日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

かくしごと

シーズン1
 (300)
7.52020すべて
ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。 一人娘の小学4年生の姫。 可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。 親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。 それは…… 自分の仕事が『漫画家』であること。 自分の“かくしごと”が知られたら 娘に嫌われるのでは!? “愛と笑い、ちょっと感動のファミリー劇場がはじまる--” ©久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
出演
神谷浩史高橋李依花江夏樹
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 「かくしごと」 「ねがいごと」
    2020/04/02
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ちょっと下品な漫画を連載中の後藤可久士は、娘の後藤姫にバレるのを恐れ、「漫画家であること」を隠し続けていた。ある日、連載する「週刊少年マンガジン」の新しい担当編集者・十丸院五月から打ち合わせの連絡が入る。しかし、一向に十丸院は仕事場にあらわれない。なんと十丸院は間違えて自宅へ訪問していたのだった!?「姫が留守番している家に編集者が来たら、漫画家だとバレてしまう!」と、可久士は自宅めがけて飛び出していく。 [コメディ/ギャグ]
  2. 2. 「ビーサンとB4」 「おかない かかない しあげない」
    2020/04/09
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    姫は小学校の臨海学校へ出かける。砂浜で遊ぶ姫の姿を、遠くのバルコニーから眺める男がいた……姫が海でのトラブルに巻き込まれるのではと心配しすぎた可久士が、知り合いの漫画家に別荘を借り、アシスタントを引き連れてやってきていたのだった。可久士は姫が臨海学校で良い思い出を作れるように、カブトムシを仕掛けたり、カレーの味付けを変えたりと、裏で手を回し始める。大型の台風が自分たちを襲い来るとも知らずに……。
  3. 3. 「やりくりサーカス」 「漫画の実情と筋肉」
    2020/04/16
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ゴトープロのアシスタントたちがケガをしてしまい、可久士の原稿が危うい。十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介してくるが、可久士は「あの十丸院がマトモな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。一方、姫は小学校のクラスメイトであるシルビア、ひな、莉子を自宅に招き入れる。姫はみんなの反応から、とあることに気づく。「お父さん、うち……貧乏なんでしょ?」否定する可久士をよそに、姫は節約を始めようとする。
  4. 4. 「ノルマエ・ナマエ」 「コマ割りスケッチ」
    2020/04/23
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ある日、仕事場に落ちていた美容室の会員カードを拾い上げた芥子駆は、書かれた「後藤和士」の文字に「へぇ、可久士はペンネームだったんですね」と尋ねる。すると、可久士は「世間では後藤和士で通っており、本名が可久士だ」と告げる。はてなマークが頭に浮かぶ駆に、可久士は「本名で漫画家デビューしてしまった者」の苦労を語り出す。さらに自宅では姫が『こども姓名判断』を開きながら、自分の名前を調べていて……?
  5. 5. 「それでも鉢は廻ってくる」 「泊めたねっ!」
    2020/04/30
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    十丸院から「他の先生も持ち回りでやっているので」と漫画新人賞の審査員を頼まれた可久士。「絶対に引き受けない」と断るが、自宅で姫から「嫌な当番も誰かがやらないと、社会が回っていかない」と先生に教わったことを説かれ、態度を一変させる。後日、可久士の自宅に運び込まれたのは大量のダンボール箱。表面には「新人賞応募原稿」の文字……そのせいで姫に仕事がバレたらどうすると、可久士はついにクレームを入れるのだが……。
  6. 6. 「スクールランドセル」
    2020/05/07
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    後藤家の玄関に『だてなおとより』というメモが添えられた新品のランドセルが置かれている。姫は2つのランドセルを背負い、可久士は写真を撮る。そして、『だてなおとより』のランドセルを押入れの中にしまったが、そこにはたくさんのランドセルが並んでいた……そんな、毎年のように新型のランドセルを贈ってくる『だてなおと』の話を、ゴトープロのアシスタントたちにつつかれるも、可久士の答えは歯切れが悪い。
  7. 7. 「いぬほしき」 「母子を継ぐ者」
    2020/05/14
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ある日の後藤家。机のうえには一枚のチラシ。姫が「子犬の飼い主募集」のチラシを持ってきて、可久士にお願いをしているのだった。姫のお願いに悩む可久士は、公園で犬を連れた一子先生に出会う。「家で一人でいることが多かったから、この子には救われました」と目を細める一子先生は、老いた愛犬をやさしく撫でる。その夜、可久士は姫に犬を飼うことを許す。姫は大いに喜び、後藤家に新しい家族がやってくる。
  8. 8. 「おれたちの下描き」 「残念記念組」
    2020/05/21
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    後藤家の子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名をつけることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で子犬の名前を決める。笑顔で「最初から名前はついてた!」という姫に、可久士は首をかしげる。数日後、トラブルメーカーの十丸院が仕事場に飛び込んでくるなり、「週刊少年マンガジンの創刊38周年祝い」と声を張り上げるが、もっと大事な記念日を忘れていたことが発覚する。
  9. 9. 「師走は君の嘘」
    2020/05/28
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。編集部が年末年始を休むために締切が前倒しになる厳しい期間だ。ところが、ゴトープロの面々はやる気十分。豪華な出版社の年末パーティを思い切り楽しみたいからだった。後日、打ち合わせ中に可久士は、十丸院から衝撃の一言を告げられる。「経費削減で、今年はパーティが無くなりました」……浮足立つアシスタントたちを前に、可久士はその事実を伝えられないままで……。
  10. 10. 「I"S(伊豆)」
    2020/06/04
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    年末進行に立ち向かうゴトープロ。年内に年明け分まで描いておけば正月休みが取れると、さらに先の締切にまで進行しようと試みる。ところが、可久士は「描きだめが出来ない」と筆が揮わない。「そもそも漫画家に、長期旅行の申込みなんてできるわけないだろ!」と開き直る可久士だったが、そう宣言するのには最大の理由があった。なぜなら、漫画家は休みに必ず風邪を引くからだ。寝込む可久士のために、姫は「願掛け」をして回復を祈るのだった。
  11. 11. 「最終回平気彼女」
    2020/06/11
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ある夜、姫から「家族会議したい」と告げられ、可久士はうろたえる。「うちには会議室がないから、会議室を作ってからにしよう」と可久士は返す。二人では「会議ではなくて会話にしかならない」と伝えれば、姫は落ち込むだろうと可久士は返答を悩む。明くる日、姫は学校で「会議室がなくても会議はできる」と聞き、莉子に井戸端会議を勧められる。かくして「めぐろ川たんていじむしょ」の面々は、井戸端会議をするための井戸を探し始める。
  12. 12. 「ひめごと」
    2020/06/18
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「三人きりの誕生日会、毎年やっていこうな」と可久士は言った。11歳の姫はそれを「ずっと続く」と信じていた──時は流れ、姫は18歳になった。何者かから「鍵と地図」を手に入れた姫は、江ノ電に乗って鎌倉にある家を目指していた。父と、母と、姫が住むはずだったその家で、姫は可久士が漫画家であったことを知る。「……なんでお父さんは、かくしごとをやめちゃったのかな……」ひとりつぶやく姫を、見知らぬ少年が見つめていた。
  13. 13. 第12話(再) 隠し事はもうない!最終回アンコール放送「ひめごと」
    2020/06/25
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    第12話(再)「隠し事はもうない!最終回アンコール放送「ひめごと」」 は、アンコール再放送で使用した映像となります。最後にエンディングカードが付いております。

詳細

監督
村野佑太
出演
八代 拓安野希世乃佐倉綾音村瀬 歩内田真礼加藤英美里浪川大輔小澤亜李本渡 楓和氣あず未逢田梨香子古城門志帆原 由実小山力也沼倉愛美
シーズンイヤー
2020
提供
ドコモ・アニメストア
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.3

300件のグローバルレーティング

  1. 72%のレビュー結果:星5つ
  2. 9%のレビュー結果:星4つ
  3. 4%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 9%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

えーかー2020/04/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
マンガ業界裏話ネタにしては良い感じ
少し前にブームになった
「マンガ業界裏話ネタ」
これは漫画家なら描けて当たり前で、最終兵器というか暴露本を出したみたいなもので、
それをやっちゃったら終わり的な空気があったんですが、
この作品はうまくギャグにしているので、マジメにも小綺麗にもなりすぎないのが良いですね。

久米田康治さんといえば絶望先生などの毒のあるギャグモノが有名ですが、
今回はそのテイストを引き継ぎつつも、父娘ストーリーで浄化していく感じなんですかね。
作画も安定しているし声優も挿入歌も豪華で、いかにも
「今期はこれを売ろう」という制作側の気合を感じます。

とりあえず今期はこれを見ておけば良い、そんな作品になるかもしれません。
マニアックではあると思いますが、全く知識が無くても楽しめそうなレベルでもありますし、
現時点では一番可能性を感じるので1話時点ですが星5としておきます。
127人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonのお客様2020/04/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
2話まで
2話まで視聴。原作未読。
実は原作者の作品と非常に相性が悪く、本来なら見ないつもりだったのですが、話題になっているので少しだけ、と思って見てみたら、圧倒されました。
とにかくストーリー構成が異常なくらい緻密です。1話導入から、すばらしい出来のOPが終わるまでのわずか数分で、お話の全体像がわーっと見てるこちらに伝わってくる。お話って、だいたいは複数の問題を解決するまでの大きなうねりのようなものだと思うんですが、その「問題」の全体像と、ストーリーを駆動する矛盾、困難、そういうものがこれほどまでに要領よく1話のなかに放り込まれているアニメというのをひさしぶりに見た気がします。
とはいえ、会話のノリやネタ、キャラクターなど全般的に苦手という感じはどうしても拭えないんですが、ああこれはきついな、と思ったころに、さっとお話本体を進めるための印象的なエピソードを放り込んできたりして、緩急のつけかたも完璧なんですよね。
逆に考えると、苦手であるという自覚のある人間ですら屈してしまうほどに完成度の高い作品だと思います。これだけたくさんの仕込みを、こうもさりげなくお話に組み込まれては、続きを見ないわけにはいきません。
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
おやじねこ2020/04/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
夏の空に海風が香るような明るさが夢のような作品
80年代に明るいブル―に真っ白な雲が印象的なイラストレーターが活躍していた。夏の空に海風が香るような明るさが永遠の青春を謳っているようだった。それから時代を経た街は少し古びて、人は少し老いて子供は大人になる。本作は冒頭で18歳になったヒロインの姫が父の作品が詰まった倉庫を訪ねるところから始まる。
夏の青空を背負いながら薄暗い屋内に一歩踏み入れるとその目に映る限り原稿が詰まった室内だ。それが主の姿の無いこと、隠す必要が無くなった隠し事のはかなさを語る。
自分の仕事を隠し続けた父親の思いは空回りしながら娘を愛し続ける。そんなエキセン演技は神谷浩史が十全に演じ切る。作者が「絶望先生」の久米田康治氏です。相性が良いとはこのことです。
エンディングテーマは今は無き大滝詠一氏の「君は天然色」です。あの輝かしい青空が印象的な「A LONG VACATION」の中からシングルカットされた名曲です。
76人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2020/04/04に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
「描く仕事」+「隠し事」
漫画家であることを娘の姫に隠し通そうとする主人公と、その娘の日常が描かれた作品。
姫ちゃんサイドは日常系だけど、父親サイドはドタバタとコミカルな演出や漫画家ネタが多いです。
個人的に、小学生でWBS(ワールドビジネスサテライト)を見る姫ちゃんに只ならぬ存在感を感じます。どこか達観した雰囲気のある姫ちゃんが非常に可愛いです。
久米田康治が『絶望先生』が有名ですが、原作者ならではの独特のノリと癖のある演出は健在。『絶望先生』よりは一般受けしやすい内容ですが、やっぱり好みは分かれる作風かもしれませんね。私は好きです。
49人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ちょこみんと2020/04/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
「かくしごと」は「書く仕事」だけではない
前作「絶望先生」と同じシャフトが制作してくれたら…とは思いますが、これはこれでいいと思います。原作の良さを損なわず負けない面白さでした。原作は途中までしか見ていませんが、まだ完結していません。アニメだとあっという間に原作に追いついてしまうので、完結してから放送しても良かったのに。やるからには、最後まで放送して欲しい。
絶望先生よりは、マニアックさも薄く一般的に見やすい内容です。後藤の親バカから引き起こすドタバタ、後藤と姫のほのぼのした親子の過去シーンが中心で話は進むが、18歳になった姫が父親の秘密を知る現在のシーンが冒頭で挿入され、話が進むにつれてシリアスな展開が予想される。
「かくしごと」は「書く仕事」と「隠し事」をかけたものですが、隠し事は漫画家をしている事だけではない。衝撃の真実が二重三重と張り巡らされているのです。詳しくは今後のお楽しみ。現在、後藤が娘と幸せに暮らしていた家は売家になっており、鎌倉の家同様荒れ果てた様子。これは悲喜劇とでも言うべきか。久米田先生の手腕に拍手。後藤役の神谷浩史さんもハマり役でした。OPもEDも良かったです。

追記:アニメを観ていて思いましたが、子どもがいる方だと親の気持ちがわかるので、より共感しやすい気がします。子どもの頃、(他社ですが)りぼんで「お父さんは心配症」という漫画が連載されてて、爆笑しながら見ていたのを思い出しました。画風も全然違うし、父親の暴れっぷりもあちらはハンパなかったですが。
当然ですが、作者も読者も歳をとります。正直、現在10~20代の若い方にはわからないギャグも入っていたりして、中高年層の方がウケるかもしれません。最近の漫画やアニメは感覚的に馴染めないものも多く、大人が観ても面白いと思える作品が減っていると感じます。その中でも多くの年齢層を惹き付けるアニメが頑張っているのは頼もしい限りです。声優陣では、名前を知っている方が減り若く初めて見る方が増えてきて、世代交代の寂しさを感じますが。
内容ですが、1クールで終わらせるため細かい内容をガンガン削ってるようで、ラストを原作と同時に綺麗に終わらせられるか、気がかりです。後少しですが最後まで見続けます! 2020, 05, 18
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています
レイブン2020/04/05に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
【シャフトのPVとは異なる】"ハートフル"は良いが、”コメディ”がイマイチ
原作のPVは『さよなら絶望先生』のシャフトでしたが、制作会社を「忍たま乱太郎」や「かいけつゾロリ」で有名な亜細亜堂に変えていますね。
この作品、「本好きの下克上」と異なり、下ネタもあるので、小さい子でも大丈夫という訳でもなく、この制作会社の変更は嘆いている人も多いですね。
バトルものやロマンスものじゃなく、コメディなので紙芝居的になっても大丈夫なのでしょうけど。
『さよなら絶望先生』がブラックコメディなのに対して、「かくしごと」はハートフルコメディとの事なので、変えたのでしょうか?
そう言えば、「じょしらく」は、萌え女子キャラ得意のJCでしたね。

この作品は、ハートフルな部分は、父娘もののファミリー物語に弱い人には、ほのぼのして良いです。
ギャグは、普遍的なものはマイナーな内輪ネタが多く、”時代背景がポイントとなるもの”(時事ネタなど)は、ずれているように感じました。
”時代背景がポイントとなるもの”は、時期が難しいですね。
作品の時代設定が5~6年前なのかな?
「おしゃP」ってもうちょっと古いですし、スタバがオシャレっていうのも笑いのポイントとしてはシーラカンスかな。
そりゃ20年くらい前なら、私も新宿南口のスタバに入るのにそうとう怖気づいた上、「Tall(トール)ってなんですか?」って店員さんに聴いたりしてましたけど、もう10年以上前からその辺のダサい駅ビルやショッピングセンターに入っていますしね。
作品の時代設定がそうなのかもしれないですけど、ギャグは辛いかな。

エンディングは80年代に流行った「君は天然色」と、ビジュアル的には同じ時代に流行った「ハートカクテル」的な絵柄でした。
その時代を懐かしく思い出すことができますが、作品の内容とズレている感じもします。
狙いに統一感がなく、全体的にバラけてる印象の1話でした。
「制作がシャフトだったらどうだっただろう?」とあり得ないIFを考えてしまいます。
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
sansan0332020/04/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
結構好き
2話まで視聴しました。
現代パートと過去パートで毎回構成されていて、
アットホームな過去と意味深な現代パートに分かれている。
現代パートで締まると言うか色々想像させられるので、
ギャグ主体の内容の割に気になる作品に仕上がっている。

主人公が絶望先生で阿良々木くんで同一人物だろって言われても
納得するレベルで同じ感覚。
まあ、嫌いなキャラじゃないから見れます。

子供が可愛くて偶に無意識に良い事言う感じがすき。
ある程度安心して見れるし襟を正して見る作品じゃないかんじ

ちょっとギャグのキレが弱いかなって気はします。
ED(君は天然色)が凄く雰囲気合ってて本当に好きです。

終わり方次第だろうけど何となくだけど名作になりそうな予感がする。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
佐久間 公2020/06/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
思い出は 天然色
うさドロ経由 かくしごと着です。事情があり娘が姫くらいの間まで父子家庭でした、そして現在高校生。かなりシンクロしまして、男親の心境がツボです。娘に辛い思いをさせたく無いから全てを叶える努力、いつでも飛んで駆けつける想い。しかも 大瀧詠一。評価せずにはいられない。原作をアニメで全て観たいが…、そこが残念です。シーズン2、3と続いて欲しい。久米田先生の絵も好きです。ストーリーの中にも有りますが 疲れない漫画です。今後のご活躍を期待しております、また アニメスタッフの皆さまありがとうございます。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示