この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

「ひと」

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 2,400より 中古品の出品:1¥ 3,183より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ZABADAK ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2011/3/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: GARGOYLE RECORDS
  • ASIN: B004LLEQ7M
  • JAN: 4524505302392
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 116,027位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. つま先からむこうがわ
  2. 無限の中のどのあたり
  3. Birthday
  4. ひと
  5. Airport
  6. 四月の風
  7. ひとつの事件
  8. 冷たい夜に
  9. 月と金星
  10. 水の行方
  11. おかえり

商品の説明

内容紹介

そしてみんないきぬくひと
前作「平行世界」のリリースから約2年、通算26作目となるZABADAKのオリジナルアルバム「ひと」完成。 今作品より、長年、ZABADAKのほとんどの作品の作詞を手がけ、ヴォーカリストとしても参加し、プライベートでもパートナーであった小峰公子が正式にメンバーとして加わり、サウンドはもとよりコンセプチュアルワークでも、よりパワーアップ。ZABADAKの世界観がより確かなものとなった。 リコーダーのイントロが印象的なザバダックサウンドの神髄とも言えるM-2、呪詛的にささやきかけるM-3「Birthday」の小峰公子の個性的なヴォーカル曲に続くタイトル曲M-4「ひと」は、このアルバムのコンセプトの核をなす。インスト曲M-6 「四月の風」は斉藤ネコ氏の深いヴァイオリンの響きとのコラボレーション。12分を超える大作のM-10「水の行方」は組曲のような構成で吉良知彦らしい緻密で重層的なサウンドをたっぷりと堪能できる。

アーティストについて

1986年に東芝EMIからデビューし、1994年以降は吉良知彦のソロ・プロジェクトとして活動を続ける“ZABADAK”。ロックを基調にしながらも様々な要素を取り入れた幅広い音楽性、重層的にアレンジされたスケール感溢れるサウンドは、常に新たなファンを取り込み続け、多くのリスナーを虜にしてきた。吉良知彦の作り出す力強く美しい、そして叙情的なメロディは映像の分野からも注目され、TV番組、TVCM、映画、演劇作品などにも数多くの楽曲を提供している。また活動は国内に留まらず、2000年~2002年にフランス・アヴィニョン国際演劇祭に参加、 「Big Bang Theatre」等でのコンサートやパリ・モントロイユの劇場でのライヴ、そして2007年2月にはパリのグラン・パレ「発見の宮殿」プラネタリウム、セーヌの船上ライヴハウス「Kiosque Flottant」でライヴを行い好評を博した。2010年1月キネマ倶楽部にて行われたライヴ「新春月光夜会」が大好評のうちに終了同タイトルのライヴDVDを リリース。2011年3月、作詞家・ヴォーカリストの小峰公子が正式加入。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
デビュー当時から、上野洋子が抜けるまでは、ほぼリアルタイムで聴いていた。
あそこから、「桜」や「十二月の午後〜」のエッセンスを強く出し、音を重ねて、でも基本はギタートリオという形で作りこんだらこうなりました。というのは前作、前々作も同様。作品前にボーカルの存在感も良いし、音は厚く、でも、空に突き抜けるような音楽になっている。ここがまた気持ち良い。
さて、ここまで作った以上、ライブではどうなるか?
既に関係者の間では、「どーすんの?難しいじゃん」という意見も聞こえてきている。
そこで訓練した結果がまた次の作品の音を広げるのだろう。楽しみ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さらまわし 投稿日 2011/7/8
形式: CD Amazonで購入
今作から小峰公子さんが、正式メンバーとなり
公私ともにパートナーとなった。
今作もかなりの秀作です。吉良さんらしいメロディ
のポップソングのオンパレードでありながら
インスト部やコーラス部の緻密な音作りや構成など
聴き所は充分です。
特に「無限の中のどのあたり」インスト曲「四月の風」
長尺曲「水の行方」などは全盛期を思わせる
ファンにはたまらない楽曲です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す