Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 540の割引 (29%)

ポイント : 12pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[野口 嘉則]の「これでいい」と心から思える生き方
Kindle App Ad

「これでいい」と心から思える生き方 Kindle版

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1,422

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

大切な選択をする前に読んでください。
人生の確かな指針を持ちたい人、必読の書!

“本書で提案する生き方は、悩みや迷いがまったく消えてしまうような生き方ではありません。悩みや迷いを抱えていても、思いどおりにならないことがあっても、辛いことや悲しいことがあっても、どんなときも自分の人生を「これでいい」と受け入れて、今この瞬間を自分らしく輝いて生きる生き方なのです。”(プロローグより)

ベストセラーとなった『心眼力』から5年。「幸せ」と「人間学」の探究を続けてきた著者、渾身の書き下ろしがついに刊行!
自分らしく生きて、本来の力を発揮する人生を送りたいと望む人に最適な1冊です。

【著者メッセージ(本文より)】
私はかつて、心から満足できる人生を実現すべく、
さまざまな自己啓発書を読み漁って行動に移しましたが、
それでも自分に自信が持てず、行動は空回りするばかりでした。

やがて私は大切なことに気づきました。
立派な建物を建てるためには、
まず基礎工事をしっかりやる必要があるように、
心から満足できる人生を実現するためには、
まず自分という人間の土台を確立する必要があったのです。

自分という人間の土台を確立すれば、本来の力を発揮できます。
そのための生き方を本書でお伝えします。


*目次より
プロローグ 「自分づくり」の旅を始めましょう

第一章 心の安全基地を確立する
 目標を達成しても心が満たされないのはなぜか
 自分に与える許しのメッセージ
 子どものころに決めたことの影響力
 「イヤ」を大切にすると「喜び」が育まれる
 心の中に安心できるスペースを確保するために
 アサーティブに「ノー」を言うと自尊心が育つ
 健康な家族は夫婦間や親子間にも境界線がある
 自分を守るためのルール
 相手の問題は相手に返す

第二章 選択する力を養う
 なぜ宮沢賢治は罪悪感に苦しんだのか
 ひきこもりの中で目覚めた夏目漱石
 「自分に由る」ことで創造性や独自性が育つ
 生きる力をどのように育むか
 自分を縛っているものの正体
 個性はどこで失われるか
 人は葛藤を通して成熟する
 ものごとを「正しいか間違いか」で考えない
 自由を獲得するための三段の変化
 孤独を楽しめる人は幸せな恋愛ができる
 一人でいられる能力の高め方

第三章 地に足をつけて新生する
 「自分は何者なのか」を決めるもの
 葛藤と選択によってアイデンティティは確立される
 体験によって自分が見えてくる
 目の前のことにコツコツ取り組めない人たち
 思いどおりにならないことへの耐性
 万能感の落とし穴
 心理的に大人になるための通過儀礼
 求められる父性
 家族が健全に機能しているかどうかを判断する基準
 母性のプラス面とマイナス面
 子どもへの執着心を手放せた父親
 蓮(はす)の花は泥水の中で咲く

第四章 自己受容を深める
 自分を肯定できなくても大丈夫
 弱さこそが宝になる
 自己受容の訓練法
 感情とのつきあい方
 自分の中の怒りに対処する方法
 「悲哀の仕事」によって喪失の悲しみから立ち直る
 常にポジティブであろうとすることの危険性
 悲哀のメロディーが共感能力を育む
 自立のためには依存も必要
 「健康的な依存」の四つの要素
 心の自立度を高める方法

第五章 人生を最高の物語にする
 エンディングを意識することで今が輝く
 人が真価を発揮できるとき
 わからないことの豊かさ
 ものごとの両面性に気づく
 八方ふさがりになったときは
 起きたことの深い意味は後で見えてくる
 「悪い結果」という思い込み
 不完全でいい、未熟でいい、愚かでいい
 起きるべくして起きるシンクロニシティ

エピローグ 人生とは一度しか通らない道

本書で紹介した良書の一覧

内容(「BOOK」データベースより)

自分らしく生きて、本来の力を発揮する人生。大切な選択をする前に読んでください。人生の確かな指針を持ちたい人、必読の書!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 688 KB
  • 紙の本の長さ: 184 ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2013/11/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GTAV3Q0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,202位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この本に書かれてあることを実践すれば、
人生で思いどおりにならない状況に出くわした時、
「これでいい」と、心からその状況を歓迎し、
祝福することができるようになります。

ただ、、、人によっては、
『通過儀礼』があるかもしれません。

それは「痛み」を伴います。

私の場合、
本書を読んだ直後、
立ち直れないほどの衝撃を受けました。

一ヶ月もの間、
あまりのショックで、
な〜んにもできなくなりました。

野口さんのおっしゃる通り、
自分の「無力感」や、「葛藤」、「挫折」を大切にして
じっくりと味わうようにしたら、結構落ちます。

そういう点では、
この本は、他の自己啓発や成功本と反対のことを言っています。

反対のことを言っているのですが、
誰も言いたくなかった、真実がはっきりと書かれてあります。

本書は、
私のように「万能感」を手放せていない大人にとっては、
好転反応がでてしまいかねない、確信に迫る内容です。

私自身も、これまで様々なセミナー等に参加し、
...続きを読む ›
コメント 103人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミリオンセラー「鏡の法則」の著者、野口嘉則氏による人生論。

ひとことで言い表すなら、
「どんな時でも自分が、自身の一番強い味方になる為の本」
である。

本書で紹介されているダンテの言葉のように、
「汝は汝の道を行け。人には勝手に言わせておけ」
という強い生き方を体現するための具体的手法を、
心理学マニアである野口氏が、先達の開いた難解な学術を引用し、
現代の我々をやさしくガイドしてくれる本である。

世間や社会や同僚や友人や家族らの意見・価値観に振り回されて、
結局自分がどう生きたいのかわからなくなっている人たち、
また、どう生きたいのかはわかっているのだが
自分の思いと、置かれた立場との狭間でなかなか、活路を見いだせないでいる人などはきっと、
本書の中から心にヒットする箇所をいくつも得られるだろう。

しかし読み手側が、本書の内容を全て自分ごととして受け止める覚悟をして読み進めなければ、
また、自身の生き方と周囲との関係で少しも葛藤を抱えていないのであれば、
本書はただの「ふつうの良い話」が並んだコラム集で終わるに違いない。

読み手が自分の人生を振り返って、
...続きを読む ›
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「鏡の法則」の著者、野口嘉則さんの会心の一冊。
自我の確立方法に関する具体的方法を提案している。
この本のお陰で、心が何度も救われました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んで「地に足のついた生き方」をはじめて理解した気がします。

今まで思い通りにならないことがあると、怒ったり悲しんだり、
状況や相手をコントロールしようと躍起になっていました。
また、コントロールできないことがわかると、
言い訳したり、自分を責めたり、どちらにしても
マイナス思考になっていた気がします。
ですが、本書を読んで、
「思い通りにならないことがあるんだと当たり前のことをちゃんと受け入れることで、
はじめて前に一歩進めるのだ」ということについて、とても腑に落ちました。
そして、それが大人になるということなんですね。

本書では「不自由な環境こそが、万能感を手放し、思い通りにならないことへの耐性」を獲得することができる、
としています。
「幼児的な万能感を持ったまま大人になってしまうと地に足をついて生きられなくなる」とのことですが、
まさに自分自身のことだと痛感しました。
「自分に対する万能幻想が打ち砕かれたとき、幻想としての万能の自分は死ぬのですが、それによって、地に足をつけた等身大の自分が新生する」との言葉に勇気づけられました。
スピリチュアルが好きな方にもおすすめしたい1冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover