通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「はやぶさ」-2つのミッションを追って: “HAY... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆[帯無]この商品の状態は、表紙カバーに少しキズ、小口と地に少し汚れがあります。◆[検品者より]書込みやアンダーラインなども無いので、中古本として問題なくご使用して頂けると思います。二重チェック方式などを使い慎重に確認しておりますが、万が一検品ミスがありましたらご連絡ください。対応させて頂きます。カバーはエタノールにてクリーニング済みです。注文後、温度と湿度が管理された倉庫より、商品を発送いたします。コンビ二決済もご利用いただけます。万が一、不具合がございましたら、返品返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

「はやぶさ」-2つのミッションを追って: “HAYABUSA"ミッション9年間のドキュメント 単行本 – 2014/12/19

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/12/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 498
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「はやぶさ」―われわれは、なぜ、この小さな探査機の軌跡に感動するのか―
「はやぶさ」プロジェクトチームから出される限られた情報をもとに、
小惑星探査機「はやぶさ」、「はやぶさ2」ミッションを美しい映像作品に描き出した、
上坂浩光監督。「はやぶさ」の地球帰還を描いた映画『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-』、「はやぶさ2」プロジェクトを描いた『HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』。
その制作過程は、この宇宙探査プロジェクトにこめた人々の想いを見つめることだった。本書は「はやぶさ」、「はやぶさ2」を追い続けた映像作家による、もうひとつの“はやぶさ"ミッションドキュメントである。

「はやぶさ」、「はやぶさ2」をテーマとした映画作品で好評を博した上坂浩光監督。上坂氏が「はやぶさ」と出会い、日本のエポックメイキングといえる宇宙探査プロジェクトを映像化していくまでを振り返る。進行中の宇宙探査プロジェクトを映像化することには大きな困難が伴った。プロジェクトチームから出される情報は限られたもののみ。数少ないオフィシャル情報から探査機を詳細に再現し、ミッションの科学的な意義をとらえ、多くの人々に感動を与えるドラマとして描ききったその作品は大きな好評を博した。
本書は上坂氏によるドキュメントである本編のほか、「はやぶさ2」ミッションを描いた上映中の映画『HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』映像による、「はやぶさ2」ミッション、「はやぶさ」両ミッション全容の紹介、緻密に表現された「はやぶさ」、「はやぶさ2」探査機、小惑星イトカワなどのCG映像の制作過程、「はやぶさ」の地球帰還を現地で迎えた上坂監督の観測記、そして、2014年12月3日についに打ち上げられた「はやぶさ2」の写真と観測記をカラービジュアルページで掲載。
本書は「はやぶさ」プロジェクトチームをも魅了した映画作品の制作過程を追いながら、「はやぶさ2」、「はやぶさ」両ミッションの全容を知り、「はやぶさ」ミッションという宇宙探査にわれわれ人間が願うものは何なのかを見つめた一冊です。

目次

プロローグ~ 「はやぶさ2」機体公開 2014年8月31日

第1章 『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-』(2009)
「はやぶさ」との出会い/人生をかけて/不思議な体験/「はやぶさ」のフルドーム作品を作ろう/構成案初稿/雨の富士スピードウェイ/大阪市立科学館でのプレゼンテーション/緒方拳さん/『HAYABUSA BACK TO THE EARTH』始動/ドーム空間での映像演出/フルドーム映像制作開始/挫折/星空を作る~星居天文台のこと/「宙(そら)よ」/『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-』公開 ほか

第2章 『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-(帰還バージョン)』
監督という商売/近づく足音/オーストラリア・ウーメラへ/はやぶさ帰還/カプセル公開/「はやぶさ」の葬式/『HAYABUSA BACK TO THE EARTH帰還バージョン』公開/講演で出会った人々 ほか

第3章 『HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』
「はやぶさ2」ミッションの苦難/「はやぶさ2」ミッションの変遷/無意識の海の底から/イプシロンロケット/ロケット打ち上げのエネルギー/作品のコアを落とし込む/ミッション関係者の協力/モデル制作/シナリオ第2稿/新しい挑戦/種子島宇宙センター/創作の喜び/スカイツリー天空での試写/大なたを振るう/実写撮影の困難/「はやぶさ」ファン/篠田さんとの真剣勝負/ロケットの音/あきらめない(スタジオの骸骨)/一般公開で起こったこと

エピローグ~「はやぶさ」の旅立ち 2014年12月3日

■カラービジュアルページ
『HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』/「HAYABUSA2」ミッション/「はやぶさ」の地球帰還/『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-』の制作/「HAYABUSA」ミッション/『HAYABUSA2-RETURN TO THE UNIVERSE-』の制作

内容(「BOOK」データベースより)

われわれは、なぜ、この小さな探査機の軌跡に感動するのか―。「はやぶさ」プロジェクトチームから出される限られた情報をもとに、小惑星探査機「はやぶさ」、「はやぶさ2」ミッションを美しい映像作品に描き出した上坂浩光監督。その過程は、この宇宙探査プロジェクトに人はなぜ心を動かされるのかを見つめることだった。プロジェクトチームをも魅了した「はやぶさ」フルCG映画制作9年間を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2014/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416714661
  • ISBN-13: 978-4416714669
  • 発売日: 2014/12/19
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 694,518位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
本という形にかえたひとつの作品

数々のドラマがあった「はやぶさ」のミッションに感動した人は沢山いる。
私もその中の一人だが、そのミッションを知るきっかけを作ってくれた作品がある。
上坂浩光監督の「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」である。
この本はその上坂浩光監督が「はやぶさ」ミッションを追った9年間のドキュメント。

感動を呼ぶミッションを達成した裏には携わった方々の壮絶な苦難があるわけだが、
その内容を伝える映像作品を完成させる事もやはり想像を絶する苦難が伴う。
「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」という作品はミッションの苦難を教えてくれたが、
この本はその苦難や感動を伝えることがいかに大変かという事が伝わってくる。
この本もひとつの作品であり、映像作品と同様に産みの苦しみがあったと思うが、
読み終わった後は映像作品と同様に素晴らしい感動が待っていた。
それは「はやぶさ」のミッションと同様に様々なドラマや苦難があったからこそ、
人々が感動する作品の完成という結末に感動するのだろう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告