通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: さいたま市より平日は毎日発送。書き込みなし。外観のわずかな使用感程度で、外観&中身ともに良好な中古本です。まれに検品漏れ等がある場合がございますので、お気づきの点がありましたらお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか? (光文社新書) 新書 – 2014/11/13

5つ星のうち 2.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか? (光文社新書)
  • +
  • 要するに (河出文庫)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【内容紹介】
「お金」なんてやめちゃったほうが、社会はうまく回るんじゃないか――?
「日銀の存在は憲法違反?」「金利はどうやって決められている?」
「通貨を発行する権利があるのは、なぜ国家だけなのか?」
「経済政策の7割はムダ!?」「お金がなくても生活レベルは上げられる?」
貨幣経済社会に懐疑的な岡田斗司夫と、途上国の経済援助にも携わる評論家・山形浩生。
二人の対話を通して、「お金の本質」をわかりやすく解き明かす。

【目次】
第1章 どうして僕らは「円」を使うのか?
第2章 政府や銀行のお仕事
第3章 「評価」は「貨幣」の代わりに使えるか?
第4章 評価経済が本当に回るか実験してみる
第5章 格差の本質
第6章 自由時間経済学への序曲

【著者プロフィール】
山形浩生(やまがたひろお)
1964年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学科およびマサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。
大手シンクタンク会社に勤めるかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで広範な分野での翻訳、執筆活動を行なう。

岡田斗司夫FREEex(おかだとしおふりっくす)
1958年大阪市生まれ。社会評論家。85年アニメ会社ガイナックス設立。「オタキング」として知られる。
現在は「評価経済社会」を試験的に実践する団体FREEexを立ち上げ、社員と共に数多くの著作、コンテンツを発表している。

内容(「BOOK」データベースより)

「お金」なんてやめちゃったほうが、社会はうまく回るんじゃないか―?「日銀の存在は憲法違反?」「金利はどうやって決められている?」「通貨を発行する権利があるのは、なぜ国家だけなのか?」「経済政策の7割はムダ!?」「お金がなくても生活レベルは上げられる?」現代の貨幣経済社会に懐疑的な岡田斗司夫と、途上国の経済援助にも携わる評論家・山形浩生。二人の対話を通して、「お金の本質」をわかりやすく解き明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 221ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334038263
  • ISBN-13: 978-4334038267
  • 発売日: 2014/11/13
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,222位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「お金」ってなんだろう、そこを読んで、読むのを楽しみにした。

結果は、最悪だった。羊頭狗肉とは、まさにこのこと、この本の題名は、岡田斗司夫の、「俺の考えるお金とは」だった。全体の半分まで、我慢して読んだが、その後は、流し読み。

もう、その人を評価して、「個人マネー」を信頼で発行すればいいとか、最後には、カネじゃないでしょ、時間でしょ・・・

題名に期待して買った自分が、本当にバカだった。

「お金」の、定義とか、不思議さとか、そんなものまったく皆無。岡田斗司夫の空想SF。

唯一、いい所は、発展途上国が酷すぎることがわかるということ。

それに、日銀と銀行の解説。

出てくる言葉が、「公定歩合」と、「預金準備率」操作・・・・
これ、20年前の話。
もう、「ナウイ」「準禁治産者」「ルーズソックス」並みの死語。オワコン。
日銀でさえ、「使っていません」と言っている手段を、とうとうと解説。

ふざけて使っているかと持ったら、本気で使っていた(図解入り)。

しかも、その公定歩合(政策金利)の意味も、まったくウソ。今は、上限金利で、日銀がこれなら必ず貸してあげるという金利。市場金
...続きを読む ›
1 コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あたらしい経済についての対談です。
岡田「こんな経済システムとかどうですかね?SFっぽいけど~」
山形「どうだろう、現実には難しいよね、その理由は~」
このやり取りが繰り返される本で、当初期待していた内容と違いびっくりしましたが、ところどころ面白い話がある。
岡田氏が少々ぶっとんでいるのですが、山形氏が上手くまともな方向にもっていく。翻訳本のように罵倒したりしない。
また、第5章「格差の本質」は山形氏主導の議論で、面白いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 オタキングは「つまらない、役にたたない」空想話を、いつもはKindle版99円で出している。 
つまらない空想話でも、Kindle版99円なら、安いし、ゴミにならないから許せる。 しかし、
なぜ今回は紙の本にしたのか?

 山形浩生は英語力が自慢の様だが、いつもは「読みにくい、つまらない」翻訳本を出している。
つまらない翻訳本でも、バカな山形の主張でなく、海外の著名人の主張だから許せた。 しかし、
なぜ今回は、自分の主張を? しかも経済の話を? 
 
 無謀でしょ。 なぜなら、お金や円を語るには、正しい経済知識が必要だが、
著者2人とも正しい知識をもっていない。 だから、マスターべーションのような空想話ばかり。

 マスターベーションは他人に見せるものではない!
こんな酷い内容を何故、本にできるのか、不思議である。
 
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック