この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「こっくりさん」と「千里眼」 ―日本近代と心霊学― (講談社選書メチエ) 単行本 – 1994/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 748
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治なかば、燎原の火のようにひろがった〈こっくりさん〉。人々はなぜ、この不思議な遊びに熱狂したのだろうか。大流行した〈心霊学〉や〈催眠術〉、全国を二分した〈千里眼〉論争。〈こっくりさん〉とともに歴史の深層に沈んだ現象を発掘し、日本近代のもうひとつの顔をあきらかにする力作。

内容(「MARC」データベースより)

明治のなかばブームになった「こっくりさん」と「千里眼」論争。歴史の深層に沈んだ多くの不可思議な現象を発掘し、日本近代のもう一つの顔をあきらかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (1994/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406258025X
  • ISBN-13: 978-4062580250
  • 発売日: 1994/08
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 294,176位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/23
形式: 単行本 Amazonで購入
 近代日本における心霊主義を、「こっくりさん」と「千里眼」という2つの視点から読み返し、社会的文脈のなかに位置づけようと試みた一冊である。
 単なる「怪しいもの」だったのではなく、近代社会において一定の地歩を占め、ある種の科学的期待が寄せられていたことが分かる。これもまた近代史の一部ということか。
 こっくりさんの起源については、やはり不明らしい。ここはどうしてもわからないのか。
 福来事件についてきわめて詳しく書かれており、資料としても貴重だ。とくに新聞報道について収集・整理されているのがありがたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
斯界の第一人者による明治期の心霊学研究史。
東京大学助教授であった心理学者福来友吉が如何にしてその職を追われしか。
福来のいた19世紀末頃、日本には30人くらい心理学者を名乗る人がいたろうか。

心霊の分野について
福来と寺田寅彦の立場を表す文を掲げる。
福来
「世に科学なるものあり。分析と結合を以って天地の理を開かんとす。
 謂えらく、宇宙万有の事、此の二法を以って究べからざるものあらんやと。
 十八世紀以来、学術は此の二法を神聖規則と仰ぎ、
 世界は科学の万能を謳歌するに至れり。
 然れども生命の真相には、分析を以って探るべからざるものあり。
 結合を以って知るべからずることあり」

有り体に言えば「世の中には科学で考えてばかりじゃダメなこともあるんじゃないの」ということである。

寺田
「人間文化の道程において発明されたいろいろの作品の中でも『化け物』などは最も優れた傑作といわねばなるまい。
 化け物もやはり人間と自然の接触から生まれた正嫡子であって、その出入りする世界は一面には宗教の世界であり、 
 また一面には科学の世界である。同時にまた芸術の世界でもある。(中略)
 不幸に
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告