中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「なんでだろう」から仕事は始まる! 単行本 – 2004/5

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,193 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「なんでだろう」と自分の頭で考えることから、道は開ける!
宅急便を世に送り、福祉の世界に身を投じた男、確固たる志を貫く伝説の経営者が語る!
「仕事とは!働くこととは!」の真髄!
そもそも、仕事が自分のためになるかどうかは、本人の好き嫌いとは関係がない。嫌いな食べ物でも、食べれば必要な栄養分が摂取できるのと同じことである。では、意に染まない仕事を楽しめるようにするにはどうすればいいか。(中略)つまり、仕事を楽しむ道筋はひとつではなく、人の数だけあるということだ。そこに自分ならではの価値を見出すことができれば、どんな仕事もおもしろがることができるはずなのである。——<「好きな仕事」と「意に染まない仕事」より>
●経営者になれても経営はできない
●会社の価値は「志」のあり方で決まる
●いやな仕事はみずから行動を起こす
●最後にものをいうのは人柄
●チャンスは平等に、結果は本人しだい
●「好きな仕事」と「意に染まない仕事」
●説明能力を磨け
●悪い循環は隠し事とうそから始まる
●「会社のため」に倫理観をゆがめるな
●企業活動はすべて人と人との関係である
●「雇用」と「仕事」は同じではない
●いちばん大切なのは「倫理観」と「優しさ」


内容(「BOOK」データベースより)

宅急便を世に送り、福祉の世界に身を投じた男、確固たる志を貫く伝説の経営者が語る!「仕事とは!働くこととは!」の真髄。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062124106
  • ISBN-13: 978-4062124102
  • 発売日: 2004/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本はシンプルに仕事に対する志について書かれていて、大変読みやすく、著者の仕事は常に論理的にシンプルでわかりやすくを地に行っている本です。
 社会経験が豊富な方は読んで当たり前のことが書いてあると感じるかもしれませんが、自分の適職を探している人や、やりたいことに悩んでいる人が読めば少し解決策が見えてくるかもしれません。
 自分の仕事をキライだと思っている人は、好きになるヒントがこの本にはあると思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近の三菱自動車リコール問題等、経営者の考えと世の中の価値観の乖離に至る原因が、企業体質の問題なのか経営者理念の問題なのか、この本を読んで、その理由の一端がわかったような気がします。
小倉氏は、会社経営の一線から潔く身を引いて、その後は障害者に対する理不尽な社会の扱いを変えるべく財団をおこした人であり、本の中では自身の性格的に気の弱い部分や現実を生きていくためには清濁あわせ呑む考えも必要だと、決して理想論だけで書かれていないところに好感が持てます。官民のリーダーが氏のような考えかたを持っていれば、世の中はもっと良くなるのではないでしょうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分の頭で考えることの大切さについて書かれています。
経営者として長く会社と関わってきた著者の経験がちりばめられています。
「小倉昌男 経営学」と重複する部分もあります。
しかし経営哲学は経営者にとって軸となるものだから何度よんでも身にしみ
ます。
気になった言葉です。
◆書類の上で経営者になれたからといって、それだけで経営ができるという
ものではない。経営とは生身の人間とつきあう仕事だからである。
◆どんなに組織が大きくて、トップから末端まで距離があったとしても、「
知らなかった」は経営者の免罪符にはならない。
◆自分たちの会社がどういう心持ちで仕事に取り組み、いかにして社会の役
に立つかということ。
◆しかし、社長を辞めるまでに解決にいたらなかった問題もある。もっとも
心残りなのは、納得のいく人事評価制度を作れなかったことだ。
◆部下が意欲的に目の前の仕事に取り組めるようにしたかったら、現場のリ
ーダーは長期的なビジョンを説明しなければいけない。
◆上司というのは、部下に批判されたり悪口を言われたりして当たり前の存
在だと思わなければいけない。
◆全員にチャンスを与えるのは大事だが、最後まで平等に扱う
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
氏の最も分かりやすい偉大さを説明するなら、時代変化、環境変化の中で論理的に洞察して法人配送事業から、まだ世の中に存在しなかった宅急便という個人配送事業への劇的な事業転換を実行したその業績そのものになります。しかしこれでは余りに無味乾燥です。
氏は二代目社長でした。また事業承継時、法人配送業として業界最大手の地位にありました。宅急便事業の立上げには霞ヶ関の抵抗にあいますが、したたかに突破していきました。こうした反面、氏は「私は気が弱く、頼まれたことを断らなければならない時など憂鬱でたまらない」などと吐露しています。そうかと思えば、「経営者、リーダーは、志、情、ビジョン、を持て」と分かりやすいことも、しかし論理的に説きます。そして何より大切なのは倫理観と優しさだとも。
どうでしょう、氏への興味が沸き起こらないでしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告