Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,000

¥ 350の割引 (26%)

(税込)
ポイント : 10pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[みうらじゅん]の「ない仕事」の作り方 (文春e-book)
Kindle App Ad

「ない仕事」の作り方 (文春e-book) Kindle版

5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,000

紙の本の長さ: 175ページ

商品の説明

内容紹介

デビューして今年で35年、「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いのでは?

本書では、それまで世の中に「なかった仕事」を、企画、営業、接待も全部自分でやる「一人電通」という手法で作ってきた「みうらじゅんの仕事術」を、アイデアの閃き方から印象に残るネーミングのコツ、世の中に広める方法まで、過去の作品を例にあげながら丁寧に解説していきます。

「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書(?)です。

内容(「BOOK」データベースより)

「マイブーム」「ゆるキャラ」の名づけ親みうらじゅんの「一人電通」式仕事術を大公開!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 19722 KB
  • 紙の本の長さ: 179 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/11/25)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B018JRLI06
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,650位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
そんなにみうらじゅんさんについて詳しくはないですが、
タイトルに惹かれて読んでみました。
私自身マイノリティーな雑貨商を営んでいるので、きっと参考になることが書いてあるだろうと目論んだのです。
読んでみるとページ数は普通の本よりも少なめ、文字も比較的大きめですが、個人的には内容がディープで仕事の役に立つことがたくさん拾えてよかったです。

みうら氏のファンでないなら、案外読む人間を選ぶような気もします。
ニッチ市場向けビジネスをしているような人や起業家などにはウケそうな内容です。

以下、特に気に入った部分の抜粋です(一部省略あり)。

『どんな仕事であれ、「やりたいこと」と「やらねばならぬこと」の間で葛藤することが多いと思われます。
それは私も同じです。
そこで肝心なのは、そのときに「自分ありき」ではなくて、「自分をなくす」ほど、我を忘れて夢中になって取り組んでみることです。
新しいことはそこから生まれます。』

『私の仕事は「あったらいいな」という気持ちで始まるのです。
自分が「あったら絶対買う」と思えるかどうか。
難しい会社の事情や、それがヒットするかどうかなど、乱暴な言い方ですが、どうでもいいのです。』
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2015/12/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
みうらじゅん尊師がついに「仕事術」の本を出された。信者としてはちょっと複雑な気分だ。おもしろおかしく脱力マニアックなスタイルで語られているが、「自分洗脳」「一人電通」「自分なくし」「レッツゴー不自然体」「面接=接待」「飽きないふり」とか、じつは社会人にとっては常識の部類であり、尊師のまともさが前面に出てしまっている。これは何か、尊師の遺言なのだろうか。「仕事を得るには不安そうに見えるほうがいいのです」。そんな極意中の極意まで、ここでばらしてしまっていいのだろうか。それこそ不安になる。そこは「でもそこがいいんじゃない!不安タスティック!」といって読み進めなくてはならない。

私が入信したのは尊師が「いやげもの」の修行にいそしんでおられた頃である。こんなものを誰が買うのかという全国津々浦々の珍妙な土産物を、「俺が買わねば!」と無理やり購入して大量に集めるという、あの荒行だ。昨年パルコで開催された「いやげもの展」でその生々しい修行の内容を目の当たりにし、胸が詰まった。その後、「アウトドア般若心経」でさらなる高みに到達、ここで「ない仕事」の本質をついに悟られたと本書では明かされる。そこが人生のターニングポイントだったと。

実は自分も最近マイブームになりそうな「好き」に出合い、舞い上がってわりと軽々しく人にしゃべったりしていた。でも尊師のこの本を読ん
...続きを読む ›
コメント 265人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者について殆ど知識が無く、たまに見かける写真で”タモリがづらを被って演じてるキャラ” かと思っていました。
朝日新聞の書評を読んで興味を持ち書店で立ち読みしようと思いましたが、足を運んだ書店で見当たらず
”品切れで2週間待ち”と言われ、一方目的の ”ホセ・ムヒカの言葉”が山積みだったので、なんだか無償に価値が高いような気がしてアマゾンで買ってしまいました。
独特の発想があり、世の中に面白い企画を次々と発信してきている方なのだなということがよく理解できました。
ない仕事の作り方としては”接待をして仕事をとる、協力してもらう、発表の場を確保する”という方法?が明かされてますが、
実はこの人自身が本書にあった”いやげ物”みたいな存在で、相手に”自分が買ってやらなければ誰が買う”的な脅迫観念を抱かせる ”人たらし” 故では無いかと思いました。 好きを極めてもそれを発表してじわじわブームにして仕事にするには、発表の場をゲットしなければならない。
ネットで見ていたら、学生時代から糸井さんの事務所に入り浸ってやがて気に入られた人みたいなので、一般人がこの人と同じ手法で仕事を作ろうとしても、この人くらいキャラが立ってないと一蹴されそう。 文章や独特の視点はとても面白かったです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
みうらじゅんさんを知り、

ヤングマガジンの
水原弘のハイアースホーロー看板ネタを読み、
夢中になりました。
(近所に錆びたいい感じのハイアース看板があったので)

誰もこんなものに着目しないだろう、という事象に
スポットライトを当てる天才だと思います。

「ない仕事」を企画し、雑誌社などにプレゼンする
ひとり電通と表現している所に

起業家にも相通じるものがある、と感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover