中古品
¥ 400
+ ¥ 256 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【管理SK3】2005年初版・帯付。地小口汚れあるも状態良。【発送】PP袋にて梱包後ゆうメールにて発送致します。定休日:土日祝日。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「キリストの聖遺物」の謎―どこに消え、誰が秘匿しているのか? 単行本 – 2006/6/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 399
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“キリストの聖遺物”とは、キリストが十字架刑に処されたときにはりつけにされた「聖十字架」、手足に打ち込まれた三本の「聖釘」、その血を受けた「最後の晩餐」の「聖杯」、その遺体を包んだ亜麻布「聖骸布」、そしてキリストにとどめを刺した「ロンギヌスの聖槍」などをいう。それら“キリストの聖遺物”は、その後、どこに消えたのか―?『ダ・ヴィンチ・コード』が追求した「聖杯」の行方とその正体とは?ヒトラーが熱望した「聖槍」の謎は?「トリノの聖骸布」の真贋とは?また「失われたアーク」の所在は?“伝説”と“陰謀”に鋭く肉薄する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

神辺/四郎
1946年生まれ。早稲田大学政経学部卒。世界三大「一神教」またキリスト教の「聖書」に深い関心を持ち、ユダ=キリストを売り渡した男との定説に鋭い疑義を投げかけた『誰がキリストを殺したか』(宝島社)をはじめとして『世界五大宗教入門』『ビン・ラディンのイスラム教とユダヤ教、キリスト教』など著書多数。また日本語・漢字の普及啓蒙家としても多くの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 東峰書房 (2006/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4885920671
  • ISBN-13: 978-4885920677
  • 発売日: 2006/6/5
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,190,444位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう