通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「へんな会社」のつくり方 (NT2X) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【良好】ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送とさせて頂いております。◆30分経過後のキャンセル・注文内容・住所の変更はできません。(アマゾンご注文規約に準じております。)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送はヤマトメール便の為ポスト投函となり、着日指定および郵便局留・私書箱配送はできません。上記配送不可の場合は恐れ入りますが商品代金のご返金を致します。安価商品の為再配達はご勘弁ください。ご注意をお願い致します(アマゾン規約より)。◆検品には注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「へんな会社」のつくり方 (NT2X) 単行本 – 2006/2/13

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「へんな会社」のつくり方 (NT2X)
  • +
  • 角川インターネット講座 (5) ネットコミュニティの設計と力 つながる私たちの時代
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

常識にとらわれない「はてな」の超オープン経営術

日本のブログ・サービスの草分けとして知られる「はてな」は、ソーシャルブックマークやフォトアルバムなどで「Web 2.0」を意識したサービスを先陣切って展開するなど、ポスト「ヒルズ族」世代の技術志向型ITベンチャーの旗手とも目されている。

立ったままで会議をする、ミーティングをポッドキャスティングする、フリーアドレス化のみならず開発合宿や出張オフィスを取り入れるなど固定化したオフィス環境を徹底して排除する、ユーザーからのバグ報告までもコンテンツとして流通させる、「サービスを50%の完成度でリリースする」と公言、社員全員が自転車通勤、などなど。サービスそのものの独自性ばかりではなく、その経営そのもののユニークさもまた話題となっている。

そういった独特の開発方針やユーザーコミュニティ運営、会社経営術によって「変な会社」と称される「はてな」は、はたしてどのような哲学によって動かされており、どれほどの新しさを秘めているのだろうか。本書は、急成長する次世代ウェブサービスベンチャーの素顔を、同社の「変さ」の源である社長の近藤淳也氏自らが明らかにします(CNET Japan Blogで2005年後半に連載された「近藤淳也の新ネットコミュニティ論」を初出とし、大幅に加筆・再構成しました)。

内容(「BOOK」データベースより)

会議は立ったまま・毎日が席替え・サービス開発のために合宿ミーティングをポッドキャスト・ユーザーの要求を株式市場化50%の完成度でサービスリリース・社員はみんな自転車通勤。CNETブログの人気連載が待望の書籍化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 182ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2006/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798110523
  • ISBN-13: 978-4798110523
  • 発売日: 2006/2/13
  • 梱包サイズ: 21.1 x 15.1 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 309,459位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「へんな会社」なのは、むしろ日本の一般的縦割り組織の会社の方なのかも知れません。
この本を読むとそう感じられます。
つい最近、IPOを目指し嵌められて脱落していく起業家の話を読みました。それとは対照的に
「株式公開」に何の興味も示さず、スケールメリットを追わず、あくまでモノづくり会社
であり続けること。社員が楽しく働ける場所であること。

常に「成長」を強いられる現在の貨幣(利子)制度の中にあって、同社のマネーゲームから
距離を置いた人間らしい労働環境は、本来あるべき「会社」の姿を明示しているように
思えます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
近藤淳也氏の考え方やポリシーと、その反映、現実的な具体化例としてのはてなという会社のポリシーであったりサービス、もしくはその提供方法を、著者にして同社代表である同氏のポリシーや考え方、アイデアを根拠に

・どうしてそうなのか?

・なぜそうなったのか?

を説明、紹介するものとなっています。

かなり先鋭的と捉えられる同社のスタイルではあるけれども、本書を通じてその考え方を知ると、

1.当たり前のことを当たり前に実行する

2.1が可能な環境を実現する

という、日常に感じる不満や困難、もしくは会社組織で散見されるであろう不条理さを

払拭、克服することであると言うことに行き着く。

ウェブ進化論の著者、梅田望夫氏は同社取締役として関与しています。そこで述べられていることと、へんな〜で述べられていることの関連も興味深い部分です。

ウェブ〜がWeb2.0的世界を傍観するガイド・ブックであるとするならば、こちらはその現在進行形である具体例として実践解説。あわせて読むとWeb2.0の概念と実践を理解することができます。

新書サイズで出版してくれたら、グーグルとあわせて3冊並べられて良かったのにね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 picander トップ1000レビュアー 投稿日 2007/11/15
形式: 単行本 Amazonで購入
2000年前後に多くのネットベンチャーが登場したが、現在それらの多くは当初のネット企業とは言い難い。
本業よりも株式市場で目立っていたり、事業より経営者のほうが有名だったり、コングロマリット化して本当は金融事業で稼いでいたり。
変化の激しいネット業界で、若いネット企業が当初のネット企業のまま成長することは稀だが、「はてな」は数少ない「変わらない実直なネット企業」といえる。
それは本書に詳しい通り、近藤社長のパーソナリティに依存するところが大きい。常に思考がオープンでシンプルであること、社員が楽しく働ける環境づくりを重視していること、個人として有名になりたい/メディアで評価されたいという虚栄心がないこと、経営の根幹を技術に置いていること。なにより、ユーザーや社員など多くの人の意見を聞く忍耐強さを持ち、そこから最適解を導くべきだという強固な信念があること。ギラギラしたネットベンチャーの雄たちと雰囲気は大きく異なる(ヒルズにオフィスを構えるのも興味がないという)。背景にある、はてなは「ものづくり企業」であるという製造業的な自負が本書でも目を引く。タクシー会社と自動車メーカーをまとめて「交通産業」と呼ぶのが乱暴なのと同じで、インターネット企業の中にも、ものをつくる会社と作られたものを利用するサービス業があり、一括りにはできない。そして自分たちはあくまで「ものづ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
はてなダイアリー、人力検索はてななどで有名な株式会社はてな。
社長の近藤淳也氏が綴るはてなの中身をこの本で紹介していた。

驚くのは、はてなのオープンな会社体質である。
会議はポッドキャストにして公開したり、ボーナス査定のためのアンケートの結果などを社員に平気で
公開している。
このオープンな体質こそが大事であり、それはユーザに対しても社内に対しても同様に言えることである。

また、発想のユニークさがおもしろい。
立って会議をしたり、ペアプログラミングや開発合宿、毎日の席替えなど、ベンチャーならではの
フットワークの軽さからくるものだと思うがその発想力はどこからくるかと興味深い。

インターネットの発達により、隠すことが困難になってきている。
2ちゃんねるや掲示板などで情報が漏れたり、多くの人がBlogを書き、それを多くの人が見ている。
隠せないなら隠さない、情報の公開はインターネットに限らずとも利益につながると思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー