この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「お葬式」日記 ハードカバー – 1985/2/25

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 28
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

シナリオ「お葬式」    「お葬式」    監督ロングインタビュー


登録情報

  • ハードカバー: 322ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1985/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163388702
  • ISBN-13: 978-4163388700
  • 発売日: 1985/2/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 388,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
お葬式がどのように撮影されたのか、非常に楽しく解説されています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
本著は「お葬式」の制作エピソードだけでなく、脚本家としての伊丹十三を知ることができる本でもある。

俳優、エッセイストとして多彩な才能を発揮した伊丹。脚本へのこだわりや伊丹が愛した映画についても言及される。
アルフレッド・ヒッチコック「裏窓」、ジョン・フォード「駅馬車」、小津安二郎「戸田家の兄妹」、ルイス・ブニュエル「自由の幻想」、フェデリコ・フェリーニ「アマルコルド」、ジョナス・メカス「ロスト・ロスト・ロスト」、ロマン・ポランスキー「チャイナタウン」、成瀬巳喜男、ロベール・ブレッソン、カール・テオドア・ドライヤー、 ルキノ・ヴスコンティ、マルコ・ヴェロッキオ、マキノ雅弘、フランソワ・トリュフォー、エルマンノ・オルミ、ジャン=リュック・ゴダールといった記憶。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
故・伊丹監督の代表作品「お葬式」について、
制作日記、シナリオ、インタヴューの三つ
を収録した豪華な内容となっている。
制作日記では、監督の映像に対する姿勢が伺えて興味深い。
これを見たらもう一回「お葬式」を見ましょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くにたち蟄居日記 VINE メンバー 投稿日 2007/6/9
形式: ハードカバー
 映画にメイキングというジャンルがあるが 映画監督が映画撮影中に書いた日記というものは 本作で初めて読んだ。

 実に面白い。

 俳優とのやりとりや 撮影現場の状況なども面白いが やはり監督という「孤独な」立場にある人の心境が一番惹かれたものである。

 伊丹は映画を撮影しながら しきりと他の映画を観ていることが良く分かる。おそらく 初めての映画監督という仕事に対して なかなか自信が持てない中 旧作を見ることで必死に何かを学ぼうということだったのかと思う。

 小津や ヒッチコックといった 熟練の監督の作品を見つめている伊丹の眼差しには 初々しいものがある。

 僕は 伊丹という人は脚本を書かせたら 当代随一だったと思う。着眼点は常に新鮮だし 材料の手さばきも実に見事だ。

 但し 映画監督としての才能は また別のところにある。残念ながら 伊丹には その才能は無かったと思う。伊丹が監督した作品は 丁寧だし 凡百の映画に比べると群を抜いている。

 しかし 何かが無いという思いは常に残る。最後に伊丹が自死した理由は 僕は そんなところにあったのではないかと思えてならない。

 こんな本を書けた才子だけに 自分が映画監督の才に恵まれていない事が許せなかったのではないか。そんな気がしてならない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告