜が近づいて来た/完全に夜になった/入場料はオレの魂!/レコード店でのノスタルジアの瞬間/学習曲線
第6章 アコースティック・セット
会場でのちょっとしたトラブル/トラブルの元凶が到着/アルバイトの学生スタッフ/同意見でない連中/そして再び…/開場/5分押し/She Belongs To Me/Fourth Time Around/Visions Of Johanna/It's All Over Now, Baby Blue/Desolation Row/Just Like A Woman/Mr. Tambourine Man
第7章 エレクトリック・セット
 どう感じる?/バンドの名前に関してちょっと一言/第2部の開始/Tell Me Momma/I Don't Believe You/Baby Let Me Follow You Down/Just Like Tom Thumb's Blues/ディランにメモを渡した女性/Leopard-Skin Pill-Box Hat/そんなに激しく手拍子を打たないでくれないかなあ/One Too Many Mornings/Ballad Of A Thin Man/ジューダス!/今回はやり過ぎたか/Like A Rolling Stone/ショウ直後/どうしたらいいのだろう?/締めくくり
第8章 ジューダスとの晩餐
 初版の刊行後に/リフォーム業者/カナダからのメール/BBCの使命は教育、娯楽、情報の提供である/ラジオ番組/トロント/謝りたい/もうひとりのジューダス/フリー・トレード・ホール保存運動/シドニー公演の登場/究極のボックスセット/宝石と双眼鏡/常識はずれの結論
参考文献・書籍・情報源
APPENDIX 
 映画『Eat The Document』/ディスコグラフィー/音源リスト/1965〜66年のツアー日程/インターネット上の情報源/5月に関するいくつかの考察/エレクトリック50
謝辞

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9783 KB
  • 紙の本の長さ: 401 ページ
  • 出版社: ロックンロール叢書; 1版 (2017/3/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XWYXRQ8
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 240,631位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover