通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「また、必ず会おう」と誰もが言った。 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 単行本 – 2010/11/18

5つ星のうち 4.2 112件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 89

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「また、必ず会おう」と誰もが言った。
  • +
  • 君と会えたから・・・
  • +
  • 「手紙屋」
総額: ¥4,601
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

主人公・秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。 ひょんなことからついてしまった小さなウソが原因で、単身、ディズニーランドへと行く羽目になる。 ところが、不運が重なったことから最終便の飛行機に乗り遅れてしまう和也。 所持金は3400円。 「どうやって熊本まで帰ればいいんだ……」。 途方に暮れる彼に「おい! 若者」と声をかけたのは、空港内の土産物売場で働く1人のおばさんだった――。 人生を考え始めた高校生に大人たちが語りかける、あたりまえだけどキラリと光った珠玉の言葉。 誰の人生にも起こりうる出来事から物語をつむぐ名手、ベストセラー作家の喜多川泰がお届けする感動の物語。 “この物語では、一人の若者が旅を通じていわゆる普通の人たちと出会い、その人たちの日常に触れながら、自分の日常を見直す機会を得ます。その中で彼は同時に「生きる力」についても学んでいきます。 思えば僕たちの人生も同じです。 予定通りに行かないことの連続。その中で起こる愛すべき人たちとの出会い、そして別れ。その繰り返しの中での気づき。 この本によって、積極的に人との出会いを求めて行動し、そして、生まれながら備わっている「生きる力」を磨こうとする人がひとりでも増えるきっかけになれば、著者としてこれ以上嬉しいことはありません。”(「あとがき」より)

出版社からのコメント

この小説は、1人の少年が出会いを通して成長していく旅物語です。不思議なご縁から原稿を手にした瞬間、私は直感的に「運命の出会いだ!」と感じました。それは、物語のディテールが、私自身の抱えているリアルな日常とあまりにもシンクロしていたから。この物語には、特別なヒーローなど登場しませんし、目を覆うような事件も起こりません。主人公と絡んでいく大人たちは、どこにでもいるような人間ばかりです。ところが、あたりまえの大人たちが語りかける言葉の1つひとつが、妙に輝いて見えるから不思議です。そこが、人気作家・喜多川泰さんの持ち味なのでしょう。とにかく、まずは大人たちに読んでいただきたい。そして、身近にいる中学生や高校生の子供たちに手渡してほしい。この本に関わった1人として、切に願っています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/11/18)
  • ISBN-10: 476313115X
  • ISBN-13: 978-4763131157
  • 発売日: 2010/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 112件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
元々、喜多川泰さんの小説を知ったのは、ある友人から、「わたしと同じ考えをしている主人公の本屋さんの話がある」といわれたことがキッカケでした。
それが【「福」に憑かれた男 人生を豊かに変える3つの習慣】でして、今回の作品もそれに匹敵する、いや「君と会えたから・・・」に匹敵する作品だと思います。

主人公の秋月和也と同世代の高校生はもちろんのこと、20〜40代の方にも「他人のメガネで世間を見て、生きていないか?」と、自分の生き方、価値観を考えるうえでとても良い本だと思います。

個人的に一番感動した部分は、
ダンプの運転手の柳下さんが言った、「ワシはなぁ、娘に好かれたいんやのうて、幸せになってもらいたいだけや」のセリフです。

「好かれたいんじゃない、幸せになってもらいたい」

子を持つ親として、自分もそういう深い愛で、未だ3歳の息子ですが今後接していきたいと思います。。。

また、多くのことを気付かせてくれた喜多川泰さんに感謝です☆
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知人がFacebookで紹介していたので読んでみました。
ちょっと斜に構えた高校生の主人公が、旅を通して成長していく中高生向けの人生訓みたいな内容。
「~じゃ」とかいう話し方をする老人とか、スキンヘッドのトラック運転手とか登場人物が安易に過ぎる感じがするけど、
若い学生向け本のようなのでしゃあないっちゃしゃあないかな。

人生いい出会いばかりじゃないという視点が完全に抜け落ちている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
渋滞で帰りの飛行機に乗り遅れた主人公が様々な人に出会い、
助けられながら成長していく単純明快な青春物語です。
ストーリーに特に引っ掛りがないので、1時間半くらいで、
サクサク、すらすら読めました。
物語は面白く、展開も速い。素直な主人公にも好感が持てます。
著者は塾講師だけに、読者を中学生か高校1年生くらいに
設定して書いているのでしょうか。

ただ、読んでいて一つ気になったのは、物語に悪人がただの
一人も出てこないこと、出会う人がすべて善人なこと。これ
にはやはり、違和感を感じます。人は善人によって助けられる
ことは確かですが、現実の世界では悪人とか弱者を見て学ぶ
ことも非常に多い。世間は反面教師のほうが圧倒的に多いです。
世の中、こんな人ばかりだと本当に助かりますが、それはまず
ありえないので星三つです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
主人公がおかれるシチュエーションとしては面白いのですが、会う人会う人の価値観が似通っていて、なんか学生の道徳の教科書のようでした。もうちょっと面白くできると思うので星みっつ
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
言いたいことはわかるが、展開が都合よすぎて全く感情移入ができない。ところどころグッとくるところはあるけど、それが連続してあり過ぎるので途中から胡散臭さの方が強くなって冷めた目で読み進めた。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 100件を超えるレビューが並んでいて、おおむね評価は高いようにみえる。とはいえ、トシ食った、スレた本好きからみれば、本作の主人公である「僕」が出会う8人が、揃いも揃って善人でおしゃべりで、しかも言葉遣いがどことなく生硬で読みにくい、といったマイナス面が多少なりとも窺える。しかし、これをファンタジーとしてみれば、不自然さも気にならなくなってくるように思う。若書き風ではあるものの、つまらなくはなかった。

 率先して人が喜ぶことを進んでやれば自らも幸せになる、旅の醍醐味はさまざまな人と出会って自らが変わっていくことにある、など、作者の着眼・発想は面白く、その意味では十分に感銘も受けた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
喜多川泰さんの作品をこれまでいくつか読んできたのですが、
この本も期待を裏切らない傑作です!

この本を読んで改めて思ったことが
「自分がいかに周囲の価値観影響を受けていたか」
とうこと。

主人公の和也は旅の中で様々な人に出会い、
その出会いからたくさんのことを学び、自分を見つめなおします。
その学びは今を生きる私たちにとっても
自分の価値観を気づかせてくれる本当に大切なものです。

「1冊の本との出会いが人生を変える」
と著者の喜多川さんがおっしゃっていますが、
この本はまさにその本となりうる1冊だと思います。

なんか世の中が窮屈だ、
もっと自分らしく生きたい、
と思ってる方、そして
将来に不安をもつ若い方、
就活中の学生の方には特にオススメです。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック