通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【美品】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ等なく、非常に良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガとその行方 (日本語) 単行本 – 2019/10/22


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/10/22
¥2,640
¥2,640 ¥1,980
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 「コミックス」のメディア史 モノとしての戦後マンガとその行方
  • +
  • 歌う大衆と関東大震災 「船頭小唄」「籠の鳥」はなぜ流行したのか
総額: ¥4,840
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

雑誌と並ぶ日本のマンガの代表的形態であるコミックス。

マンガをめぐる紙から電子への流れが加速する一方で、コミックスでマンガを楽しむ読者は現在も多い。そもそもマンガはコミックスという出版メディアとどう出合い、コミックスはいかにして私たちの日常生活に溶け込んでいったのだろうか。

原型になった新書判の登場、雑誌の再録媒体という位置づけの獲得、書籍扱いである文庫とA5判の展開など、1960年代以降のコミックスの歩みをたどり、書店のコーナーができあがりマンガ専門店が登場する風景も掘り起こす。また、コミックス派を自任したり、美本を求めてコレクションしたり、古書店で売買したりするなど、読者がモノとしてコミックスをどう扱ってきたのかも描き出す。

生産・流通・消費の視点から、コミックスの「モノとしての認識枠組み」が成立し変容するプロセスを解き明かし、現在のデジタル環境を踏まえた「メディアとしてのマンガ」への新たなアプローチを提示する。

目次


はじめに

序章 マンガ研究と「コミックス」
  1 不問領域としての「コミックス」
  2  「メディア論的マンガ論」の系譜
  3 メディア論的言説空間と「雑誌中心主義」
  4  「コミックス」から問うということ
  5  「メディア特性」から「メディア観」を問う視座へ
  6 メディア認識と「モノ」の枠組み
  7 モノと交差する「とき」と「場」――一九七〇年代以降の出版産業空間への着目
  8 本書の構成

第1章  「単行本」とコミックス――初期新書判コミックスの成立まで
  1  「コミックス」前史
  2  「コミックス」の誕生

第2章  「雑誌」とコミックス――〈雑誌-コミックス〉体制の確立とその帰結
  1 貸本マンガと新書判コミックス
  2  「雑誌メディア」としての新書判コミックスの確立
  3 非-雑誌メディアとしてのコミックス

第3章  「書籍」とコミックス――マンガ文庫とA5判漫画単行本に見るマンガの「書籍性」
  1 コミックスと「文庫」
  2  「マンガ文庫」から「文庫判コミックス」へ
  3  A5判をめぐる「書籍」と「コミックス」の境界

第4章  「本屋」とコミックス――「コミックコーナー」の社会史
  1 常設「コミックコーナー」ができるまで
  2 常設コーナーの全国的拡大
  3 書店が形作る「モノ」としての枠組み
  4 コミックスが産出する空間

第5章  「読者」とコミックス――コミックスが生み出す「モノとしてのマンガ経験」
  1 初期新書判コミックスと読者の関わり――一九六〇―七〇年代
  2 コミックスと「オタク」的なるもの
  3  「コミックス派」の台頭
  4 モノとしての「マンガ」経験

終章  「メディアとしてのマンガ」の行方
  1 コミックスからみる「メディアとしてのマンガ」
  2  「メディアとしてのマンガ」の「コミックス」性

おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

雑誌と並ぶマンガの代表的な形態であるコミックスは、戦後、私たちの日常生活にどう溶け込んでいったのか。生産・流通・消費の視点から、コミックスの「モノとしての認識枠組み」が成立し変容する歴史的なプロセスを解き明かす。

著者について

1987年、愛知県生まれ。四国学院大学社会学部助教。専攻は社会学、メディア史研究、サブカルチャー研究。論文に「不確実な「他者」としての成人向けマンガの成立――戦後出版流通における自主規制の媒介性に着目して」(「関西学院大学先端社会研究所紀要」第13号)、「「コミックコーナー」の社会史――1970-80年代の小売書店空間におけるマンガの市民権の成立過程」(「マス・コミュニケーション研究」第87号)など。第7回日本マス・コミュニケーション学会優秀論文賞受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山森/宙史
1987年生まれ。四国学院大学社会学部助教。専攻は社会学、メディア史研究、サブカルチャー研究。論文に「「コミックコーナー」の社会史―1970‐80年代の小売書店空間におけるマンガの市民権の成立過程」(「マス・コミュニケーション研究」第87号、第7回日本マス・コミュニケーション学会優秀論文賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 青弓社 (2019/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787234609
  • ISBN-13: 978-4787234605
  • 発売日: 2019/10/22
  • 商品の寸法: 12.8 x 1.8 x 18.8 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,790位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう