中古品
¥ 163
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に薄汚れと薄ヤケ カバー裏表紙下部に汚れ 地に小キズ少々 紙面は良好です---2006.8/3刷
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「みんなの意見」は案外正しい 単行本 – 2006/1/31

5つ星のうち 3.9 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,727 ¥ 162
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 178
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間は集団になると烏合の衆と化し、愚かな行動に走ると言われてきたが、それは違う。一握りの天才や、専門家たちが下す判断よりも、普通の人の普通の集団の判断の方が実は賢いのだ。多様な人間が、独立して判断を下す重要性を説き、インターネット世界を中心に広まる「たった一人のユーザーの判断の積み重ねが価値を生む」という新しいコミュニケーションのあり方を提言する。来るべき未来社会のスタンダードを示す必読書。

内容(「BOOK」データベースより)

インターネット検索エンジンのグーグルが、何十億というウェブページから、探しているページをピンポイントで発見できるのも、精密な選挙結果の予測ができるのも、株式市場が機能するのも、はたまた午前二時に思い立ってコンビニで新鮮な牛乳が買えるのも、それはすべて「みんなの意見」、つまり「集団の知恵」のたまものである。一握りの権力者たちが牛耳るシステムの終焉を高らかに謳い、きたるべき社会を動かす多様性の底力を鮮やかに描き出す、全米ベストセラーがついに上陸。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047915068
  • ISBN-13: 978-4047915060
  • 発売日: 2006/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.7 x 12.7 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 140,697位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 翻訳が大変うまく読みやすかったが、タイトルから想像するような軽い読み物ではない。本書が社会心理学のコーナーに並ぶことはないだろうが、本書の扱っているテーマは本質的に社会心理学的なものだと思うし、「集団」について考える者にとって読むべき文献の1つではないかとも思う。残念なのは、論点が豊富な事例に埋もれがちな点。

 著者は、多数派の意見は正しいとか、案外人々は真実をつかんでいるものだ、という主張をしているわけではない。著者の主張するのは、ある事柄に関する推定の正確さについて考えると、一握りの優秀なエキスパートによる推定値よりも、専門的知識もなくそれほど優秀でもない烏合の衆それぞれの推定値の「平均値」の方がより正確である、ということ。このことを、集団に含まれるどんな個人よりも「集団」は賢い判断を下すことができる、とか、誰1人として真実を知らなかったが「集団」は真実を知っていた、というように著者は表現する。

 著者は、集団が賢くなる条件として、ありとあらゆる観点からの意見が存在しているという多様性、他者からの影響を受けない独立性、個々人がそれぞれの専門的知識に基づいて判断を下す分散性、多様な意見を集約する仕組みの存在、の4つを挙げている。例えば、本書の読者は必ず「この本の対価として支払ってもよい最高価格」を個人的に申告するものとする。100円で
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、単に「たくさんの人が意見を寄せれば正しい答えに近づく」と書いた本ではない。

多様性、独立性、分散性が満たされて初めて正解に近づくと主張している。

実際には、これらを満たす集団はそれほど多くないように思う。

オンラインコミュニティでの議論が、極端な方向に走りがちなのはなぜか、など、むしろ「みんなの意見が正しくない」ことについての考察の方が面白いと思った。
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本語タイトルから受ける内容の印象と違って、

本書は、優れて社会経済、哲学的な論考のエッセイで、

知的好奇心を相当満足させてくれます。

いわゆる「烏合の衆」が各人が個別勝手に判断している

ような状況は、経済、社会、生活の中に相当多く見られる、よく

ある場面ですが、そのさまざまな場面について、社会学、心理学、

経済学、政治学、行動力学、交通社会学、生物学、その他

博識を駆使して、しかも、平易な文章で、読者をぐいぐい引っ張ります。

果ては、インターネット、グーグル、リナックスなどの話題も

入れながら、「烏合の衆」の知恵について、ここまで高邁な考察と

深い示唆に富んだ分野に仕立て上げた著者の力量に脱帽です。

ただし、著者は、「烏合の衆」の判断が常に正しいと主張している

わけではなく、結果としてそうなる場合に対する摂理への驚異と

科学的分析と畏怖の念を丁寧に考察している、という本です。

さらに、日本語訳もかなりこなれていて、大変読みやすいです。
2 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「集団の判断は、正しくない」というニュアンスの言葉をよく見かけるので、
それにアンチテーゼを示すようなタイトルに少し期待して購読しました。

1.多様性→各人が独自の情報を多少なりとも持っている
2.独立性→他者の考えに左右されない
3.分散性→身近な情報に特化し、それを利用できる
4.集約性→個々の判断を集計して、集団として一つの判断に集約するメカニズムの存在
この4つを満たす集団は、賢い判断ができる可能性が高いということでしたが、
そんな集団はなかなかないだろう、というのが率直な感想です。

また、具体例や実験の話を通じて、これを証明しようとしていましたが、
論点がずれていたり、ただの結果論だったりして、全く根拠になっていませんでした。

著者自身も、
「集団の知力が存在しているからといって、必ずしも正しい方向に活用されるとは限らない」
ということを認めており、全体として何が言いたかったのかが不明確でした。

「結局、個人が自分自身の責任によって判断するしかない」
それを改めて考えてみるという意味で読むならいいかもしれません。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー